献立

 

管理栄養士キャサリンからのスキンケアアドバイス

本日は、鉄分とビタミンCをたくさんに含んだ【しわ改善】レシピです♪

人の皮膚は弾力性があるので、凹んだ部分はもとに戻る仕組みになっています。
指で押しても、そのまま凹んだ状態にはならないですよね(^^)

これは、肌の奥にあるコラーゲンが肌の表面をバネのように支え、ハリを与えているからです。

ただ、様々な要因でコラーゲンが変性すると、弾力が低下します。
すると、ハリが失われ、肌にはしわが現れるのです。

ですので、しわを改善するためには、コラーゲンを体内で作りだすことが必要です(`・ω・)ノ

鉄分とビタミンCは、コラーゲンに必要な特殊なたんぱく質を作るときに材料となる栄養素です。

そして、ビタミンCは、コラーゲンの3重らせんの構造を保つ働きをしています。

さらに、ビタミンCには、コラーゲンを傷付ける活性酸素やストレスを緩和させる働きがありますので、しわの予防に有効です。

本日のレシピには、鉄分とビタミンCがたっぷり含まれていますので、しわ対策のために体内にしっかり補っていきましょうね☆彡

本日使用した食材では、
鉄分:牛肉、ヒジキ
ビタミンC:コマツナ に多く含まれていますよ(*^^*)

 

本日の献立で摂取できる栄養素

摂取エネルギー 522 kcal( 27 %)
タンパク質 21.9 g( 31 %) ビタミンB1 0.3 mg( 26 %)
脂質 18.1 g( 39 %) ビタミンB2 0.5 mg( 41 %)
炭水化物 65.6 g( 22 %) ビタミンB6 0.4 mg( 40 %)
カリウム 915 mg( 51 %) ビタミンB12 1.3 mg( 66 %)
亜鉛 5.8 mg( 83 %) ビタミンC 24 mg( 30 %)
3.8 mg( 51 %) 食物繊維 5.6 g( 31 %)
ビタミンA 266 μg( 59 %) 食塩相当量 3.1 g( 35 %)
ビタミンE 3.3 mg( 41 %)
(%)は、 30~60歳の一般成人女性の一日の各栄養素推奨量を目安に算出しています。

 

 

 

 

 

 

 

キャサリンのつれづれ日記

本日は、副菜で旬のアスパラを使用しました♪

アスパラガスの良いところは、熱を通しても栄養素があまり減らないことです。
βカロテンやビタミンEのような酸化を防ぐ抗酸化作用のある栄養素を含んでいます(^^)

では、おいしいアスパラガスを使用していただくために、アスパラの選び方と保存法保についてお話をしますねヾ(・ω・●)

■おいしいアスパラガスを選ぶポイント
・穂先がキュッとしまっているもの
・緑色が濃いもの
・まっすぐのびているもの
・太さが均一なもの
・切り口がみずみずしいもの

■保存方法
束になっているものははずしてバラバラにします。
乾燥しやすい食材なので、湿らせた新聞紙に包んでからラップに包み、冷蔵庫で保存してください。
保存するときは、穂先が伸びて曲がらないように立てて保存してください。

また、アスパラガスは、古くなると硬くなるので、早い目にお召し上がりくださいね☆彡

 

「ごちそうさまでした!」 本日のレシピの感想

下田梨絵スキンケアアドバイザー
下田梨絵

思わずご飯にのせて食べてしまいたくなるおかずでした。副菜はナッツが入っていて少し甘くておいしかったです。

古市真弓スキンケアアドバイザー
古市真弓

副菜は、ヒジキ嫌いの人でもナッツの香ばしさで、たべれるようになるのでは?と思える味でした。美味しかったです。

平山加那スキンケアアドバイザー
平山加那

副菜は、ナッツのコリコリした食感や香ばしさが良かったです。ナッツ入りの副菜は自分でもつくろうと思うのですが・・・・・そのナッツをつい、おやつとしてそのまま食べてしまいます^^;

濱谷彩子スキンケアアドバイザー
濱谷彩子

ひじきとアーモンドの組み合わせがぴったりだと思いました!ちょっと水分を吸ってしなっと柔らかくなったナッツ、大好きです!

喜屋武奈紗管理栄養士
喜屋武奈紗

副菜は、アーモンドを砕いて使用した和え物でした。アーモンドのようなナッツ類は食感と香りがとても良いので、和え物にぴったりの食材です。今回は香りにクセのあるヒジキを使用しました。みなさんのコメントにもあるように、アーモンドは香りのある食材とも相性が良いんです(^^)
古市さん、ヒジキ嫌いな人でも食べられるとのコメントありがとうございます!ぜひヒジキが苦手な方にも試していただきたいレシピです♪
平山さん、ナッツは食べ始めるとポリポリと止まらなくなりますよね(^^;)またチャレンジしてみてくださいね!

主菜は、牛肉を細く切ることによって、粗いミンチのようにしています。こうすることによって、ボリューム感が出て、少量でも満足できますよ。また、下田さんのコメントにもあるように、丼にしたくなるような味付けで、ご飯との相性もバッチリです!

 


ページトップへ