• 表示名称:カオリン
  • INCIコード:Kaolin
  • 一般名:カオリン

カオリンは、どのように作られるのか
天然に産出する含水ケイ酸アルミニウムで花崗岩が風化してできた粉末、または砕きやすい塊状の鉱物で、白色から類白色である。

カオリナイトという粘土鉱物を主成分とする粘土(クレイ)で、白色顔料。 わずかに粘土のようなにおいがある。

カオリンの性質

粒子がきわめて小さいため表面積が大きく、吸収力が強く、被覆力もある。

パウダー基材としてタルクの光沢を消し、皮膚へのつきをよくする効果があるので配合されているが、なめらかさに欠け、すべりが悪いのが欠点。

白色顔料、被覆剤、賦形剤、増量剤として化粧品に配合されている。

ファンデーションやフェイスパウダー、ベビーパウダー、パックなどの基材に用いられる。

毛穴の汚れや余分な角質を吸着・除去する目的などで、クレイパックにも用いられる。

滑沢剤や吸着剤、研磨・スクラブ剤、抗ケーキング剤、増量剤、不透明化剤としても配合される。

カオリンがよく使用される製品

主に、スクラブ剤、吸着剤、抗ケーキング剤、増量剤、不透明化剤、湿潤剤、充填剤などとして、パックやフェイスパウダー、パウダーファンデーション、ベビーパウダー、メイクアップ化粧品、トリートメントなどに配合。