献立

こんな肌トラブルに特におすすめ

  • しわ

他にもこんなお悩みにおすすめ

  • 乾燥肌
  • ニキビ
  • シミ
  • しわ
  • たるみ

 

管理栄養士キャサリンからのスキンケアアドバイス

本日は、こどもの日が近いので、
ちらし寿司を『こいのぼり』にみたてたレシピのご紹介です♪

キュウリ、エビ、錦糸卵を使って、
こいのぼりの飾り付けを楽しめるようにしました(^^)

スタッフにもこいのぼりの飾り付けをしていただいたので、
その様子は、また後日お話をしますねっ!!

こどもの日に『こいのぼり』を飾る理由は、
コイが滝をのぼって龍になるという中国の昔話が由来となっています。

この話から、困難なことがあっても、
コイのようにたくましく立ち向かってほしいという願いがこめられているそうです。

最近では、こどもの日にこいのぼりを飾るおうちが少なくっていますので、
本日のレシピで、こいのぼりを楽しんでみてくださいね☆彡

 

本日の献立で摂取できる栄養素

摂取エネルギー 472 kcal( 25 %)
タンパク質 33.9 g( 48 %) ビタミンB1 0.23 mg( 23 %)
脂質 4.6 g( 10 %) ビタミンB2 0.39 mg( 35 %)
炭水化物 72.4 g( 24 %) ビタミンB6 0.73 mg( 73 %)
カリウム 973 mg( 54 %) ビタミンB12 1 mg( 52 %)
亜鉛 4 mg( 57 %) ビタミンC 20 mg( 25 %)
2.2 mg( 29 %) 食物繊維 5.1 g( 28 %)
ビタミンA 220 μg( 49 %) 食塩相当量 3.1 g( 35 %)
ビタミンE 1.2 mg( 16 %)
(%)は、 30~60歳の一般成人女性の一日の各栄養素推奨量を目安に算出しています。

 

 

 

 

 

 

 

キャサリンのつれづれ日記

本日は、たんぱく質とビタミンB6をたっぷり含んだ【しわ対策】レシピです♪

しわのないハリのある肌を作っているのは、
肌の奥で、網の目のように張り巡らされているコラーゲンです。

そのため、しわ対策には、
体内でのコラーゲンの合成が必要です。

コラーゲンは、たんぱく質が材料となっているので、
食事からたんぱく質を摂取していくことが大切です(^^)

しかし、食事から摂取したたんぱく質は、
体内で分解され、体にとって適した形に作り替えられます。

それゆえ、たんぱく質の分解と合成をサポートしている
ビタミンB6も併せて摂取しください(`・ω・)

本日のレシピには、
たんぱく質とビタミンB6が多く含まれています。

本日のレシピを食べて、しわ対策を行ってくださいね☆彡

本日使用した食材では、
たんぱく質:卵、エビ、ササミ
ビタミンB6:ササミ、ジャガイモ に多く含まれていますよ(´・ω・)ノ

 

「ごちそうさまでした!」 本日のレシピの感想

古市真弓スキンケアアドバイザー
古市真弓

こいのぼり型のちらし寿司、とってもキレイで子供が喜びそうだなと思いました。干ししいたけからいいダシが出ていて、レンコンがシャキシャキしていて、ちらし寿司のモトでなく、具からつくるとやっぱり美味しいですね。

高橋弘子スキンケアアドバイザー
高橋弘子

こいのぼりの飾りつけは、大人になると、ある程度こいのぼりを意識しながら飾り付けますが、子供たちなら、もっと自由な発想で飾り付けをするんだろうなぁと思いました。今回は、キュウリ、海苔、錦糸卵、海老だけでしたが、子供がいる家庭では、桜でんぶやウインナーなど、子供に人気の具材があっても良いですね。

平山加那スキンケアアドバイザー
平山加那

材料はみんな一緒なのに、それぞれに味のあるこいのぼりが完成しました。みんなでワイワイ言いながら、飾りつけ。楽しかったです。こいのぼりはどこから食べるか迷いました。キャラクターものとか、飾りつけしたものって、どこから食べるかいつも迷ってしまいますが、そういうのも、食の楽しみ方の一つなのですね。副菜は、カツオ節がよかったです。すごく良い風味でした。カツオ節は、「あとから乗せるだけ」でもよいのですか?

濱谷彩子スキンケアアドバイザー
濱谷彩子

コイノボリのお寿司、ちびっ子は海鮮を食べられないこともあるので、軽く火を通したニンジンやコーン、プチトマトとかでも飾り付けてもいいですね。ハムとかでも、いいかな。最近はコイノボリを見る機会が少ないせいか、コイノボリってどんな姿だったかなと、悩んでしまいました。

喜屋武奈紗管理栄養士
喜屋武奈紗

主菜のちらし寿司の飾り付け、お手伝いいただきましてありがとうございました。同じ材料を使っているのに、個性あふれる『こいのぼり』のちらし寿司が完成していましたね。みんなで作業をすると、食堂も明るくなります(^^)
また、ちらし寿司の飾りつけは、キュウリ、エビ、卵でしたが、みなさんのコメントにあるように、お子さんのいる家庭だったら、お子さんの好きな材料で飾りつけをしてみてもいいですね。どの食材を使用して飾り付けをするのかを相談しながら、行事食を楽しんでいただけるとうれしいです♪
平山さん、飾り付けたご飯は、どこから食べようかと確かに悩みますねσ(^^;)こういった点でも個性がでるので面白いと思います。

副菜で使用している鰹節は、食べ物の風味を良くするために入れています。
食べる直前にパラっとかけるだけで大丈夫よ。そんなに手間もかからずに風味をアップできるので、おススメですっ!!

 


ページトップへ