『シンプルスキンケア』とは、肌への負担を少しでも減らすために、できるだけ不要な化粧品を使わないスキンケアの方法です。

乾燥肌の場合は、肌が過敏な反応をする『敏感肌』になっているため、シンプルスキンケアが効果的です。
でも、シンプルスキンケアで乾燥肌が改善する場合もあれば、何の美肌効果もない場合もあります。
悪い場合には、乾燥肌が悪化して、敏感肌、シミ、シワ、にきびなどの肌荒れが引き起こされます。

また、間違ったシンプルスキンケアの方法を実践している人もいます。
肌を刺激から守るために、スキンケアをシンプルにすることは正しいのですが、それだけでは、いつまでたっても美肌を手に入れることはできません。
シンプルスキンケアには、敏感肌やシミ、シワ、ニキビなど肌荒れの原因となる乾燥肌を改善する効果がないと意味がありません

    本記事の内容

  • 美肌効果のない『やってはいけないシンプルスキンケア』がわかる
  • シンプルスキンケアに使用する化粧品を選ぶ際の注意点がわかる
  • あなたが『美肌を手に入れるためのシンプルスキンケア』を知ることができる

化粧品の研究開発・製造・販売などを経て、2000年に創業。
シンプルスキンケアで、美肌を手に入れた成功体験をもとに説明します。

美肌効果のない『やってはいけないシンプルスキンケア』

『シンプルスキンケア』は、肌への刺激を減らすことで、乾燥肌や肌荒れに有効なスキンケアの方法です。

でも、残念なことに、シンプルスキンケアを勘違いして、間違った方法をしている人がいます。
使用する化粧品の数を減らすことが、シンプルスキンケアだと考えているのです。

たしかに、足し算スキンケアに比べて、肌への刺激は減るものの、それだけでは美肌を手に入れることができません。
むしろ、化粧品を減らすだけのシンプルスキンケアは、乾燥肌が悪化することで敏感肌、シミ、シワ、ニキビなど肌荒れが引き起こされます。

化粧水だけを使うシンプルスキンケアは、乾燥肌を悪化させる

「化粧品だけを使ったシンプルスキンケアをしているのですが、乾燥肌が治りません…どうしたらいいのでしょうか?」

こんな質問をいただくことがあります。

この方は、「化粧水という1つだけの化粧品を使うことが、シンプルスキンケアだ」という勘違いをしていました。

化粧水だけ使用することは、正しいシンプルスキンケアではありません。
あえていうなら、シンプルなだけです。
スキンケアではありません。

スキンケアの基本は、正しく『保湿』されていることです。
保湿は、角質層に十分な水分を補給して、肌の表面を良質な保湿成分や油分で保護します。
そうすることで、角質層が潤って乾燥状態が改善されます。
肌表面には皮脂膜が形成されることで、外界の刺激に強くなり敏感肌が改善されます。
さらに、バリア機能も高まり、肌の潤いを保ちます。

肌が保湿された状態を維持することで、肌本来の美肌機能が高まり、シミ、シワ、ニキビなど肌荒れが改善されます。
これが、本当の保湿効果が得られるスキンケアです。

だから、シンプルスキンケアは、保湿効果のあるスキンケアを少ない化粧品で達成するという2点をクリアする必要があります。

化粧水だけ使用することは、角質層に水分補給ができるのですが、その状態を維持できないために、保湿ができません。
むしろ『過乾燥』が起きて、化粧水を使用する前の肌よりも乾燥してしまいます。
つまり、化粧水だけのスキンケアは、シンプルで刺激は少ないのですが、乾燥肌を悪化させてしまいます。

だから乾燥肌に、化粧水だけのシンプルスキンケアは止めてください。

クレンジングを使わないシンプルスキンケアの注意点

「クレンジングを止めて、ぬるま湯で顔を洗うシンプルスキンケアにしたのですが、肌荒れが治りません。どうしたらいいのでしょうか?」

このような質問をいただくことがあります。

「クレンジングを使わないことがシンプルスキンケアだ」という考え方です。
使う必要がなければ、もちろんクレンジングの使用を止めても問題はありません。
使う化粧品を減らすことで、乾燥肌への刺激を減らすことができますから。

