商品名 資生堂 マジョルカマジョリカ スキンリメイカー ポアカバー 商品情報 容量・本体価格:レフィル10g 1,944円 SPF:18 PA:+ カラー:全4色 成分 タルク、トリエチルヘキサノイン、ミリスチン酸亜鉛、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、ポリメタクリル酸メチル、(ビニルジメチコン/メチコンシルセスキオキサン)クロスポリマー、合成ワックス、ジメチコン、メチコン、セスキイソステアリン酸ソルビタン、ステアリン酸Ca、水酸化Al、ジステアリン酸Al、ワセリン、ミリスチン酸、(ジメチコン/メチコン)コポリマー、シリカ、水酸化Ca、クエン酸、トコフェロール、リン酸Na、BHT、クロルフェネシン、マイカ、合成金雲母、酸化チタン、酸化鉄、酸化亜鉛

【商品特徴】
軽いつけ心地なのに、瞬時にきめが細かく、毛穴の目立たない肌に仕上げます。肌自体が透明感にみちた自然なつやを放ち、肌の立体感を際立たせます。テカリ・べたつきを抑え、美しい仕上がりが持続します。
【資生堂公式サイトより】

今回は、おしゃれなプチプラコスメとして大人気の『マジョリカマジョルカ』から、パウダーファンデーションをピックアップして試してみました。

ファンデーション本体(レフィル)のお値段が1944円。目を引くかわいいパッケージは756円の別売りです。ファンデーションの特徴は、その名の通り、一塗りで、気になる毛穴を目立たなくするカバー力です。『ポア』というのは『毛穴』という意味です。肌が乾燥すると毛穴が目立ちやすくなりますので、乾燥肌の方にも気になる機能だと思います。

見た目を裏切らない実力を期待したいですね!では、さっそくレポートをご覧ください。

今回は、6名のお試し隊員が、朝のメイク・昼のメイク直し・夜のメイク直しとして使用しました。

お試し隊のレポート

お試し隊員の高評価と低評価をご紹介

【高評価】乾燥・敏感肌お試し隊員のコメント
粉っぽくなることもなく、パサつくわけでもない仕上がりに満足でした。マットな肌に仕上がったイメージです。
日中は部屋が暑かったので、じんわりと汗をかいていたと思います。目立ったヨレはなかったですが、全体的にはがれている感がありました。写真撮影のときには、顔全体がテカッていました。
【低評価】敏感肌お試し隊員のコメント
少し顔色が悪く見える色のように思いました。また、粒子が粗かったように思います。塗っても、肌がきれいになった感じはあまりなく、肌が粉っぽく見えました。パフをポンポンとたたきこむように塗ると、ポロポロも出ず、きれいに塗れました。粉っぽさは残りました。

日中には、かなり乾燥が気になりましたので、何度も保湿をしました。すると、ファンデーションがとれてきたので、塗り直しは必要だと思いました。

夕方になると、乾燥で肌がボコボコし、小さなニキビのような湿疹たくさんできました。かゆみもあり、かいてしまうと、「プチッ」と音がしたので、つぶれていたのだと思います。目元は皮がめくれ、アクアテクトゲルで保湿をする際、ヒリヒリとしみました。

チェック項目お試し隊の総合評価
乾燥の感じにくさ★★★ 使いにくいけど、使える
肌荒れしない★★★ 使いにくいけど、使える
カバー力★★★ 使いにくいけど、使える
きちんと化粧をした感★★★★ 毎日使ってもいい
崩れにくい★★★ 使いにくいけど、使える
色が合う★★★ 使いにくいけど、使える

★の評価はこちら

総合評価
今回は、仕上がりの満足度が人によって大きく変わったファンデーションでした。
敏感肌の隊員の1人は、肌が乾燥し、かゆみを伴う湿疹状の症状が見られたため、使い続けるのはなかなか難しい状況になりました。

一方、使いなれている隊員は、マットな仕上がりが好みにあい、肌の乾燥も感じずに使用できました。

ただ、『乾燥の感じにくさ』は、今回試した5種類のプチプラファンデーションの中では一番低い点数となりました。そのため、乾燥肌の方にはあまりおすすめしません。パッケージがかわいらしいことから、興味を持たれる方も多いと思いますが、肌の乾燥具合を確認してから使用されることをおすすめします。

もし、どうしても使いたい場合には、使用前にしっかりと保湿を行いましょう。