敏感肌の人は
『無添加化粧品』に踊らされている

化粧品には、安全性が求められます。特に最近は敏感肌の方が急増しています。そのせいか、多くの方は安全性に敏感です。

私自身も敏感肌ですから、安全性を重視することは刺激による肌トラブルを未然に防ぐことにつながるので、非常に良いことだと思っています。

ただ、安全性を重視する人の多くが『無添加』という言葉に踊らされていることが気になります。

世の中の化粧品には、『無添加』という言葉が多用されています。どうも、一般的に『無添加』=『安全』と考えられているようですが、本当に無添加化粧品は安全なんでしょうか?

敏感肌の人が知るべき
無添加化粧品の本当の意味とは?

そもそも、『無添加』ってどういう意味なんでしょうか?

無添加とは、読んで字のとおり、「添加されていない」という意味です。つまり、「配合されていない」ということです。

だから、「香料無添加化粧品」とか「着色料無添加化粧品」「防腐剤無添加化粧品」って書いてあれば意味もわかります。香料や着色料や防腐剤が入っていない商品ということです。

でも、多いですよね。『無添加化粧品』としか書かれていない広告や宣伝。

『無添加化粧品』だけ書かれると、何も配合されていない化粧品ということになっています。「この化粧品は何も配合されてませんよ。」とわざわざ宣伝しているようなものです。

無添加化粧品が
世の中にあふれる理由

でも、無添加の意味を知らない人は、安全な化粧品と思い込んでしまうんですよね。

2001年までは、『無添加化粧品』と言えば、表示指定成分を配合していないものでした。

『表示指定成分』とは、ごくまでにアレルギーなどを起こす成分として、1980年に薬事法(現在の『医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(薬機法)』)により、表示することを義務付けられた103種類の成分のことをいいます。

だから、しっかりとした化粧品メーカーは、『表示指定成分無添加化粧品』と表示していましたが、『無添加化粧品』としか表示しない適当なメーカーもたくさんありました。

そういったメーカーは、お客さんに聞かれて初めて、「指定成分が無添加です」と答えるのです。聞かれるまでは、知らん振りです。

もしくは、虫眼鏡で見なければ分からないほどの小さな文字で、パンフレットのスミに、「表示指定成分無添加」と書いてあります。

2001年に、薬事法の改正と共に表示指定成分そのものがなくなり、配合している成分の『全成分表示』となりました。だから、私は、 「これで、無添加化粧品という誤解を招く表示も減るかだろう」と思っていたのですが、相変わらず 『無添加化粧品』は世の中にあふれています。

私のところにも、「無添加化粧品をつくってほしい」という、意味の分からない依頼が、たびたび来ます。そのたびに説明を繰り返さなければなりません。

こういったメーカーは、『無添加化粧品』と言えば流行りだから売れると勘違いしているようです。

ひどいメーカーになると、わざとお客さんに誤解させるような広告宣伝をしていると会社もあります。

もちろん、こういった事は、薬事法で禁止されています。なのに、いっこうに減りません。本当に不思議です。

敏感肌の人にとって
無添加化粧品は危険!

化粧品選びをされる際、『無添加化粧品』という言葉を前面に出して、「何が無添加なのか?」が分かりにくい、誤解を招く表現を多用しているメーカーは、避けたほうが良いと思います。本当に化粧品の開発に携わっていれば、こんな宣伝は恥ずかしくてできません。

無添加化粧品=安全ではありません。ある原料が配合されていないだけです。無添加が安全性を保障するわけではありません。まぎらわしい広告に惑わされないでください。

むしろ『無添加』とだけ主張する化粧品は、危険です。

売らんがために適当なことを言っているということは、化粧品の中身もアフターケアも適当な可能性が高いです。適当な化粧品は適当な研究で適当に成分を配合しているし、質問をしても適当に返すので、安全性に疑問が残ります。

  • 分かりにくい、誤解を生む表現を使っていないか?
  • 「何が無添加か」を分かりやすく表現しているか?
  • その成分を無添加にすることが、本当の意味で安全性につながっているのか?

安全性を重視するなら、こういった表現にも注意を配りましょう。

メーカーの言っていることで、その化粧品の中身を推し量ることができます。特に刺激に弱い敏感肌の人は注意が必要です。

だから私は、(当たり前のことですが)お客さんが誤解するような表現が必要な化粧品は作らないと決めました。

次の敏感肌の人が知るべき7つのポイントは、「3.敏感肌なら知るべき、安全な化粧品の最低条件」です。