洗顔をすれば脂性肌は治る!」

私もそう思っていました。でも・・・

これは、ある脂性肌で悩んでいるある女性の一日です。
あなたも彼女と同じように、
一番に洗顔のことを考える朝を迎えているのかもしれません。
でも、ちょっと考えてみてください。

毎日洗顔して脂性肌は改善しましたか?

もし、これまで一生懸命洗顔をしてきたのに、
脂性肌がいっこうに治らないのなら、これまでしていた洗顔方法が、
あなたの脂性肌を悪化させていたのかもしれません。

少し私の話を聞いてください。

実は私も「脂性肌の改善方法には洗顔が有効だ」と、思っていました。

でも、自分が化粧品メーカーとして独立して、
化粧品や肌について真剣に学ぶうちに、
ただ洗顔をすることは、脂性肌の改善にはつながらないのだと気付きました。
そのときは、かなり驚きました。

あなたも、今の私の話を聞いて、
「そんなわけないじゃない!洗顔は重要でしょ!」とお思いでしょう。

あなたがそう思うのは当然です。
毎日流れるテレビのCMや、雑誌を見ていると、
皮脂やニキビで悩んでいる人が、 たっぷりの泡で洗顔をすると、
たちまちツルツル、さらさらのキレイな肌になりますよね。

そういう映像を見ていると、「洗顔さえすれば、脂性肌は治るものだ」と思うのは、
当たり前のことなのです。

化粧品業界は、内側から見ると、こんな「偏った情報」でいっぱいです。
例えば、少し前に「指定成分は体に悪い」という情報が世間に広がりました 。

おかげで、「指定成分無配合」と謳った化粧品がたくさん売れました。

実際には、表示指定成分の中には、安全性の高い成分もたくさんあります。

このカラクリがおわかりになりますか?

「指定成分は悪だ」という誤った情報でも、テレビや広告で何度も見聞きしていると
人は、なんとなく正しい情報のように思いこんでしまいます。

そんな状況を作った上で、「指定成分無配合」の化粧品を販売するのです。
すると、「無配合」というだけで、お客様は「安全だ」と誤解してくれます。

これが、簡単に商品を売るために、化粧品業界がよく使う手法です。

「脂性肌は洗顔をすれば治る」というのも、
化粧品業界がわざと作った偏った情報です。

実際、私やあなたを含め、ほとんどの人が、これまでずっと
「皮脂が出れば、洗えばいい」と無条件に信じてきました。

「じゃあ、これまで洗顔をしていた努力は全部無駄だったのか・・・」
と落ち込む必要はありません。

今よりほんの少し正しいスキンケアを知ることで、
これまでの努力よりもずっと簡単に、ずっと効果的に、脂性肌を改善することができるのです。

だから、脂性肌で悩んでいる方に、正しい知識や情報をお伝えすることを目的に
このサイトをつくりました。

なぜ私がそんなことをするかというと、私は敏感肌の上に、乾燥肌です。
だから、私と同じ悩みを持つ方の力になれるような化粧品を作り、販売をしています。
ところが、最近はそんな私に、私とは異なる肌質である脂性肌の方から
相談いただくことがとても多くなりました。

先ほども言いましたが、化粧品業界は偏った情報でいっぱいです。
ですから、「少しでも正しい情報を」と私を頼ってきてくれているのだと思います。

男の私でも肌のトラブルはツライものでしたから、女性ならなおさらのことでしょう。
肌質は違えど、その悩む気持ちは私にはよく分かります。
ですから、少しでも役に立つのなら、という思いで情報を発信することにしました。

これからお話する情報は、あなたのこれまでの常識とは違っているかもしれません。
でも、ここで今、私の話を読んでいるあなたには、きっと役立つ情報だと信じています。

少し長いですが、正しいスキンケアを知っていただくため、ぜひお読みください。
そして、情報を手に入れたあなたは自分のお肌を守るため、
これからどうすればいいか判断する材料にしてください。

