前回は、パラベンフリー化粧品が、乾燥肌対策に役立たないことをお話しました。まだ読んでいない方は、こちら「乾燥肌にパラベンフリー化粧品は、安全?危険?」からお読みください。

今回はその続きと、表では語られない化粧品業界の裏側について話します。

この知識を手に入れることで、誇張された表現や、捻じ曲げられた化粧品に惑わされることなく、あなたの乾燥肌を改善する化粧品に出会える可能性が、格段にアップします。ぜひ業界の裏側を知っておいてください。

化粧品業界の裏側を知ることで乾燥肌は改善する
『パラベンフリー化粧品』と『防腐剤無添加化粧品』の戦い

爆発的に売れた『無添加化粧品』でしたが、売れすぎたために、無添加化粧品を発売する化粧品メーカーも爆発的に増えました。(これまでの話をお読みでない方は、こちらからどうぞ)

こうなると、旨味が薄れてしまいます。そこで、今度は、それまでの『パラベンフリー化粧品』を否定する化粧品メーカーが生まれはじめます。

  • 指定成分であるパラベンには毒性がある。
  • パラベンは防腐剤だ。
  • だから、防腐剤にも毒性がある。

という宣伝をし始めました。

これは、三段論法と言って、AはB、BはC、だからAはCであるという論法です。

よく考えると、AはCの部分がおかしいのですが、さらっと読むと、正しく思えてしまいます。こうして、「パラベンだけでなく、防腐剤すべてに毒性がある」と宣伝する、新しい無添加化粧品が生まれました。

これが『防腐剤無添加化粧品』を販売する新興勢力です。

防腐剤を配合しない『防腐剤無添加化粧品』が腐らないカラクリ

通常は、化粧品にパラベンをはじめとする『防腐剤』を配合しないと腐ります。これは開封した瞬間に、空気中の菌が混入するためです。食品でも同じ現象が起こりますので、イメージはしやすいですね。

ですから、『パラベンフリー化粧品』であっても、『防腐剤』は含まれていました。フェノキシエタノールという防腐剤が使われることが多いです。

でも、『防腐剤無添加化粧品』となるとすべての防腐剤を悪者にしているので、防腐剤は配合できません。

現在は、全成分表示義務が課せられているので、化粧品に配合する成分はすべて記載する必要があります。だから、もし、防腐剤を配合するとバレてしまいます。でも、防腐剤を配合しないと化粧品は腐る。腐ると化粧品は販売できないー普通はこうなのですが、実際には、『防腐剤無添加化粧品』であっても、腐りません。そこには巧妙なカラクリが存在しています

防腐剤を使わず化粧品を作る方法1
こっそり配合する

防腐剤無添加化粧品と言いながら、こっそりと防腐剤を配合することができます。

防腐剤を配合するので、もちろん腐りません。本当は、容器やパッケージにパラベンを表記する必要があるのですが、書かなければわからないということです。もちろん、薬事法違反です。このような化粧品メーカーがどれぐらい存在するのかはわかりませんが、存在するのは確実です。

2010年に東京都健康安全研究センターが、無作為に選んだ化粧品に使用されているパラベンの濃度を調べた報告があります。

平成22年度に試験検査した医薬部外品を除く149製品の化粧品において、代表的な防腐剤であるパラオキシ安息香酸エステル(パラベン)に着目し、6種類のパラベンの検出頻度や検出濃度等について調査した。
製品にパラベンの表示があったものは64件(43%)であり、このうち、メチルパラベン60件、プロピルパラベン26件、エチルパラベン15件、ブチルパラベン11件、イソブチルパラベン4件を検出し、イソプロピルパラベンは検出しなかった。
検出したそれぞれの最高濃度は、0.77、0.19、0.25、0.19、0.02g/100gであった。
一方、パラベンの表示がない3件からパラベンが検出され、最高値は0。091g/100gのエチルパラベンであった。
化粧品中の防腐剤であるパラオキシ安息香酸エステル(パラベン)の濃度/東京都健康安全研究センター研究 2011年報 第62号

149製品の中でパラベンの表示があった化粧品は、64製品。
残りの85製品には、パラベンの表示がない、いわゆるパラベンフリー化粧品です。
それなのに、3製品から、パラベンの成分表記をしていないにもかかわらず、パラベンが検出されました

割合にすると、3.5%です。どんな理由で、表示しなかったのかまではわからないのですが、これが事実です。

化粧品を作る難易度としては、パラベンフリー化粧品よりも防腐剤無添加化粧品のほうが難しいので、「これは防腐剤無添加化粧品ですよ」と言いながら、防腐剤が含まれている化粧品のほうが多いと推察します。

