私たちについて

“10万人のスキンケア”を手がけるのは、基礎化粧品・健康食品の自社ブランドを製造・販売するメーカー『アースケア』です。私たちは、『キレイ肌をつくるお手伝いをする会社』として、創業以来、10万人を超える方々の肌の悩みや肌トラブルに向き合い、解決に向けたサポートを行ってきました。このページでは、私たちがどんな考えでキレイ肌をつくるお手伝いをしてきたのかをご紹介します。
“10万人のスキンケア”が、あなたの「求めている情報かどうか」を判断する材料のひとつにしていただければと思います。

「肌トラブルで悩む人に、正しい情報を伝えたい」
それが、アースケアの原点です

STORY01建築の営業から、化粧品の営業へ

アースケアの創業者である井上龍弥は、24歳のとき、まったくの未経験から化粧品の世界へ転身。製造工場を持つ会社で、営業を務めることになりました。

化粧品に興味があったわけではなく、きっかけは知人の声かけ。でも、子どものころから乾燥肌で、成人のころには超がつくほど敏感肌になっていた井上は、「改善できる何かが見つかるかもしれない」と新しい業界から得られる知識に興味が沸きました。

もちろん、化粧品を使ったこともありません。「化粧水って、どうやって使うのだろう?」「美容液って何?」何ひとつ分からない状態からのスタートでした。

化粧品がみなさんの手元に届くまでには、化粧品をつくる『製造工場』、販売や卸をする『化粧品メーカー』『代理店』、販売をする『販売店』などを経由します。井上の仕事は、この化粧品をつくる『製造工場』と、化粧品をつくろうとしている会社との橋渡しをすることでした。

「化粧品の製造に関わること、すべてを経験させてください。」

井上は、自ら希望して、まずは製造工場で働かせてもらうことにしました。営業として化粧品を扱うには、自分自身が化粧品のことをきちんと知っておく必要があると考えたのです。

工場では、化粧品のつくり方から充填、容器のキャップ閉め、できあがった化粧品を箱に詰める作業、出荷までの製造工程、すべてを自分の手で経験しました。

化学にも、打ち込みました。化粧品の成分や肌のメカニズムについて、来る日も来る日も、夜遅くまで勉強。研究室にも入れてもらい、実地で化粧品の研究開発を学ぶこともできました。

ときにはパッケージや容器の製造業者と折衝したり、ときにはクレーム対応に出向いたりと、営業の実践とも並行しながら、井上は正しい化粧品の知識を身につけていきました。

STORY02答えは、驚くほどカンタンなこと。
キレイ肌に必要なのは、たったひとつだけ。

多くのブランドの立ち上げに関わり、その後は子会社の『化粧品メーカー』の社長に就任。そうして化粧品のことを深く知れば知るほど、井上は疑問を抱くようになります。

「なぜ世の中には、こんなにもたくさんの化粧品があるのだろう?」
「多くが、発売されてすぐに消えたり、リニューアルで成分を変えたりしているのは、なぜだろう?」
「なぜ、こんなにも多くの種類の基礎化粧品が必要なのだろう?」

本当に肌の悩みを解決する化粧品なら、それを必要とする人が必ずいて、長く残り続けるはずです。それなのに、多くの種類の化粧品をつくったり、新しい機能を次々と加えたり、リニューアルを何度も繰り返すのは、結局のところ、肌の悩みを解決できないからではないだろうか?

井上は、「肌を健やかな状態にする」というスキンケアの本質に立ち返って、肌にとって一番大切なことは何だろうかと考えました。

たどり着いた答えは、驚くほどシンプルなものでした。
それは、スキンケアの基本である『保湿』をきちんと行う大切さです。

肌トラブルの多くは、肌の水分量が不足した状態から引き起こされます。保湿が正しくできていれば、肌を良好な状態へと導くことができ、トラブルを未然に防ぐことができます。

しかし、「保湿のためのケアなら、毎日しているのに…」という人が、ほとんどではないでしょうか。ではなぜ、保湿をきちんとしているつもりでも、お肌の悩みが消えないのでしょうか。そこには、化粧品に対する誤解があったのです。

