おでこニキビの原因1
皮脂

どんな場所でも、どんな人でも、ニキビは、毛穴に皮脂が詰まることで起こります。ですから、ニキビは皮脂分泌が活発な場所によくできます。おでこ(額)はその一つです。

おでこは、皮脂腺が発達しやすく、皮脂の分泌が非常に多い部分です。そのため過剰に分泌された皮脂が毛穴に詰まり、ニキビができます。

ただし、通常、皮脂の分泌は年齢と共に減少します。25歳を過ぎても、おでこの皮脂が気になる場合や、おでこにニキビができ続ける場合には、ニキビケアの見直しも行いましょう。

    ニキビケアの見直しポイント

  1. 皮脂を取ればニキビは無くなるのか?
  2. 間違いだらけの洗顔料選びとは?
  3. ニキビを悪化させる化粧品と使っていませんか?
  4. 思春期ニキビとは違う大人のニキビケアとは?
  5. 25歳からの正しい大人ニキビケア

おでこニキビの原因2
シャンプーやリンスの洗い残し

シャンプーやリンスの洗い残しも、おでこにニキビができる原因となります。

多くのシャンプーやリンスには、石油系の合成界面活性剤が使われています。石油系の合成界面活性剤は、油分と水分を混ぜ合わせ、安定させる働きがあります。また、泡立ちを良くする目的でも使われます。

しかし、『肌にくっつきやすい』という性質があります。 そのため、しっかりすすがないと肌に残ります。

肌にとっては、石油系の合成界面活性剤は異物以外の何者でもなく、刺激となります。 この刺激が原因でおでこにニキビができます。

ちなみに、私はすごい敏感肌です。そのため、出張時にホテルの備え付けのシャンプーで頭を洗うと、額にニキビがよくできます。ひどいときには、頭皮にも大量のニキビが発生します。もちろんしっかり洗い流しているので、この場合は、洗い残しよりも、シャンプーの強すぎる洗浄力が原因だと思います。

おでこニキビの原因3
髪の毛

髪の毛も、ニキビの原因となります。髪の毛には、日常生活の中で、汗やほこりなどの汚れが付着します。前髪がおでこに触れることで、汚れがおでこに付着します。

この髪の毛がおでこに触れる刺激や、細菌の繁殖などによって、ニキビができやすくなります。また、前髪を下ろしている方に多いのですが、頻繁に前髪をかき分ける癖も肌への刺激となって、ニキビの原因になります。

まとめ

    おでこにニキビができる原因

  • 皮脂の分泌が活発であること
  • シャンプーやリンスの洗い残し
  • 前髪が触れること 前髪をかきわける癖

原因2、3は、日ごろの生活を見直すことで改善ができます。
原因1の「活発な皮脂分泌」は、正しいスキンケアを行うことでできます。

おでこのニキビを改善するための、正しいスキンケアは、今すぐこちらをクリック!