コラーゲンやエラスチンで本当にしわは消えるのか?

コラーゲンやエラスチンでしわは本当に消えるの?

肌の弾力に必要な美容成分と言えば、『コラーゲン』が有名です。

実際に、肌の弾力を保っている真皮の70%がコラーゲンという線維で形成されています。 今までは、コラーゲンそのものが肌の弾力を保つと思われてきましたが、最近の研究でもうひとつ重要な成分が必要であることが分かりました。 それが『エラスチン』という成分です。

エラスチンは、コラーゲンと比べると圧倒的に少なく、わずか2%前後にすぎません。

しかし、エラスチンは、コラーゲンを束ねる働きをします。 こうすることで、立体構造を保ち、肌の弾力を確保します。 つまり、コラーゲンだけでは肌の弾力は確保できないのです。

エラスチンが機能して、初めて肌は弾力を得ることができます。

これらコラーゲンとエラスチンは、20代から徐々に、減少し始めます。 そのため、年齢を重ねるごとに、肌は弾力を失い、しわが増えていきます。

そこで考えられたしわの取り方が、「少なくなったコラーゲンとエラスチンを補給する」という方法です。

この補給という考えのもと、世の中では、いろんな健康食品が販売されています。 しかし、ここに大きな間違いがあります。

まず、コラーゲンやエラスチンを食べたからといって、そのまま体に吸収されません。 コラーゲンもエラスチンも、人の体に摂取するにはあまりにも分子量が大きいのです。

だから、胃で分子量の小さいタンパク質に分解されます。 つまり、この時点で、もうそれは、コラーゲンでもエラスチンでもないのです。 もちろん、体内のコラーゲンやエラスチンが増えるわけもありません。

次に、もうひとつの間違いについてです。

「コラーゲンやエラスチンを食べても、そのまま体に吸収されるわけではない」ことを踏まえたうえで、「効果がある」という人がいます。

コラーゲンやエラスチンそのものではなかったとしても、その原料であるタンパク質を吸収することで、コラーゲンやエラスチンが体内で作りやすくなるというのです。非常に、単純な考え方ですね。

しかし、残念ながら、人の身体はそんなに単純じゃありません。もし、人の体がそんなに単純なら、極端な話ですが、髪の毛の少ない人が髪の毛を食べればフサフサになるはずです。でも、そんな訳ありませんよね。

いくらタンパク質が体内に増えたとしても、それが都合よくコラーゲンやエラスチンの材料になるとは限りません。 体内に取り込まれたタンパク質には、さまざまな使い道があるからです。

皮膚をつくるのはもちろん、筋肉や臓器を形成するのにも、酵素やホルモン、神経伝達物質など身体を機能させるのにも使用されます。

100歩譲って、コラーゲンやエラスチンが生成されたとしても、今度はそれが血流に乗って、都合よくしわの部分に届いてくれる保障もありません。いくらコラーゲンやエラスチンを大量に取って、それで奇跡的にたくさん生成されたとしても、しわの部分に届くのはごくごく少量でしょう。

でも、1000歩譲って、宝くじで一等が100連続で当たるほどの神がかり的な奇跡が起きて、しわの部分にどんどんコラーゲンやエラスチンが届いたとしましょう。それでも、肌の弾力は戻りません。

なぜなら、先ほども言いましたが、肌の弾力はコラーゲンをエラスチンがまとめて立体構造を作ることで成立します。

この立体構造を構築するためには、トロポエラスチンという小さなタンパク質や、糖のタンパク質であるマイクロフィブリルなど、何種類ものタンパク質や酵素が関わっています。 これらのタンパク質がすべてそろって、それぞれがきちんと役割を果たしてこそ、肌に弾力が戻ります。

つまり、健康食品でコラーゲンとエラスチンをいくら食べたとしても、天変地異並みの奇跡が起きても、しわには何の効果もありません。

このように、効果が「ありそう」なだけのしわ対策は意味がありません。本当にシワをなくしたいなら、正しい方法でしわ対策をすることが大切です。正しいシワ対策は、今すぐこちらをクリック!

(著:井上龍弥

この記事があなたのお役に立てたなら、とてもうれしく思います。
もし、あなたのお友達が肌トラブルで悩んでいるなら、この記事を教えてあげてください。
下記をクリックすると簡単に紹介できます。


お話する人

もしあなたが『しわ』でお悩みなら、
次の記事もきっと役に立ちます!

ページトップへ