• 表示名称:ポリビニルアルコール
  • INCIコード:Polyvinyl Alcohel
  • 一般名:ポリビニルアルコール

ポリビニルアルコールは、どのように作られるのか

ポリ酢酸ビニル(アセチレンと酢酸からつくられる)を加水分解して得られる、白色~微黄色の粉末。

水に徐々に溶解・分散する特性がある。

分子の重合度の違いで、皮膜の強さや硬さなどが変化し、さまざまな性質のものが得られる。

高粘度のものは、静置するとゲル化する。

ポリビニルアルコールの性質

優れた皮膜形成の働きがあり、皮膜は耐久性があり発汗などによく耐えることから、ピールオフタイプのパックの主成分として使われている。

増粘作用があるため、乳化、分散の安定性を高める目的で配合されている。

メイクアップ製品のもちをよくしたり、頭髪用化粧品には、セット効果を高めるために配合されている。

ポリビニルアルコールがよく使用される製品

主に、結合剤、皮膜形成剤、親水性増粘剤などとして、化粧水や乳液、クリーム、美白クリーム、パック、メイクアップ化粧品、ヘアローション、整髪料、トリートメント、頭髪用化粧品などに配合。