献立

こんな肌トラブルに特におすすめ

  • シミ

他にもこんなお悩みにおすすめ

  • 乾燥肌
  • ニキビ
  • シミ
  • しわ
  • たるみ

 

管理栄養士キャサリンからのスキンケアアドバイス

本日は、たんぱく質とビタミンB6をたっぷり含んだ【シミ対策】ひな祭りレシピです♪

肌を作っている一つ一つの細胞は、たんぱく質が主な材料です。
そのため、新しい肌細胞を作るには、たんぱく質が必要です。

しかし、食事から摂取したたんぱく質は、そっくりそのまま、肌を作るたんぱく質にはなれません(> <)
なので、ビタミンB6の手助けが必要。

ビタミンB6には、たんぱく質を分解し、体に合ったたんぱく質に作り変える働きがあるからです!

たんぱく質とビタミンB6が新しい肌細胞を作ることで、古い肌細胞は垢となって排出されます。

この『古い肌細胞を排出するとき』は、シミの原因となるメラニン色素が一緒に排出されるときでもあるのです(・0・)

シミは、メラニン色素が肌にとどまることによって顔に現れます。

ですので、たんぱく質とビタミンB6を摂取して、新しい肌細胞を作り、メラニン色素を含んだ古い肌細胞を排出していきましょう☆彡

本日使用した食材では、
タンパク質:鶏ミンチ、卵、サーモン
ビタミンB6:鶏ミンチ、サーモン、ナノハナ に多く含まれていますよ(●’ω’)ノ

 

本日の献立で摂取できる栄養素

摂取エネルギー 490 kcal( 26 %)
タンパク質 25.5 g( 36 %) ビタミンB1 0.25 mg( 25 %)
脂質 12.6 g( 27 %) ビタミンB2 0.39 mg( 35 %)
炭水化物 64.9 g( 22 %) ビタミンB6 0.66 mg( 66 %)
カリウム 921 mg( 51 %) ビタミンB12 2.1 mg( 107 %)
亜鉛 2.1 mg( 30 %) ビタミンC 48 mg( 61 %)
2.6 mg( 35 %) 食物繊維 4.6 g( 26 %)
ビタミンA 348 μg( 77 %) 食塩相当量 3.3 g( 37 %)
ビタミンE 3.3 mg( 41 %)
(%)は、 30~60歳の一般成人女性の一日の各栄養素推奨量を目安に算出しています。

 

 

 

 

 

 

 

キャサリンのつれづれ日記

明日は、ひな祭りですね(^^)
なので、本日は一足お先に『ひな祭りレシピ』をご紹介しました。

本日のレシピのポイントは、なんと言ってもサーモンの花です♪

この花を作るコツは、サーモンをクルクルと巻くときに、斜めに巻いていくこと!
(以下のイラスト参照)

この花を作るコツは、サーモンをクルクルと巻くときに、斜めに巻いていくこと!

こうすると、かわいいサーモンの花が簡単に作れちゃいますヾ(´∀`*)

レシピは、花を1つにしていますが、長方形の押し寿司の上に、サーモンの花をいくつか飾ると、もっと華やかになりますよ。

お子さまでも簡単に作ることができますので、ご家族でひな祭りレシピを作ってみてはいかがでしょうか??

明日の参考にしていただけると、嬉しく思います(●^皿^●)

 

「ごちそうさまでした!」 本日のレシピの感想

下田梨絵スキンケアアドバイザー
下田梨絵

とっても華やかなひな祭りメニュー!一目見ただけでウキウキしました。お寿司は高菜の塩味とシャキシャキした歯ごたえがとてもいいアクセントになっていて、とてもおいしかったです。大人のひな祭りメニューという感じもしました。お寿司の成型の仕方と、サーモンのお花の作り方教えていただけるの楽しみにしています。やっぱり、お料理は見た目も大事ですね~!タケノコのおすましも春らしくて、とっても楽しい一膳でした。

古市真弓スキンケアアドバイザー
古市真弓

プレートを見たとき、思わず「うわぁ~」と声を出してしまいました。3色ご飯がとてもかわいらしくって、ひな祭りにピッタリでした!!そして、ご飯の繊細さとは相反するほどの大きさのタケノコは、食べ応えがあって、こちらも大満足でした!

高橋弘子スキンケアアドバイザー
高橋弘子

3色ご飯に乗っていたサーモンのお花が美しすぎて、食べるのがもったいなかったです。周りに添えられていたニンジンも、型抜きで作ったような完璧なお花型ではなく、手作りで作ったことが分かる不ぞろい感がとても良く、喜屋武さんの真心が感じ取れました。料理も、やはり気持ちが伝わるものなんですね。今日は食べる側でしたが、作る側になったときには、真心を忘れないようにします。

平山加那スキンケアアドバイザー
平山加那

高菜入りのちらし寿司、はじめていただきました!ほどよい塩味がちらし寿司全体の味をグッと引き締めていたように思います。甘いそぼろもおいしかったです。あと、飾りとして添えていただいていた花の形のニンジンはもちろん見た目にキュートでしたが、レンコンの穴が水玉模様みたいで、とてもかわいく感じました^^いつも見ている形なのに、不思議ですね。

濱谷彩子スキンケアアドバイザー
濱谷彩子

メインのお寿司、高菜とスモークサーモンの組み合わせって、少しクセのある、大人の味ですね。お酒にすごく合いそうです。これなら、大人のおもてなしにも出せると思いました。また、汁物に少し酸味がありましたね。スモークサーモンや高菜のしっかりとした味がありましたが、汁物の酸味で口の中がさっぱりしました。組み合わせも大人だな~と思いました。

喜屋武奈紗管理栄養士
喜屋武奈紗

桃の節句らしく、女の子の心が躍るようなメニューとなって安心しました。

白いお米だと、もう少し三色らしく見えるのですが、玄米とそぼろの境界線がぼんやりしてしまいました(^^;)ご飯の味付けはしていないのですが、酢飯で作ってみてもよいかもしれませんね。

そして、スモークサーモンの花ですが、ポイントをつかめれば、簡単に作ることができます。パーティーのときに飾っておくと、華やかに見せてくれるので、ぜひトライしてみてください!!本日は、仕入れの関係上、スモークサーモンを使用しましたが、普通のサーモンでも花を作ることは可能ですよ♪

高橋さん、ニンジンの飾り花に真心を感じていただけて嬉しいです♪せっせと作ったかいがありました(^^)

汁物は、春を先取りできるように、タケノコとフキを使用しました。濱谷さん、酸味のあるものは使用していないのですが、フキの風味がさっぱりとした感じをだしたのかもしれませんね。

買い出しの時の食材にも、春ものが目立ってきています。

 


ページトップへ