防腐剤を使わず化粧品を作る方法2
化粧品から医薬部外品に変更

医薬部外品には、全成分表示義務がありません。だから、防腐剤を配合しても、表示する必要がありません。例え、防腐剤を配合しているのにも関わらず、「防腐剤無添加化粧品です」と宣伝していても、一般の人にはバレません。

実際に、全成分表示義務が施行される時期に合わせて、化粧品から医薬部外品になった化粧品はたくさんありました。その中には、防腐剤無添加化粧品も含まれていました。

医薬部外品を作るためには、化粧品と違い申請準備、申請期間など一定の時間がかかります。だから、ある程度、計画的に進める必要があります。全成分表示義務の施行時期に合わせて、化粧品から医薬部外品に変更した化粧品メーカーは、よっぽど配合成分を一般の人に知られたくなかったのでしょう。

偶然ではなく、事実を隠すために意図的に変更した化粧品が多数あったと推察します。

防腐剤を使わず化粧品を作る方法3
菌が繁殖する要素をなくす

「化粧品を作る際に、防腐剤は必須」だとこれまで言ってきましたが、防腐剤を使わずに化粧品を作る方法がないわけではありません。

それは、『純粋なH2O』を化粧品として売ることです。H2Oとはご存知のとおり、水です。でも、ただの水じゃありません。純粋な水です。

なんだかわかりにくいかもしれませんが、私たちが普段慣れ親しんでいる水には、マグネシウムやカリウムなど、ミネラルと呼ばれる水以外のものが含まれています。これらが含まれているから腐るのです。水素と酸素だけしか含まれていない水は、腐りません。

だから、防腐剤もいらないのです。有効成分が配合されていないので、もちろん何の効果もありません

過去には、某有名化粧品メーカーが普通の水にそれらしい名前をつけて、化粧水として5,000円ぐらいで実際に販売していました。

防腐剤を使わず化粧品を作る方法4
防腐剤無添加化粧品を、滅菌する

詳しく言うと、一度、普通に美容成分を配合した「防腐剤無添加化粧品』を作ってから、その後に強烈な紫外線や熱を当てて滅菌します。

防腐剤を配合していないため、少しの菌でも残ってしまうとすぐに腐敗します。ですから、腐敗予防のために、通常の化粧品よりも長時間滅菌作業を行います。すると、化粧品の中に紛れ込んでいた菌の死ぬ確率は上がります。と同時に、美容成分も死んでいますが。

しかしこれで菌もいないので、腐りにくい化粧品が完成です。もちろん使用時に空気中の菌が混入しますが、一度限りの使い切りタイプにしておけば問題ありません。その結果、美容効果のない防腐剤無添加化粧品使いきりタイプが完成します。

当然ですよね、紫外線や熱は、美容成分にとって大敵ですから。

防腐剤を使わず化粧品を作る方法5
腐りにくい化粧品成分でつくる

化粧品成分には、腐りにくいものがあります。水溶性の成分は比較的腐りやすいのですが、油溶性のものは腐りにくい傾向があります。だから、油溶性成分を中心にして、化粧品を作ると防腐剤を入れなくてもいいかもしれません。

でも、あくまで腐りにくいだけであって万全ではありません。少なからず肌に刺激を与える可能性はあります。

また、化粧品に配合できる成分が限定されるために偏った製品になり、美容効果も限定的になります。

防腐剤を使わず化粧品を作る方法6
防腐効果のある防腐剤無添加化粧品にする

化粧品成分には、防腐剤以外にも、防腐効果のある成分があります

例えば、BGやエタノールなどです。これらは防腐剤ではありません。でも防腐効果があります。だから「防腐剤無添加です」と言いながら、これらの成分が入っていれば、「防腐剤ではないけど、防腐効果のあるものが入っているのだな」と理解できます。

ただし、注意する必要があります。それは、防腐剤に比べて、防腐効果は劣るため大量に配合する必要があるということです。

そのため、それ以外の有効成分の配合量が減ってしまいます。結果的に、美容効果が期待できない化粧品となります。

防腐剤を使わずに化粧品を作る方法7
全成分表示の抜け道を利用する

2001年の4月から、化粧品に『全成分表示義務』が課せられました。全成分表示義務とは、「化粧品に配合した成分を、パッケージや容器の裏面に表示しましょうね」という制度です。すべてを公開することで、化粧品に対する消費者の自己責任を強めることが目的です。

