私が化粧品業界に入った当時のこと。業界の先輩から、危険な化粧品について聞く機会がありました。ステロイドのように、薬品がひそかに配合された化粧品があるという内容です。(ステロイド入りの化粧品が発見された件については、こちらをご覧ください→『効きすぎるアトピー用化粧品は危険かも』)

前回はこの時の話をしました。でも実はそのとき、私は、「そんなのはすぐにバレてしまうだろう」と思いました。

しかし、そのとき先輩が言いました。 「井上君、それは逆だよ。むしろ、危険な化粧品は止めにくいし、気づきにくいんだよ。だから、儲かる。儲かるから法律を犯して、ウソをついてまでやるんだよ。」と。

その理由はこうです。

今回は、アトピー性皮膚炎(以下、アトピーといいます)に効果が高いステロイド入り化粧品を例に説明します。

アトピー用クリームAの
バカ売れ繁盛記

Aさんは幼い頃からアトピーに悩んでいます。ステロイドを使えばアトピー症状を抑えられるのは分かっているのですが副作用が心配です。だから、薬品ではなく、アトピー症状を軽減できる、安全性の高い化粧品を長年探しています

そんなとき、同じアトピー症状に悩むBさんから、アトピー症状に効果のある化粧品『アトピー用クリームA』の噂を聞きます。半信半疑ながらも、ワラにもすがる思いで購入。

使ってみると、効果は抜群。今までどんな化粧品を使っても効果がなかったのに、『アトピー用クリームA』と使うと、ツラいアトピー症状がピタッと収まります。

化粧品なので、ステロイドのような副作用を心配することもないからガンガン使えます。使えば使うほど、アトピーの症状は軽減します。「良いものに出会えた!」と幸せな気分で一杯です。

実はこの『アトピー用クリームA』には、ステロイドが配合されていました。だから、アトピー症状に効果があるのは当たり前だったのです。ただAさんは『化粧品』を使っているつもりなので、「副作用がなくて安心だな」と思っているだけです。ステロイドが配合されているということは、もちろん副作用の可能性はあります。でも、Aさんが気づくことはありません。

アトピー症状から解放されたAさんは、そのまま使い続けます。ただ、アトピー症状が完全に改善したわけではありません。『アトピー用クリームA』を塗らないと、アトピー症状が再発します。そのうちAさんは、「もっとアトピーに効果のある化粧品はないかな」と、新たな化粧品を探し始めます。

新たに出会った化粧品を使った結果・・・

すると、ある日、ネットの口コミで「アトピー症状に効果があった」という投稿を見かけます。そこに書かれていた化粧品の名前は、その名も『スーパーアトピー用クリームZ!』 なんだか、今使っているものより効果がありそうです。

Aさんは、さっそく注文。さらにアトピー症状が良くなることを楽しみにして。

いざ使ってみると、その期待は奈落の底に突き落とされます。それまで収まっていたアトピー症状は、以前より悪化。とても耐えられるものではありません。

Aさんは、『スーパーアトピー用クリームZ!』を使って、アトピー症状が悪化したために、このクリームが原因だと考え、販売会社にクレームの電話をしました。

販売会社は、「そんな事例は今まで一件もない」と言いますが、実際に症状が悪化したAさんは納得いきません。なんて、無責任な会社なんだ。こんなひどい化粧品を販売していながら、冷たい対応。Aさんは、怒り心頭です。

Aさんのアトピー症状がひどくなるのは当然です。『スーパーアトピー用クリームZ!』には、ステロイドが配合されていません。だから、ステロイドで抑えられていたアトピー症状が、ステロイドを使わなくなれば再発するのは当然です。

でも、Aさんは、まさか『アトピー用クリームA』にステロイドが配合されているとは知らないので、アトピーが再発したのは『スーパーアトピー用クリームZ!』のせいだと確信しています。だから、怒りが収まらないのも当然です。

その後、Aさんは、『スーパーアトピー用クリームZ!』を送り返し返金を要求。以前使っていた『スーパーアトピー用クリームA』を再度使います。すると、アトピー症状は治まります。

この経験からAさんは決断します。「今回ひどい目に遭ったのは、せっかく効果のある『アトピー用クリームA』から浮気をしてしまったからだ。罰が当たったのだ。これからは、絶対浮気をせずに、使い続けるぞ!

こうして、『アトピー用クリームA』は恐ろしいリピート率を確保しながら末永く売れ続けていくのでした。

2つの未来。その結果は・・・?

この後、Aさんの未来は2つ存在します。

一つは、ステロイドを使い続けたが、副作用がまったく出なかった。もしかしたら、その中で奇跡的にアトピー症状が改善するかもしれません。これだとめでたし、めでたし、ハッピーエンドです。

でも、副作用が出た場合。Aさんにある日、副作用が出ました。本来、ステロイドは、使えば使うほど副作用が出る確率が上がります。だから、ステロイドが配合されていると分かっていれば、使い方を工夫したり、使用頻度を調節します。

でも、化粧品だと思っているAさんは過剰に『アトピー用クリームA』を使用していました。そのため、副作用が発症する可能性が高くなります。

そこに、さらなる不幸が追い打ちをかけます。副作用が発症したAさん。でも、Aさんは副作用だとは思っていません。ステロイドを使っている意識がないので当然です。

単純に、病気になった認識です。病院に行くと、原因が分かりません。とりあえず、薬を出されます。ものすごい名医なら、もしかして原因を探り当ててくれるかもしれませんが、大多数の医師は無理でしょう。

自覚がないと、気づかない。気づかれない。

例えば、ステロイドの副作用に網膜剥離があります。網膜剥離になると眼科に行きます。ステロイドを使っていると言えば、その副作用だと簡単に分かりますが、「ステロイドを使っていません」と言われると、その可能性は除外されます。

よく分からないまま、ありきたりな原因を2・3言われて終わりでしょう。ありきたりな原因には、誰でも思い当たることがあるのは世の常です。結局、本当の原因が突き止められることはありません。

さらに、病院は縦社会で、眼科と皮膚科につながりはありません。運よく皮膚科の医師に対応してもらったとしても難しいでしょう。こうして原因も特定されず、化粧品を止めることなく、副作用はドンドン深刻になってしまいます。

そして、いずれ取り返しのつかないことに・・・これがバッドエンドです。

Aさんのように無自覚にステロイドを使用していること。
法律に違反していること。
この2点から、非常に判明しづらくなります。

危険な化粧品が止められない理由は、副作用の原因が判明しづらいために、止める理由そのものが見つからないからです。けして脅すつもりはありませんが、改めて書いていて、なんだか怖くなりました。

化粧品は毎日使うものです。だから、何度でも言います。化粧品に薬品並みの効果を求めるのは間違いです。化粧品で保湿以外の効果が出れば、嬉しい気持ちを抑えつつ、中身を疑い、客観的な視点を持って使いましょう。そのために、こうしていろいろな可能性のお話しをしています。ぜひ頭の隅っこに置いておいてください。