ただ、多くの女性は、少なからずメイク用品を使っています。
この質問をしてきた方もそうでした。
結論からいうと、メイク用品を使ってる場合は、クレンジングをきちんとしたほうがいいです。
なぜなら、メイク用品はぬるま湯で落ちにくいからです。
メイク用品は、肌にとって異物です。
もし、洗顔後、メイク用品が肌に残っていると乾燥肌への刺激となります。

顔についた汚れ、空気中のごみ、細菌、花粉程度なら、ぬるま湯で落とせます。
でも、皮脂やメイク用品は、ぬるま湯で完全に落とすことができません。
もちろん、時間をかけて洗顔すれば落とせますが、その行為そのものが乾燥肌への刺激となります。

それなら、クレンジングを使って、手早く完全にメイク用品を落としたほうが乾燥肌への刺激を軽減できます。

それほど皮脂が分泌されず、メイク用品を使用していないなら、ぬるま湯だけの洗顔でOKです。

ただ、乾燥肌の場合は、紫外線からの刺激も大敵です。
私は、日中の外出時に日焼け止めを塗ることを推奨しています。
その理由は、日焼け止めが肌に与える刺激よりも、日焼けのダメージの方が乾燥肌を悪化させるからです。
日焼け止めには、汗や皮脂に強いウォータプルーフ機能が必須です。
そのため、ぬるま湯で落とすことが困難なので、クレンジングの使用をおすすめします。

乾燥肌にクレンジングを使う場合は、できるだけマイルドな洗浄力のクレンジングを使いましょう。
逆を言えば、乾燥肌には、マイルドな洗顔料で落ちる日焼け止めやメイク用品を使いましょう

シンプルスキンケアで毛穴対策

「毛穴の黒ずみは、シンプルスキンケアで改善するでしょうか?」

このような質問をいただくことがあります。

毛穴の黒ずみの原因は、過剰分泌された皮脂によるものです。
過剰分泌された皮脂は、角質や細菌が毛穴に詰まりやすくなります。
それが溜まって、肌の表面に出てきます。
毛穴からはみ出てきた皮脂や、その他もろもろが洗い残しのメイク用品や汚れ、紫外線などの影響で酸化して、毛穴の黒ずみになります。
毛穴の黒ずみが多くなるとその部位は炎症を起こして、赤くなりかゆみや痛みを感じることがあります。

だから、まずは、過剰分泌された皮脂を取り除いて清潔にすることが第一歩です。
おすすめは、オイルです。
毛穴の黒ずみは、酸化すると硬くなり、通常のクレンジングではきれいに落とすことが困難です。
ゴシゴシとこすれば黒ずみを落とすことができますが、乾燥肌への刺激となります。
だから、オイルで皮脂を柔らかくして綿棒などでふき取るのが効果的です。

毛穴の黒ずみをしっかりと落として肌を清潔にした後は、残ったオイルをマイルドなクレンジング洗顔料できれいに落としましょう。
このオイル程度であれば、マイルドな洗浄力でもきれいに落とせます。

毛穴の黒ずみを落とした肌は、皮脂がないために、非常に無防備な状況です。
そのままにしておくと、再度、皮脂が肌を守ろうとして過剰分泌されます。
そうなると、また毛穴の黒ずみに悩まされます。

だから、毛穴の黒ずみを繰り返さないために、しっかりと保湿して肌を守りましょう。

    【毛穴対策のシンプルスキンケア】は、

  • オイルで毛穴の黒ずみである角栓を除去する
  • マイルドなクレンジング洗顔料でオイルをきれいに落とす
  • しっかりと保湿する
  • 以上のシンプルスキンケア3ステップで、毛穴対策は完了です。

毛穴の黒ずみ対策について、もっと詳しく知りたい人は、下記の記事を参考にしてください。

シンプルスキンケアに美肌効果のある化粧品と使ってはいけない化粧品

シンプルスキンケアは、できるだけ使用する化粧品を減らして、肌への刺激を減らすことが目的です。
乾燥肌で悩んでいる人は、化粧品を過剰に使うことが肌への刺激になっているため、シンプルスキンケアに切り替えることで、乾燥肌や敏感肌、シミ、シワ、ニキビなど肌荒れ対策がうまくいく傾向にあります。