STORY03正しい保湿ができない?! 基礎化粧品の落とし穴。

一般的な基礎化粧品は、肌にまず化粧水(水分)をつけて、そのうえに乳液(油分)を塗るというかたちで使われます。それでもうるおいが不足していると感じる場合には、その前後に美容液やクリームを塗ることも、広く知られています。健やかな肌の人は、もともと肌に水分量があるため、このやり方でも十分に保湿できます。

しかし、乾燥肌や敏感肌、肌トラブルのある人は違います。

井上は、自分が超がつくほどの乾燥肌・敏感肌であったために、世の中でいわれる一般的な化粧品の使い方では、肌トラブルの改善まで至らないことに気づきました。

肌のさまざまなトラブルは、『肌の乾燥』に起因しています。これを改善するには、まずは肌が必要とするだけ水分と保湿成分を与え、そのうるおいのある状態を24時間維持し続ける必要があります。

これが肌トラブルを改善するための『正しい保湿』です。

たった一度、化粧水と乳液・美容液・クリームを塗るだけのスキンケアでは、敏感肌や乾燥肌の人には不十分だったのです。いくつものアイテムに分かれた化粧品を、一日に何度もキレイに塗り直すことは難しい。正しい保湿をしたくても、一般に売られている基礎化粧品ではそれが叶わないという現実がありました。

そこで、正しい保湿効果を得るために、井上が注目したのが“ゲルクリーム”でした。

ゲルクリームとは、「ジェル」と同じ意味で、クリームよりも水分を多く持つジェル状の化粧品のことです。水と油がキレイな層になるラメラ構造をしており、誰でも手軽に保湿を行うことができます。

また、そのつくり方次第で、「何度でも重ねて塗ることができる」という大きな特長を持たせることができるため、24時間うるおいのある状態をつくるにはうってつけです。

「理想のゲルクリームをつくれたら、多くの人の肌悩みを解消することができる。」

めざすのは、『正しい保湿』ができる化粧品。井上は、理想を現実のものにするためにアースケアを創業します。2000年のことでした。

STORY04スキンケアの本質を貫いた、
“保湿”だけの化粧品をつくる。

アースケアのものづくりは、ゲルクリームをつくるための工場探しからスタートしました。

まずは、買い集めた化粧品パッケージの裏に書かれている製造元を調べ、一軒一軒連絡をとって、会ってもらえそうな所を回りました。

当時はまだ、インターネットは普及しておらず、検索をしても工場のホームページどころか、地図さえ出てきません。自分の足を使って、自分の目で確かめるという工場巡りをくり返しました。

会社を立ち上げた当時、井上はまだ26歳。20代の起業家は珍しく、苦労して足を運んだ先でも話さえ聞いてもらえないことが続きました。

しかし幸いにも、なんとか一軒、生産を受け入れてもらえる工場に巡り会うことができたのです。

ようやく出会えた工場で、化粧品製造のプロたちとの試行錯誤の日々。「自分の乾燥肌も、ついに改善できるかもしれない」。そんな期待も膨らんでいきました。

自身の肌によるいくつもの実験と試作を繰り返し、良いものをめざしてつくり込みを重ねていく日々。およそ1年後、ついに、正しく保湿ができる基礎化粧品「アクシリオ アクアテクトゲル」が生まれました。

STORY05“正しい保湿”を貫いた化粧品が完成! でも・・・

『ゲルクリーム』は、今や、多くの女性にとって親しみのあるアイテムになりました。

メーカー各社からのラインナップも増えるなか、“美白成分入り”“ファンデーション機能つき”“UVカットつき”など「多機能で使いやすく、おトクなオールインワンゲル」というような商品も出回っています。

どんな商品を使っても、正しく保湿ができていないと、肌トラブルは改善できません。“多機能”であることよりも、まずは、『正しい保湿』が行える化粧品であるかどうかが重要なポイントです。

アクアテクトゲルには、美白やUVカットなどの機能はありません。「スキンケアにおいて『保湿』がもっとも大切」という考えからブレることなく、『保湿』だけを考えた基礎化粧品だからです。

