献立

 

管理栄養士キャサリンからのスキンケアアドバイス

本日は、ビタミンCをたくさん含んだ【ニキビ対策】レシピです♪

ビタミンCは、ニキビにとって重要な働きをしています。
どのような働きがあるのか、説明をしますね(^^)

■ビタミンCによるニキビへの働きかけ

・抗ストレス作用
ストレスは、アクネ菌のエサとなる皮脂の分泌を増加させます。
ストレスを緩和することで、皮脂の過剰な分泌を抑え、アクネ菌の増殖を予防します。

・抗炎症作用
赤くはれているニキビは、アクネ菌が毛穴で増殖し、炎症が起きている状態です。
この炎症を抑えることで、赤くはれたニキビの対策につながります。

このように、ビタミンCには、ニキビ対策に必要な働きがあるのです。
ただ、ビタミンCは体内に長時間とどめておくことができないので、こまめに摂取するようにしてくださいね☆彡

本日使用した食材では、カボチャ、キャベツにビタミンCが多く含まれていますよ(^-^)/

 

本日の献立で摂取できる栄養素

摂取エネルギー 469 kcal( 25 %)
タンパク質 23 g( 32 %) ビタミンB1 0.8 mg( 81 %)
脂質 10.6 g( 23 %) ビタミンB2 0.4 mg( 33 %)
炭水化物 69.2 g( 23 %) ビタミンB6 0.5 mg( 49 %)
カリウム 925 mg( 51 %) ビタミンB12 0.7 mg( 35 %)
亜鉛 3.1 mg( 44 %) ビタミンC 34 mg( 42 %)
1.8 mg( 24 %) 食物繊維 5.4 g( 30 %)
ビタミンA 221 μg( 49 %) 食塩相当量 3 g( 33 %)
ビタミンE 1.8 mg( 23 %)
(%)は、 30~60歳の一般成人女性の一日の各栄養素推奨量を目安に算出しています。

 

 

 

 

 

 

 

キャサリンのつれづれ日記

最近、気になっていることがあるんです。

それは、かかとがカサカサの乾燥レベルを通り越し、ガサガサの乾燥レベルになっていたことです。

冬は、意識して保湿を行なっていたのですが、気温が高くなってからは、足の保湿ケアを放置していましたσ(^^;)

ただ、夏場は素足で歩くことが多いので、油断は禁物でした(>n<)

なぜなら、冬場は靴下を履いていることが多いので、かかとの間にクッションがあります。
しかし、夏場は素足なので、歩くと、かかとに衝撃がそのままくるからです。

すると、かかとの角質細胞は、衝撃からかかとを守るために、厚く硬くなります。
角質細胞が厚く硬くなると、水分を保つ働きが低下するため、ガサガサと乾燥したかかとになるのです。

みなさんのかかとは、どうでしょうか??
夏場は、素足で歩くことが多い方は、一度、かかとをチェックしてみてください(^^)

ガサガサレベルになっていたら、ツルツルレベルのかかとに戻るまでに時間がかかるので、早めのケアがベストです。

かかとにしっかり油分と保湿成分を与えて、保湿のケアを行なってくださいね☆彡

 

「ごちそうさまでした!」 本日のレシピの感想

下田梨絵スキンケアアドバイザー
下田梨絵

トマトのお味噌汁新鮮でとってもおいしかったです。最近本当に食欲がわかないので、お味噌汁のように栄養があって、かつ今日のトマトのように食べやすいのは助かります。

古市真弓スキンケアアドバイザー
古市真弓

ズッキーニとトマトのお味噌汁が美味しかったです。夏野菜のお味噌汁って良いですね。自宅でも取り入れます!

平山加那スキンケアアドバイザー
平山加那

主菜は塩味がしっかりと効いていて、夏にぴったりの味付けだなと思いました。汗をたくさんかいた日に食べたいですね。

濱谷彩子スキンケアアドバイザー
濱谷彩子

ズッキーニが味噌汁に入っていることに驚きました。どんな食材も味噌汁には使えるんですね。豚肉の脂身の部分も旨みがあっておいしかったです。

喜屋武奈紗管理栄養士
喜屋武奈紗

味噌汁は、洋風の食材を使用してみました(^^)味噌汁はどのような食材でも相性がいいですね。みなさんのコメントにもあるように、程よいトマトの酸味が暑い時期にピッタリです!サッパリとお召上がりいただける味噌汁になっています。また、冷めても美味しくいただけますよ♪

主菜は、塩っぽい味の炒め物です。塩味によって、カボチャの甘みが引き立つ一品です。味がしっかりしているため、濱谷さんのコメントにもあるように、ご飯が進みます。食べすぎにはご注意くださいねm(_ _)m

 


ページトップへ