一般的に、「アルコール配合の化粧水は肌によくない」と言われることが多いです。

この理由は実は様々で、化粧品メーカーや美容家などが、肌に対する各自の考えをもとに「アルコール配合の化粧水・化粧品は肌によくない」と表現しています。

また、インターネットで見つかる情報の中には、具体的な理由はなく「刺激が強そうだから」というイメージで「使わないほうがいい」と書かれていることもあります。

これでは、アルコール配合の化粧水や化粧品が肌にどういう影響を与えるのか、ちょっと判断しづらいですよね。

そこで今回は、化粧品に用いられるアルコールという成分が持つ性質をご紹介します。

そして、それをもとに、特に『敏感肌・乾燥肌』の方のスキンケアをお手伝いさせていただいている私たちが考える『肌への影響』をお話しようと思います。

あなたが敏感肌・乾燥肌でいらっしゃるなら、スキンケアの参考になると思います。

化粧品に配合されるアルコールって何?
パッケージを見れば分かる?

化粧水をはじめとすると化粧品に配合される成分には、成分名に『アルコール』とつくものがたくさんあります。でも、こうした名称がつくからと言って、すべてが「アルコール配合の化粧品」というわけではありません。

化学の世界では、化学構造に水酸基(OH)をもつ成分を『アルコール』と呼びます。そのため、各成分の性質に関わらず『アルコール』という名前が付きます。

    アルコール=化学構造にOHを持つもの

  • ベヘニルアルコール
  • ステアリルアルコール
  • セチルアルコール
  • イソステアリルアルコール
  • エチルアルコール(=エタノール)

 
一般的に、『アルコール配合の化粧品』と表現される場合に指すのは、このうち『エチルアルコール』(成分表示:エタノール)という成分です。

ですから、気になる化粧水や化粧品にアルコールが配合されているかどうかを確認する場合は、成分表示に『エタノール』と記載されているかどうかをチェックするといいでしょう。

(ただし、化粧品には『成分として表示しなくていい成分』があります。この中でエタノールが使われている場合もあります。エタノールにアレルギー反応等がある場合は、表示されていない成分にも注意が必要です。詳しくは『敏感肌なら全成分表示を信じてはいけない!』をご覧ください)

エタノールは、肌にどんな影響を与えるの?

このエタノールには、『揮発性』という性質があります。

実は、この性質が、肌に負担をかけるおそれがあります。

『揮発性』とは、怪我をしたときに行うアルコール消毒を思い浮かべていただくとわかりやすいです。

液体の消毒液を付けると、スーッとする使用感とともに、消毒液はすぐに蒸発していきますよね。このすぐに蒸発していく性質を『揮発性』と言います。

消毒液の場合、この性質によって、肌から水分と熱を奪い、雑菌を死滅させます。また、水分と熱が奪われるときには、スーっとした使用感を得ることができます。化粧水も同じです。

化粧水の場合は、『スーッとした清涼感をもたせるため』や、『皮脂のべたつきをとるため』など、使用感を良くするために揮発性のあるエタノールが配合されることが多いです。

普通肌の方、丈夫な肌の方であれば、こうした化粧水を使用し、肌の水分量が奪われても、さほど大きなダメージがなく、問題がないことも多いです。

また、普段から皮脂が気になる方などは、使用感が良いので、「使いやすい」「気持ち良い」と感じられることもあると思います。

しかし、敏感肌や乾燥肌の方が使うと、

  • 肌が乾燥しやすくなる
  • ヒリヒリした刺激を感じる

といった状態になることも多いのです。

そのため、現在、敏感肌・乾燥肌にお悩みの方には、『エタノール』の配合された化粧水の使用は避けることをおすすめいたします。

    このタイプの化粧水には注意
    エタノールを配合している化粧水の例

  • 収れん化粧水
  • サッパリ系化粧水
  • ニキビ・オイリー肌用化粧水
  • 拭き取り用化粧水

今は大丈夫でも、使い続ける場合には注意が必要

現在、アルコール(エタノール)配合の化粧水を使用し、特に刺激を感じられない場合も、注意してください。

化粧品は、毎日使うものです。そのため、健康な肌状態の方、丈夫な肌質の方でも、アルコール(エタノール)の配合された化粧水の使用を続けることで、肌の水分が奪われ、敏感肌・乾燥肌になる恐れもあります。

「スーっとする」という使用感は、確かに気持ちがいいものの、スキンケアとしての効果はありません。あくまでも、感覚の問題です。

むしろ、アルコール(エタノール)配合の化粧水・化粧品は、「肌を潤す」というスキンケアの目的とは、逆の効果をもたらします。

そのため、乾燥肌・敏感肌以外でも、できるだけ刺激のない化粧水・化粧品でスキンケアしたほうが、健やかな肌に近づくことができます。

また、敏感肌の人には、アルコール(エタノール)以外にも、化粧品を選ぶ際に気をつけるべきポイントがあります。こちらの『敏感肌の人が知るべき7つのポイント』をお読みください。