今から考えると信じられないのですが、『全成分表示義務』ができるまでは、化粧品に何が配合されているのかまったくわかりませんでした。当時、唯一わかったのは、表示指定成分だけです。

表示指定成分とは、1985年に「使う人の体質によってごくまれにアレルギー等の肌トラブルを起こす恐れのある成分は、パッケージに表示しましょう」という決まり事のことです。でも、あまりに古い時代に決めたものなので、まったく意味を成さないものになっていました。

表示しなくてもいい時代には…

当時、表示指定成分以外は何を入れても表示する義務が無いために、いろいろな不正がまかり通っていました。

例えば、『●●無添加』と言いながら、こっそりと●●を入れているメーカーもありました。(●●の部分には、アルコールや防腐剤、香料、着色料などが入ります)でも、全成分表示制度ができれば、それも無くなると思っていました。

全成分表示が義務化され、化粧品に配合した成分は全部、正直に表示しなければならなくなりました。

これによって、本当に配合されたものを誰もが知ることができる、と安心していたのですが、全成分表示には信じられない抜け道があったのです。

全成分表示の抜け道による危険性

化粧品の原料には、『キャリーオーバー』とよばれる成分が含まれています。これは、抽出される際に使われたり、原料を安定する目的で配合されます。本来、これらも表示すべきだと思うのですが、「原料を安定する目的で配合されるキャリーオーバー成分は、表示しなくともいい」のです。

例えば、乾燥肌の人は、化粧品に使われている成分を把握する必要があります。でも、安定目的で使用している場合は、表示しなくてもいいわけですから、その中身は一般の人にはわかりません。

質の悪い化粧品メーカーの中には、キャリーオーバー成分にアルコール(エタノール)が含まれているにもかかわらず、「アルコール無添加化粧品」といってるところもあります。これを信じていると、私のようにアルコールが刺激になる乾燥肌の人が使い、知らず知らずのうちに肌トラブルを起こす可能性があります。

化粧品の中身を知るには?

でも、表に出てこないキャリーオーバー成分を調べるには、どんな方法があるのでしょうか?

まず、化粧品メーカーに聞いてみましょう。

でもわからない場合も多くあるでしょう。そこのスタッフも把握していないこともよくあります。下手をすると、その化粧品メーカーの誰も知らないかもしれません。

なぜなら、多くの化粧品メーカーはキャリーオーバー成分まで気にしていません。また、キャリーオーバー成分を知ってたって何の得もありませんから、スタッフには教えていないこともあります。化粧品メーカー側からすれば、都合の悪いことを知ることになるかもしれないのです。

だから、原料会社に聞くのがベストです。さすがに、原料そのものを扱っているので、キャリーオーバーについても知っています。プロとして「知らない」とは言わないでしょう。もし知らなければ、「調べて」と言えば調べてくれます。

あとは、成分分析をしてくれる機関に持ち込んで、調べてもらうかですね。ただ、結構お金がかかってしまいます。

このように、一応、キャリーオーバー成分を調べる方法はあるものの、使う人が自分で調べるのは非常に困難です。

最後の手段は、自分で使ってみることです。私は結構これで判断することが多いです。私の場合は、仕事柄、経験として役立ちますが、一般の人はあまりやりたくない方法ですよね。

化粧品業界の裏側を知ることで乾燥肌は改善する・まとめ

以上が化粧品業界の裏側のほんの一部です。

『防腐剤無添加化粧品』に関するものだけでも、こんなにもの手法があります。化粧品業界にいる私がいうのもなんですが、本当に裏の多い業界です。

以前にも言いましたが、パラベンは安全性が確立されている成分です。化粧品に配合することで大きなメリットはあっても、デメリットはありません。

でも、少しでも化粧品を売ろうとして、わざわざパラベンを悪者にして、いろいろな方法を考えて、一般の人に間違った知識を植え付けているのです。こんなことに頭と時間を使うなら、効果の高い化粧品にその労力を使えばいいと思うのですが、今のところ化粧品業界にその考えはありません。

だから、化粧品を使うあなたが化粧品業界の裏側を知って、化粧品メーカの説明や広告宣伝を鵜呑みにするのではなく、少し疑いながら、怪しいところを正しながら、化粧品を選んでください。そうすれば、あなたが本当に求めている化粧品に出会えるはずです。

乾燥肌対策のために知っておきたいことはまだまだあります。次は、化粧品製造において欠かすことができない、界面活性剤についてです。

界面活性剤によくないイメージを持っている人もいますが、実際はどうなのでしょうか?続きは、『乾燥肌なら知るべき界面活性剤の本当の姿』をご覧ください。