脂性肌・オイリー肌を解消するためには、化粧水や乳液などを使った保湿ケアが欠かせません。でも、もしあなたが、次のような化粧品をご使用なら、注意が必要です。

そのケアが、脂性肌の改善を遠ざけてしまっているかもしれません。

脂性肌を改善できない化粧品3つのタイプ

1.『サッパリタイプ』の化粧品

皮脂でお悩みの方の中には、べたつきのない化粧品を好まれる方が多いです。

例えば、次のような化粧品です。

  1. さっぱりした使い心地の化粧品
  2. サラサラした使用感の化粧品
  3. 『オイリー肌用』『ニキビ用』『毛穴対策用』を謳った化粧品

でも、実は、このような化粧品は、過剰になった皮脂の改善には向きません。

なぜなら、それ単体では『保湿』ができないからです。

『保湿』というと、まず化粧水を思いうかべると思います。

しかし、ただやみくもに肌に水分を与えるだけでは、肌は潤いません。水分だけを与えても、すぐに蒸発して、肌は余計に乾燥してしまうからです。

そこで、化粧水の後には必ず油分の入った化粧品(クリームや美容液など)で、肌にフタをしなくてはいけません。

ところが、クリームや美容液などのトロっとした質感の化粧品は、「肌に油をつけたくない!」「余計皮脂がでるんじゃないか」いうイメージがあって、使われていないことが多いです。

フタをしないと、どんなに化粧水を使っても、水分は蒸発していきます。さらに困ったことに、化粧水は、蒸発するときに、本来肌がもっていた水分も一緒に奪っていきます。

これが、脂性肌の悪化を招きます。

というのも、皮脂は本来、肌のうるおいを守るために分泌されているからです。

肌が乾燥してしまうと、その乾燥状態を補おうとして、余計に皮脂が分泌されます。

つまり、さっぱりタイプの化粧水を使っていると、一層、脂性肌になってしまうのです。

2.肌につけるとスーっとする化粧品

肌につけるとスーっとする化粧品や化粧水も要注意です。

スーっとするのは、化粧品の中に揮発性の高い成分(おもにアルコールです)が配合されているからです。

揮発性が高いため、肌につけると瞬間に蒸発し、それが清涼感につながります。

健康な肌には心地が良いのですが、敏感な肌にはこのアルコール自体が刺激となる場合があります。

さらに、さきほど化粧水以上に、アルコールは蒸発するときに肌の水分を奪います。

そのため、このタイプの化粧品も、肌を乾燥させ、脂性肌を悪化させてしまうおそれがあります。

3.引き締め効果や収斂(しゅうれん)作用のある化粧品

引き締め効果や収斂(しゅうれん)作用、というのも、2と同じで、アルコールを用いたものがほとんどです。

アルコールの蒸発によって冷やされた肌は収れん(縮む)し、引き締められます。

このはたらきにより、毛穴がキュッと引き締まり、過剰な皮脂分泌を抑えることも期待できます。ただし、この効果は一時的なものです。

収れん化粧水を塗った直後には効果が感じられますが、時間が経てば、体温は上がり、汗も皮脂も分泌され、肌の引き締め効果も失われてしまいます。

ところが、その一時的な効果を求めて、繰り返し使用する方が多くいらっしゃいます。そのたびに、肌は刺激を受け、乾燥して、弱くなります。

もうお分かりの通り、肌を守るために余計に皮脂を分泌することにもなります。

まとめ

いかがですか?

一見、脂性肌やオイリー肌に向いていそうな化粧品も、その働きと肌の機能を踏まえて考えると、実は、逆効果になってしまうのです。

では、いったいどんな化粧品を使えば、脂性肌(オイリー肌)を改善しすることができるのでしょうか?

それには、保湿の方法以外にも知っておくべきことがあります。

特に30歳以上で顔の皮脂にお悩みの方は、これからの脂性肌対策の参考になります。

続きのお話、『顔の皮脂が止まらない本当の理由』は、今すぐこちらをクリック!