ただ、不要な化粧品を使わないことと同様、乾燥肌に有効な化粧品を選ぶことが大切です。

化粧品の中には、シンプルスキンケアに向いていない化粧品や注意が必要な化粧品があります。
ここからは、

  • シンプルスキンケアにお勧めできない化粧品
  • シンプルスキンケアに使う化粧品の注意点

を解説します。

シンプルスキンケアにセラミドクリームがおすすめできない理由

シンプルスキンケアの際、セラミドを配合したセラミドクリームが人気です。

セラミドは、角質層の細胞間脂質の中に含まれている成分です。
化粧品は角質層まで届くため、化粧品に含まれるセラミドが細胞間脂質のセラミドと直接接触することで、体内のセラミドが増えたり、美肌効果を発揮すると言われています。
そのためシンプルスキンケアに「セラミドは美肌効果が高い」という理由から、セラミドクリームをおすすめする美容研究家や美容部員が多くいます。

でも、これは間違いです。
実際の人の肌によって、そのようなセラミドの美肌効果が実証されたわけではありません。
まだ人工皮膚を用いた実験段階で、現状では既存の化粧品成分と同程度の美肌効果しか確認されていません。

また、セラミドには種類があり、セラミドによって実験結果が異なります。実験段階では、「通常のセラミドはほとんど効果がなく、ヒト型セラミドが効果が期待できる」とされています。

ただ、ヒト型セラミドの中でも、大きく以下の2つに意見が分かれています

  • ヒト型セラミドを単一で配合するより複数配合したほうが美肌効果がある。
  • ヒト型セラミドより、ヒト型ナノかセラミドの方が美肌効果がある。

このように、同じヒト型セラミドでも意見が分かれており、まだまだ現実的な美肌効果は立証されていません。

実験段階で、美肌効果を示す結果が出ている美容成分はたくさんあります。
現段階程度のセラミドの実験結果では、過去に流行った『コエンザイムQ10』や『アスタキサンチン』のように一過性のブームと言えるでしょう。

また、セラミドの美肌効果の根拠となる実験内容を詳しく検証してみると、いろいろおかしなところや矛盾している部分があるのです。
まだまだ不確定な要素があり、肌に対して危険な可能性もあるので、私が化粧品に使うことは、今のところありません。

それに、セラミドクリームの価格は、効果の割に高額すぎます。

以上の理由から、私はシンプルスキンケアにセラミドクリームをおすすめしません。
個人的には、どうしてもセラミドを美肌効果に活かしたいなら、セラミドクリームよりも、セラミドサプリの方が美肌効果が高いと思います。

セラミドについて興味がある方は、セラミドについて詳しい情報をまとめた記事を見てください。

シンプルスキンケアに使うクリームの注意点

シンプルスキンケアに使うクリームは、セラミドが配合されているセラミドクリームを使うことよりも大切なことがあります。
クリームは、ほとんどが油溶性成分でできています。
乾燥肌の表面を油分で覆うことで、外界の刺激から肌を守り、角質層の水分蒸発を防ぐことが目的です。

ただ、クリームで乾燥肌を潤すことはできないのです。
あくまでも表面を保護するものです。

だから、クリームを塗る前に、しっかりと角質層に水分補給を行いましょう。
そして、水分補給を行った後は、過乾燥が起きる前にできるだけ早くクリームを塗りましょう

また、クリームは油分主体のため、水分との相性がよくありません。
だから、水分となじみを良くするために界面活性剤が配合されたクリームを使いましょう。
界面活性剤が配合されていないと水分と油分のバランスが崩れて、お互いが反発しあうために乾燥肌対策が失敗します。

乾燥肌の人は界面活性剤を嫌う傾向にあるのですが、界面活性剤自体は自然に存在する成分ですし、私たちの体内にも存在します。
そして、日本の化粧品で、ちゃんと所在が信頼できる化粧品メーカーの使う界面活性剤は、安全性が担保されています。
だから界面活性剤が配合されたクリームも安心して使えます。

