献立

 

管理栄養士キャサリンからのスキンケアアドバイス

本日は、ビタミンEとビタミンCをたくさん含んだ
【しわ対策】レシピです♪

これらの栄養素には、抗酸化作用があり、
しわの原因となる活性酸素を除去します。

また、抗酸化作用の力を高めるためには、
これらの栄養素を同時に摂取することがオススメです(^^)

その理由は、ビタミンEの抗酸化作用が低下すると、
ビタミンCの働きかけにより、
ビタミンEが再び抗酸化作用の働きを取り戻すからです。

そのため、ビタミンEとビタミンCを併せて摂って、
体内の活性酸素を除去して、
しわの予防を行なっていきましょう☆彡

本日使用した食材では、
ビタミンE:タイ、ブロッコリー、ホウレンソウ
ビタミンC:カボチャ、ピーマン、ブロッコリー  に多く含まれていますよ(◎・u・)ノ

 

本日の献立で摂取できる栄養素

摂取エネルギー 503 kcal( 27 %)
タンパク質 28.2 g( 40 %) ビタミンB1 0.45 mg( 45 %)
脂質 12.5 g( 27 %) ビタミンB2 0.39 mg( 36 %)
炭水化物 67.2 g( 22 %) ビタミンB6 0.61 mg( 61 %)
カリウム 1058 mg( 59 %) ビタミンB12 1.4 mg( 71 %)
亜鉛 2.3 mg( 33 %) ビタミンC 60 mg( 76 %)
1.9 mg( 26 %) 食物繊維 5 g( 28 %)
ビタミンA 339 μg( 75 %) 食塩相当量 2.7 g( 30 %)
ビタミンE 4.3 mg( 54 %)
(%)は、 30~60歳の一般成人女性の一日の各栄養素推奨量を目安に算出しています。

 

 

 

 

 

 

 

キャサリンのつれづれ日記

本日は、以前お話していたピーピー豆(別名:カラスノエンドウ)の
その後のお話です♪

(以前の話はコチラ)

外の掃除をしていた濱谷が、
『ピーピー豆の房の部分がすごいことになっている』
と、食堂に持ってきてくれました。

下の写真が、種子を落とした後のピーピー豆ですΣ(・д・)
↓↓

種子を落とした後のピーピー豆 その1

種子を落とした後のピーピー豆 その2

房の部分が黒くなり、
すごい勢いでねじれているのを確認いただけますでしょうか??

濱谷と二人で、
『何かのオブジェみたいだね』と話をしていたほどです(笑)

ちなみに、以前のピーピー豆は下の写真のような感じでした。
↓↓

以前のピーピー豆

ねじれている理由を検索してみると、
『種を弾き飛ばすため』ということを発見しました。

なるほどー!!納得ですっ!!

自然の変化って本当にすごいなぁとしみじみと実感した私なのでした。

変わっていく部分も変わらない部分も
大切にしていきたいものですね☆彡

 

「ごちそうさまでした!」 本日のレシピの感想

下田梨絵スキンケアアドバイザー
下田梨絵

お魚がふわふわでした。ホイル焼きは、開くときに「今日は魚かな、お肉かな。どんな具材が入っているのかな」というわくわく感があります。小さい子供と一緒なら、プレゼントを開くような、ホイルを開く楽しみも体験させてあげたいなと思いました。

古市真弓スキンケアアドバイザー
古市真弓

タイの身がふっくらしていて、とても食べ応えがありました。ガスオーブンはないのですが、電子レンジのオーブン機能でホイル焼きが出来るのですね。試してみます。そして、キッシュはブロッコリーの緑色が黄色の中に浮いていて、とても見た目が美しかったです。

高橋弘子スキンケアアドバイザー
高橋弘子

いつ食べても、喜屋武さんの魚料理は、身がふわっとしていますね!自分で魚を調理するときは、「火が通っていないのでは」という不安から、いつもかたくなるまで調理してしまいます。身をやわらかくするコツがあれば教えてください。

平山加那スキンケアアドバイザー
平山加那

久しぶりにカボチャをいただきました。甘みがあっておいしい!じっくり火を入れられたこともおいしさの秘訣でしょうか。タイは身がふっくらしていて、ほんのり塩味。そのまま食べてもおいしかったです。粒マスタードソースは文句なしにおいしかったです!(酸味好きだから)

濱谷彩子スキンケアアドバイザー
濱谷彩子

タイがふっくらとした食感でした。焼いたときのぱりぱりとした食感もおいしいですが、蒸し焼きのふんわりと柔らかな食感もおいしいですね。またマスタードソースは焼いたものの香ばしさがぴったりでその他の組み合わせはイメージがなかったです。しかし、今日の淡白な味にも合っていて、組み合わせルールがひとつ増えました。

喜屋武奈紗管理栄養士
喜屋武奈紗

主菜のタイの身は、ホイルで蒸し焼きにされているので、ふっくらとした焼き上がりになります(^^)食堂ではガスのオーブンを使用していますが、電子レンジのオーブン機能でも作ることはもちろん可能です♪

高橋さん、魚を焼くときは、自分が使っている調理器具の焼き加減を知ることです。ガス火のものは、器具によって火の強さが違うので、短めに焼いて身をほぐしてみてください。まだ焼けていなければ、さらに加熱してちょうど良い時間を見つけてみてください(^^)ちょうど良い焼き時間さえ見つかれば、いつでもふわふわの魚を食べることができますよ。

また、タイと一緒にホイル焼きにしていたカボチャは、一度レンジで温めてからホイル焼きにしています。そのため、火がじっくり通っているので、甘味が強くなっています。
そして、マスタードソースは、酸味があるので、淡泊な味の魚と相性が良いです。サラダにも使用できますので、いろいろなところで活用してくださいね♪

副菜は、ブロッコリーを使用して色鮮やかにしました。茎にも栄養素が含まれていますので、茎までしっかり使用してください(^^)

 


ページトップへ