開発からこれまで大きなリニューアルを行うことなく、保湿に関わりのない成分や機能を足すこともなく、変わらぬ商品をお客様に届けています。

しかし、アクアテクトゲルが生まれてから何年かしたのち、井上は一つの事実に気づきました。「ゲルクリームを使うだけでは、正しい保湿を行うことができない」。

理想通りの化粧品をつくったものの、『正しい保湿』を行うためには、アクアテクトゲルを完成させるだけでは不十分だったのです。

STORY06『正しい保湿』は、ゲルクリームだけでは行えない。
キレイ肌をつくるのに必要な、もうひとつのこと。

「保湿とは?」。こう聞くと、ある人は「クリームをたくさん塗ること」。またある人は、「化粧水をたっぷりと使うこと」。ほかにも、「高い化粧品を使うこと」、「肌を甘やかさず、何も塗らないこと」など、さまざまな答えが返ってきます。

使う人によって、正しいと思う保湿方法は違います。だから、たとえアクアテクトゲルを使ったとしても、その使い方を誤ってしまい、正しい保湿が行えないことがあるのです。

アクアテクトゲルを使った人からの声を調査している中で、効果のあった人・無かった人の差が出てきたことから、井上はこの事実に気づきました。

うるおいのある状態を24時間維持し続ける『正しい保湿』を行うためには、『保湿ができる化粧品』に加えて、正しい保湿をするための『化粧品や肌に関する知識』、この2つが必要だったのです。

乾燥を改善するための使用量や使用頻度、方法には、使う人の年齢や肌質、環境、これまでの肌トラブル…など、さまざまなことが関わっています。インターネットで検索をしても、口コミを見ても、その答えにはなかなか出会えません。

だから、私たちは、ただ商品を提供するのではなく、化粧品や肌に関する知識や情報もお届けするようになりました。そうすることで、お客様が自分の目や判断をもとに『正しい保湿』を行えるようになると考えたためです。

同時に、お客様おひとりおひとりに寄り添い、そのサポートを続けてきました。肌質は千差万別と言われるとおり、効果を得ていただくための方法も、使う方おひとりおひとりによって異なるからです。

こうして私たちは、歩みを進めてきました。アクアテクトゲルの開発から10年以上、私たちがご提案するスキンケアを続けてくださっている方も少なくありません。愛用してくださる方々とともに歩んできた実績が、「これが正しい保湿方法です」と胸を張ってお伝えできる自信につながっています。

STORY07イメージではなく、正しい情報を伝えたい。
本当にキレイな肌をつくるために。

このような姿勢を支持してくださるお客様の中には、 「今のままで、ずっといてください」と声をかけてくださる方もいらっしゃいます。いつも「その信頼に応えられることは何か?」を考え、実行を続けてきました。その一つが、正しい情報を発信することです。

残念ながら、インターネットに出回っている化粧品の情報も、そのほとんどは“正しい情報”ではありません。2017年には、医療系情報サイトの不正確な記事や、まとめサイトのやらせ記事などが社会問題となりました。

手軽にたくさんの情報にふれることのできる時代だからこそ、受け取る方にも、正しい情報を選択する必要性が出てきました。

井上自身も、自分で勉強を始めるまでは、敏感肌・乾燥肌を改善できる正しい情報に出会えていませんでした。ここまで読んでくださったあなたも、もしかしたら、これまで使ってきた化粧品に対して何らかの不満を感じていたり、これまでふれてきた情報に対して疑問を感じていたりして、正しい知識を求めてこられた方かもしれません。

そんなあなたに、化粧品の正しい知識を学び、『本当の保湿』をつらぬいてきた私たちだからこそ、お届けできる情報があると思っています。

私たちアースケアは、こうした考えのもと、日々情報を発信しています。

「キレイな肌になりたい」

そう望んでいるあなたに、私たちの言葉が役に立つなら、こんなにうれしいことはありません。

このサイトについて

トップページへ戻る

error: Content is protected !!