あなたのシミはどのタイプ?シミの種類とその原因

実は、シミには、その原因によってさまざまな種類があります。

炎症によってできるシミ

シミの元・メラニン色素は、紫外線以外の刺激によっても増えます。例えば、ニキビや軽い日焼け、軽いヤケドなどの肌が炎症を起こす刺激によって一時的に増えます。

あくまでも一時的な動きであるため、刺激が軽ければ、すぐにいつもの肌状態に落ち着きます。そうなると、ターンオーバーにより、メラニン色素は自然に排出されます。

ところが、肌状態が悪い、肌の機能が衰えている時期、などタイミングが悪いときに重なると、肌は「メラニン色素を作る必要がある」 と誤った判断をするため、メラニン色素を作り続けます。肌の機能が衰えているため、ターンオーバーが滞り、作られたメラニン色素がうまく排出されません。

これがいつまでも消えないシミになります。

顔の左右ほぼ対象にできるシミ

一般的に、肝斑(かんぱん)と呼ばれるもので、シミの大きさや形は人それぞれです。色も、淡い褐色から黒い褐色のものと、これも人それぞれですが、顔面左右にほぼ対称に出ているのが特徴です。

額や眼窩(がんか)下部から頬骨・口の周りに発生しやすく、なぜか下まぶたや上まぶたにはできることはありません。

思春期以降の女性に多く見られ、妊娠時、閉経期、生理不順や投薬(経口避妊薬など)を背景に出ていることが多いです。そのため、原因として、女性ホルモンのバランスが関係していると推定されています。

原因が女性ホルモンだとしても、紫外線により発症しやすくなり、また紫外線を受けると増加・悪化します。

長期間、紫外線を受けたことによるシミ

一般的に、老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)と呼ばれるシミで、40才以降に多く見られます。

そのため、長い期間、紫外線を受け続けたことが原因と推定されています。でも、最近は20代にも多発しています。肌機能が低下している若い層がかなり増えていると言われています。

しかし、いずれも真皮層の膠原繊維が劣化しているので、紫外線が原因とされており、メラノサイトのメラニン生産量は異常な状態が続いています。

敏感肌によるシミ

健康で丈夫な肌であれば、肌荒れ、湿疹、カブレ、ひっかき傷のあとは、時間とともに消えていきます。

ところが、敏感肌はバリア機能が低下しているため、刺激に非常に弱くなっています。なんてことはないひっかき傷や蚊にさされたことも刺激になります。そのため、カンタンにメラニン色素が過剰生成されてしまいます。その結果、シミになることも。

また、極端にニキビも治りにくく、ニキビ跡もシミとなりやすい特徴があります。また、刺激に弱いためにターンオーバーの速度は速まり、角質層の水分は保たれにくい状態であるため乾燥肌に発展することも。

さらに、敏感な状態が持続しているため、メラニンは活発化しやすく、メラニン生成スイッチは常にONの状態になっているため、非常にシミになりやすくなっています。

妊娠による肌変化

妊娠すると、生理前と同じように黄体ホルモンの量が増えます。この黄体ホルモンとともに、「メラニンを作れ」という使命を持ったホルモンが分泌され続けます。これは、母体を守るための体の機能です。

同じく、体を防御するために、皮脂の分泌も活発になります。つまり、妊娠・出産に向けて、メラニンや皮脂による防御態勢を作るのです。そのため、普段は大丈夫な紫外線やちょっとした刺激でも、シミ作りを始めてしまいます。

ですから、この時期は帽子や日傘で、紫外線をきちんと防御して、濃いシミに発展しないように注意しておく必要があります。

でも、あなたが極度の敏感肌や乾燥肌で無いなら、特に心配することはありません。この時期にできたシミは、一時的なものです。出産後、ホルモンバランスが正常化してくると、いつのまにか消えてしまいます。シミが残るのは産後、2~3ヶ月くらいです。もちろん、きちんと保湿をし、無理のない生活、食生活をすることが大前提です。

あなたのシミの原因が分かったら、今すぐこちらをクリック!

(著:井上龍弥

この記事があなたのお役に立てたなら、とてもうれしく思います。
もし、あなたのお友達が肌トラブルで悩んでいるなら、この記事を教えてあげてください。
下記をクリックすると簡単に紹介できます。


お話する人

もしあなたが『シミ』でお悩みなら、
次の記事もきっと役に立ちます!

ページトップへ