• 表示名称:ステアリン酸グリセリル
  • INCIコード:Glyceryl Stearate
  • 一般名:モノステアリン酸グリセリン

ステアリン酸グリセリルは、どのように作られるのか

3つの水素基を持つグリセリンとステアリン酸(高級脂肪酸)を結合させてつくられたノニオン合成界面活性剤。

もっとも古くから使われて来た合成界面活性剤の一つで、天然由来の合成界面活性剤です。

ステアリン酸グリセリルの性質

乳化作用、分散作用、浸透作用があり加脂肪剤として石けんやシャンプーに使われたり、乳化の安定性を高める補助成分として配合されている。

化粧品では安全性の高い乳化剤として、品質を安定に保つために用いられる。

肌にうるおいと柔軟性をもたらす効果があるとされている。

ステアリン酸グリセリルがよく使用される製品

主に、乳化剤、エモリエント剤、合成界面活性剤などとして、乳液やクリーム、美容液、石けん、パック、基礎化粧品、メイクアップ化粧品、シャンプー、リンス、トリートメント、歯みがき粉などに配合。