もし、界面活性剤について知りたければ、界面活性剤の効果や安全性についてまとめてある下記のサイトを見てください。

シンプルスキンケアにオイルを使う注意点

シンプルスキンケアで油分を補給するために、オイルを使う場合があります。
この場合も、クリームと同様、界面活性剤が配合されているオイルを使用してください。
界面活性剤が配合されていないオイルを使うと、水分と油分がなじまないため、正しく保湿をすることができません。

乾燥肌の方がオイルを使う場合、純度100%のオイルを好まれますが、このようなオイルの使用は避けましょう。
また、シンプルスキンケアに使うオイルは、高品質なオイルを使用しましょう。
とくに、植物系オイルには、不純物が含まれています。

1950年に作られた『表示指定指定成分制度』は、肌にアレルギー症状を起こす可能性がある成分を表示する、という制度でした。
この表示指定成分は、化粧品成分を精製する際に刺激を与える”不純物”が原因となるものもありました。
つまり、植物からオイルを精製する際に、植物に含まれる肌に刺激を与える成分が混入する現象です。
雑貨グレードのオイルや精製度の低いオイルには、このような肌に刺激を与える成分が含まれている可能性があるので、乾燥肌は使用を避けましょう。

ただ、化粧品グレードで精製度の高い植物オイルにも、2~3%程度の不純物が含まれています
この不純物はオイルを精製する際に使われる溶媒であることがほとんどです。
雑貨グレードのオイルや精製度が低いオイルに含まれる不純物とはぜんぜん違います。
だから、肌に刺激を与えることはほぼありません。
また、高品質なオイルは、オイルに含まれる不純物が肌に刺激が与えるかどうかのテストを行っており、安全性が実証されています。

だから、シンプルスキンケアにオイルを使う際には、高品質なもので、なおかつ界面活性剤が配合されたオイルを使いましょう。
ただ、見た目では、高品質なオイルを見分けることができないのが難点です。

あなたが美肌を手に入れるためのシンプルスキンケア

私は、20年前からシンプルスキンケアを自分自身で試してきました。
当時の私は、乾燥肌によって肌は敏感で、かゆみや痛み、肌がポロポロとフケのように落ちることに悩んでいました。
最初は、私自身の化粧品やスキンケアの知識が乏しく、失敗と試行錯誤の連続でした。
いろいろな市販の化粧品を試していたのですが、ほとんど効果は得られませんでした。

当時は、シンプルスキンケアと言っても、洗顔、クレンジング、化粧水、乳液もしくは保湿クリームという流れが一般的でした。

洗顔で汚れを落として、クレンジングでメイクを落とす。
そのあと、化粧品で水分補給をして、乳液や保湿クリームで油分を肌に塗る。というものです。

この頃の私の仕事は、化粧品のOEMをメインに行っていました。
OEMとは、別名、『委受託製造』と言います。
化粧品を作りたい人が私に「こんな化粧品を作ってほしい」と依頼します。
その依頼内容に沿った化粧品を企画して、その化粧品に適した製造工場に依頼して化粧品を作るという仕事です。

数多くのOEMを経験したおかげで、たくさんの化粧品メーカーから化粧品の開発依頼を受けて、新製品を誕生させることで、多くの化粧品やスキンケアに関する知識が集まってきました。
誰もが知っている大手化粧品メーカーの依頼も受けることで、化粧品関係の豊富な人脈を築くことができました。
このような経験を通して、私の中にシンプルスキンケアに適した化粧品のコンセプトが生まれました。

洗顔料とクレンジングの洗浄力をマイルドにしつつ、一つにできないか?

