献立

こんな肌トラブルに特におすすめ

  • しわ

他にもこんなお悩みにおすすめ

  • 乾燥肌
  • ニキビ
  • シミ
  • しわ
  • たるみ

 

管理栄養士キャサリンからのスキンケアアドバイス

本日は、たんぱく質をたっぷり含んだ【しわ対策】レシピです♪

肌のハリを保っているのは、
肌の真皮という層にあるコラーゲンです。

コラーゲンは、繊維状のたんぱく質で、
三重のらせん構造(バネのような構造)をしています。

そして、コラーゲンは、真皮中で網目状に存在し、
肌に弾力やハリを与えているのです。

しかし、網目が切れてしまうと、
肌の表面がくぼみ、『しわ』となって現れるのです(´へ`。)

そのため、コラーゲンの材料となるたんぱく質を
本日のレシピでたくさん摂取してくださいね☆彡

本日使用した食材では、
鶏肉、ジャコ にたんぱく質が多く含まれていますよ(^皿^)

 

本日の献立で摂取できる栄養素

摂取エネルギー 524 kcal( 28 %)
タンパク質 22.3 g( 31 %) ビタミンB1 0.21 mg( 21 %)
脂質 16.4 g( 36 %) ビタミンB2 0.2 mg( 18 %)
炭水化物 68.8 g( 23 %) ビタミンB6 0.55 mg( 55 %)
カリウム 705 mg( 39 %) ビタミンB12 0.7 mg( 33 %)
亜鉛 2 mg( 28 %) ビタミンC 65 mg( 82 %)
1.2 mg( 15 %) 食物繊維 4.4 g( 24 %)
ビタミンA 247 μg( 55 %) 食塩相当量 2.5 g( 28 %)
ビタミンE 1.9 mg( 24 %)
(%)は、 30~60歳の一般成人女性の一日の各栄養素推奨量を目安に算出しています。

 

 

 

 

 

 

 

キャサリンのつれづれ日記

本日は、主菜で旬の『キュウリ』を使用しましたので、
おいしいキュウリの選び方をご紹介いたします(^^)

■おいしいキュウリの選び方
・キュウリの表面のイボがしっかりしているもの。
(イボがない品種もありますので、ご注意ください。)

・端から端まで太さが均一なもの

・緑色が濃いもの

・ハリがあるもの

キュウリには、カリウムが多く含まれており、
むくみの解消に一役買ってくれます(`・д・)ノ

今が旬のおいしいキュウリを選んで、
むくみの解消に役立ててくださいね☆彡

 

「ごちそうさまでした!」 本日のレシピの感想

古市真弓スキンケアアドバイザー
古市真弓

主菜のネギソースがとても美味しかったです。鶏肉との相性も抜群でしたが、添えてあった野菜にも合っていましたね。ネギソースのレシピが知りたいです!!そして、野菜のコンソメスープにはとろみを感じたのですが、あれはジャガイモのでんぷんの自然なとろみですか?それともキノコ??

高橋弘子スキンケアアドバイザー
高橋弘子

主菜のネギソースは鶏肉とも、野菜ともとても良く合っていました。味付けはあっさりしていて、ひんやりしていておいしかったので、これからの季節は大活躍しそうですね!保存はできるのでしょうか?

平山加那スキンケアアドバイザー
平山加那

色合いがとてもきれいな食事でした。ネギソースの香りもとてもよかったので、目と鼻から刺激を受けるレシピでした♪

濱谷彩子スキンケアアドバイザー
濱谷彩子

副菜、ジャコとマスタードの組み合わせにびっくりしました。和風なイメージのジャコと、甘みのある洋風マスタード、意外と相性が良いですね。ジャコとマスタードを混ぜて、トーストに塗っても、おいしそうだなと、違うメニューを妄想してしまいました。

喜屋武奈紗管理栄養士
喜屋武奈紗

ネギソースは、お肉やお魚との相性がばっちりですのです。また、お肉の下の野菜は、サラダでよく使用する生野菜(キャベツ、レタス、キュウリなど)と組み合わせると全体的にまとまった味になりますので、いろいろなアレンジをして利用してくださいね♪
ネギソースの保存期間はおおよそ1週間程度です。和えものにも利用できますので、ぜひご活用ください♪
ネギの刺激が苦手な方は、レンジで1分ほど温めてからもみこんでくださいね。

副菜は、ジャコを最初に炒めて、風味を出しました(^^)シラスのパスタも風味がよいので、ここから派生したレシピです。
濱谷さん、トーストに塗ったジャコとマスタードの上にトマトととろけるチーズを乗せて焼いてみるという妄想なんていかがでしょうか??(*´ー`)

古市さん、ジャガイモはすりおろすととろみがつきますが、今回は角切りだったので、ジャガイモのでんぷんによるものではないと思います。そのため、キノコのとろみかと思われます!!

 


ページトップへ