脂性肌の人が知るべき5つのポイント

1.顔の皮脂が止まらない理由

顔の皮脂が止まらない理由

一般的に脂性肌の人は顔の皮脂が気になるとまず真っ先に洗顔を始めます。

これは、世間にあふれる広告のせいで「脂性肌といえば洗顔!」というイメージが、いつの間にか刷り込まれているからです。

洗顔料で顔を洗うと、直後はスッキリして、皮脂もなくなりサラサラの顔に戻ります。

でも、そのサラサラは長く続きません。朝、洗顔をしてサラサラになっても、昼になるとまた顔の皮脂はでてきます。

すると、ほとんどの人は、

「もっと皮脂を取らなくちゃ!」
「この洗顔料はマイルドすぎるから、脂性肌は治らないんだ」

と考えて、どんどん洗浄力の強い洗顔料を使い始めます。

ここに、顔の皮脂が止まらない理由があります。

『洗浄力の強い洗顔料』が脂性肌を作る!?

『洗浄力の強い洗顔料』とは、例えば 『脂性肌用』『オイリー肌用』『皮脂が気になる人に』というようなフレーズの書かれた洗顔料のことです。固形の石けんも、そうです。

このような洗顔料を使うと、洗い上がりが『キュッキュッ』として、いかにも「洗った!」という爽快感があります。ベタベタしていた顔の皮脂がすっきりなくなって、とても気持ちがいいです。

でも、 「使い心地が気持ちいいこと」が、「肌にとっていいこと」とは限りません。

洗顔料の場合は、洗浄力が強いと、汚れだけでなく『肌に必要な皮脂』まで取りのぞいてしまいます。

これが問題なのです。

顔の皮脂を嫌うと、脂性肌になる!?

「皮脂」は、ベタベタして目立ったり、にきびや毛穴汚れの原因にもなるので、今ではすっかり嫌われ者になってしまいました。

でも実は、一定の量の皮脂は、健やかな肌を保つために、とても大切な働きをしています。

肌の表面でフタの役割をして、水分の蒸発を防いだり、 外界からの刺激から肌を守っているのです。

だから、顔の皮脂を取り除いてしまうと肌は無防備になります。その結果、肌から水分は失われ、乾燥して、外的刺激に弱い敏感な状態になります。

このようになった肌は 自分を守るために、 もっともっとと、大量の皮脂を出そうとします。

これがまさに顔の皮脂が止まらない理由です。

30代以上の人ほど陥りやすい悪循環

ヒトの皮脂量は、男女ともに20歳頃でピークに達し、その後、徐々に減少していきます。ですから、10~20代までは、皮脂が多くなるのは自然なことです。

でも、30代・40代以上で過剰な皮脂でお悩みなら、肌が乾燥し、敏感になって皮脂が止まらなくなっている可能性が高いです。

『洗顔で必要な皮脂をとる』→『肌が乾燥して、さらに皮脂をだす』→ 『洗顔で必要な皮脂をとる』→『肌が乾燥して、さらに皮脂をだす』→『洗顔で・・・』

知らず知らずのうちに、こんな悪循環に陥っていたのです。

では、一体、どうすればいいのでしょうか?

「洗顔するのをやめる?」

いいえ、一日の汚れやメイクをきちんと落とし、肌を清潔にすることは 脂性肌に限らず、どんな肌トラブルの解決にも欠かせません。

ただ、脂性肌を改善するためには、 次のような『皮脂を止める洗顔料』を選んでください。

⇒簡単にできる脂性肌改善法5つのポイント:『2.皮脂を止める洗顔料とは?』へ

著者:井上龍弥

この記事があなたのお役に立てたなら、とてもうれしく思います。
もし、あなたのお友達が肌トラブルで悩んでいるなら、この記事を教えてあげてください。
下記をクリックすると簡単に紹介できます。


ページトップへ