洗顔料もクレンジングも目的は汚れ(ゴミ、皮脂、メイク用品)を落として肌を清潔な状態にすることです。
肌の汚れは、それぞれ単体でキレイに分かれているわけではありません。
空気中のゴミも皮脂もメイク用品を肌の上で混ざり合ってます。
なのに、洗顔料とクレンジングを分けていることが非効率に感じました。

そこで、洗顔料とクレンジングの機能をひとつにすることを思いつきました。
また、この2つの機能を両立させることで、混ざった汚れを一度に効率よく落とせるのではないかと仮説を立てました。

予測はあたり、洗顔料とクレンジングをひとつにした結果、肌の上のゴミや皮脂、メイク用品などが一度で落とすことができました。
また、洗浄の効率が上がったために、マイルドな洗浄力を実現して、乾燥肌への刺激を減らすことができました。洗顔とクレンジングをひとつにしたシンプルスキンケアに適した洗顔料が生まれました。

もうひとつ、理想のシンプルスキンケアを実現するために新たに挑戦しました。

化粧水と乳液、もしくは、保湿クリームをひとつにできないか?

化粧水は『水分補給』、乳液や保湿クリームは『油分補給』のために使います。
これを肌の上で指を使って混ぜます。
これも非効率に感じました。

なぜなら、肌の上で指を混ぜる行為では、塗りムラができるからです。
化粧水を塗った際、顔全体に余すことなくしっかり水分補給できていますか?
乳液や保湿クリームを塗るとき、顔全体に均一に油分で肌を覆ってますか?

保湿効果は、水分と油分のバランスで左右されます。
ムラのある塗り方では、水分と油分のバランスが崩れて、適切に保湿効果が発揮されません。
これでは、乾燥肌が改善できません。

そのために、「化粧水と乳液や保湿クリームを最初からひとつにしたほうが保湿効果が高まるのではないか?」と仮説を立てました。
化粧水と乳液や保湿クリームをひとつにすることで、化粧品を使うときに、すでに水分と油分のバランスが整った状態で使うことができます。
そのため塗りムラができません。

ただ、肌の乾燥した部分に塗るだけなので、水分と油分のバランスを整える難易度が一気に下がりました。
そのため化粧水と乳液や保湿クリームを別々に使う場合に比べて、保湿効果もアップしました。

こうして、化粧水、乳液、保湿クリームをひとつにしたシンプルスキンケアに適した化粧品が生まれました。

あなたが美肌を手に入れるために必要なシンプルスキンケア専用化粧品

  • 洗顔とクレンジングをひとつにしたクレンジング洗顔料。
  • 化粧水と乳液、保湿クリームをひとつにした保湿クリーム。

この2つの化粧品を生まれたおかげで私が理想とするシンプルスキンケアを実現することができました。

たった2つなので、乾燥肌への刺激は最小限に抑えることができます。
たった2つなのに、乾燥肌対策への保湿効果は抜群です。

 
シンプルスキンケアの条件である

  • 化粧品を使用頻度を少なくして乾燥肌への刺激の軽減。
  • 乾燥肌を改善するための高い保湿効果。

以上の2点を満たすことができました。

理想のシンプルスキンケアを実践したおかげで、私自身、あんなに苦しんだ乾燥肌に悩むことが無くなりました。

さらに嬉しいことは、シンプルスキンケアで子供に肌荒れ症状が出なかったことです。
不幸にも私の肌質に似たわが子3人は、ひどい乾燥肌で敏感肌でしたが、生まれたときからずっとケアを続けており、体調が悪いなど特別なときは別として、ほとんど肌荒れが起きていません。
15歳の長女は、今現在は思春期ニキビがおでこにできていますが、肌荒れはありません。
私の子供時代とは大違いです。

このシンプルケアは、2001年の発売以来、10万人以上の人に試してもらい、愛用者の方の多くは、私と同じように本人だけでなく赤ちゃんは子供など家族にも使ってくださっています。

あなたが今までやってきたスキンケアを変えることはとても大変な事です。
しかし、新しい変化の先には、シンプルスキンケアで美肌になるチャンスが待っています。

もし、あなたが乾燥肌に悩んでいて、その解決策としてシンプルスキンケアをおすすめします。
ぜひ、私や乾燥肌に悩む方たちが美肌を手に入れた『保湿だけのシンプルスキンケア』を試してみてください。
きっとあなたの美肌づくりのお役に立てるはずです。