2014年10月1日、アトピー性皮膚炎や、食物アレルギーで悩む方にとって、大きな希望が持てるニュースが届きました。

乳児に保湿剤を塗ることで、アトピー性皮膚炎の発症率が3割減少したと、国立成育医療研究センターが2014年10月1日に発表した。

その方法は、2010年からの3年間、両親や兄弟にアトピー性皮膚炎の患者や経験者がいる乳児118人を2つのグループに分けて調査した。

グループA:一日一回以上、入浴後などに保湿剤を全身に塗るグループ

グループB:特に保湿を行わないグループ

以上を生後1週間から8ヶ月間継続。その後、専門医がアトピー性皮膚炎の発症を診断。

その結果、保湿剤を塗ったグループAの方が保湿を行ったグループBに比べて、アトピー性皮膚炎の発症率が32%減少したことが判明した。

このような保湿剤にアトピー性皮膚炎の予防課が示されたのは世界で初めてとのこと。

また、アトピー性皮膚炎の乳児は、食物アレルギーを持っていることが多い。

アトピー性皮膚炎によって、肌の機能が低下することで、食べ物の成分(抗原)が体内に侵入することが原因のひとつである。

今回も、アトピー性皮膚炎の発症した乳児は、発症しなかった乳児と比較して、卵アレルギーの可能性を示す抗体値が2.9倍も高くなっていた。

つまり、保湿剤によってアトピー性皮膚炎を予防することは、食物アレルギーの発症予防にもつながると言える。

(引用元:『アトピー予防、ゼロ歳からの保湿がポイント-成育研が研究結果発表』/医療介護CBニュース )

意外と知らない!
アトピー性皮膚炎に対する保湿の有効性

アトピー性皮膚炎に対して、『保湿』が有効なのは有名な話です。もちろん、この発表にもあるように、予防にも有効でしょう。驚いたのは、このことが、世界で初めて発表されたということ。私は、勝手に周知の事実だと思っていました。

私は、「アトピー性皮膚炎に保湿が有効」ということを、三つの実体験により認識していました。

一つは、私自身の体験から。

私は、極度の乾燥肌&敏感肌なので、20代の頃はアトピー性皮膚炎に似た症状で苦しんでいました。(医者に行っていれば、アトピーだと診断されていたかもしれません。)

その後、化粧品の研究に携わるようになり、保湿に特化したスキンケア化粧品を開発・使用することで、その症状はかなり軽減しました。今では、ほとんど日常生活に支障なくなりました。

二つ目に、家族の体験です。

私には3人の子供がおり、不幸にも全員、私の肌質を受け継いで、敏感肌です。

真ん中の子は特に肌が弱く、常に腫れたり、かぶれのようなものが体のアチコチにできています。そのため、3人の子供たちには、生まれて病院から退院したその日から今日まで毎日、身体中に私が開発した保湿クリームを塗りたくっています。

そのおかげか、今のところ深刻な肌トラブルは起きていません。

三つ目に、お客様からいただく体験談です。

私と家族の体験を、私と同じように肌が弱いことで悩んでいる方に話したところ、「保湿を行うことで症状が緩和された」という声をこの14年間に本当にたくさんいただきました。

私の個人的な経験則だけではなく、今回のように実験によって実証され、保湿の大事さが広く知れ渡ることは、非常に嬉しいことです。もし、あなたもお子さんがアトピー性皮膚炎で悩んでいたら、保湿をしっかりと行ってください。

乾燥している部分だけではなく、全身にくまなく保湿を行ってあげてください。

ただ、注意点として、ベビーオイルやベビークリームを塗ることが保湿ではありません。本当の保湿を知りたい方は、ここをクリックしてください。

肌の防御機能が衰えると、食物アレルギーが引き起こされる

今回の発表で驚いたことは、アトピー性皮膚炎が食物アレルギーを引き起こす原因になっていることについても、言及されたことです。

アトピー性皮膚炎になると、肌の防御機能は弱まります。ですから、肌に食物が触れることで、免疫細胞が食物中のアレルギー物質を取り込み、異物と認識することで、食物アレルギーを引き起こすそうです。

昔から因果関係は取りざたされていましたが、にわかには信じがたい内容です。もし、これが本当なら、アトピー性皮膚炎だけでなく、ひどい乾燥肌や敏感肌でも食物アレルギーを引き起こす可能性があるということになります。ということは、保湿をすることは、肌だけでなく体を守るためにも必須と言えます。

食物アレルギーもアトピー性皮膚炎同様、非常にツラいものです。ですから、少しでも症状を軽減・予防をするために、ぜひ、正しい保湿を行ってみてください。私の子供たちも生後すぐから、保湿ケアをしています。使用している保湿スキンケアは、今すぐこちらをクリック

保湿ケアを行ったお母さんたちの声の一部をこらちでご覧いただけます。