泡洗顔を今日からやめよう!

スキンケアにとって、洗顔は非常に大切です。

どんなに正しくスキンケアを行っても、洗顔方法を間違ってしまうと、肌トラブルは解消できません。それにも関わらず、多くの人が誤解していることがあります。それは、『泡洗顔』と呼ばれる泡立ちを重視した洗顔方法です。もし、あなたが洗顔をしっかりしているのに、肌トラブルが解消しないのであれば、泡洗顔が原因かもしれません。

泡洗顔が肌トラブルの原因?

すごい泡が立った洗顔料を、顔いっぱいに気持ちよさそうに使っているCMや美容系雑誌などの広告を目にします。ショッピングモールなどに入っている店舗の前で、モコモコの泡を作り、行き交う人に見せている化粧品メーカーもあります。とにかく泡さえ立っていれば、「良い洗顔料なんだ」と言わんばかりです。

実際に、私のところにも、「泡立つ洗顔は肌に良いんですよね?」という確認のような質問がよく寄せられます。こういった質問が来るということは、「泡立ち洗顔は、そこら中で良いと宣伝されているけど、本当なの?」という疑問が湧いているためでしょう。

そこで、今回は泡立ち洗顔について、本音を語りたいと思います。

泡洗顔のメリット

泡立ち洗顔とは、泡をたくさん立てて洗顔する方法です。

主に石鹸で洗顔することが多いです。泡洗顔のメリットとしてよく言われているのは・・・

細かい泡をたくさん立てることが大事。
なぜなら、細かい泡が毛穴の奥に詰まった汚れを落としてくれるから。
大きな泡では、肌の表面の汚れしか落とすことができない。
また、泡はクッションの役割をするために、たくさんのきめ細かい泡によって、肌への刺激をやわらげます。

まぁ~こんなところでしょうか。

泡洗顔の間違い1.「細かい泡が、毛穴の奥の汚れを落とす」

まず、「細かい泡が毛穴の奥の汚れを落とす」について、見てみましょう。

実は、汚れを落とすことと、泡の量や大きさは関係がありません

そもそも毛穴の奥まで入る泡なんて作れる訳がありません。泡というのは、空気を含む必要があります。

空気を含んだ時点で、結構な大きさになります。その大きさで毛穴の奥まで入って行くことは不可能です。

CMや美容雑誌で、そういったことが言われたり、イラストで書かれていますが、よく目を凝らしてみてください。「※これはイメージです」と、片隅に小さい文字で表示されているはずです。

イメージと現実は違います

逆に、こういった表示が必要だということは、本当ではない、ということです。つまり、「細かな泡が毛穴の奥の汚れをかき出して包み込む」は、ウソです。あくまでも、イメージに過ぎません。

泡洗顔の間違い2.「泡のクッションが、肌への負担を減らす」

次に、「たくさんの細かな泡はクッションの役割を果たして、洗顔時の肌への負担を減らす」について、見てみましょう。

ふわふわとした、たっぷりの泡を見ると、確かに弾力がありそうです。しかし、残念ながら、洗顔料の泡にそこまでの強度と弾力性はありません

実際に、手で押すと、簡単に潰れるか、指に押されて移動します。この程度では、とても肌への負担を減らすほどの役割を果たすことはできません。

肌の負担を減らす効果なら、泡立ちよりもヌルヌル感の方が上です。洗顔する際に、水をつけて手をこすり合わせるとヌルヌルしてきます。あのヌルヌル感は、肌に加わる力を分散させることで、肌への刺激を減らします。

つまり、「細かい泡が洗顔時の肌への負担を減らす」はウソで、正しくは、「水を加えることで生じるヌルヌル感が洗顔時の肌への負担を減らす」です。

泡洗顔が肌トラブルを招く?!

もし、あなたが、

  • 泡洗顔は、毛穴の奥の汚れまでしっかり落ちる
  • 肌の刺激を減らす

と思って使っているなら、それは大きな間違いだということが理解していただけたと思います。

また、効果が無いだけならいいのですが、場合によっては肌トラブルの原因になることもあります。

泡洗顔には、多くの場合、石鹸が使われます。いわゆる洗顔石鹸と言われるものです。

泡洗顔に洗顔石鹸が使われる理由は、非常に単純です。

泡立ちの良さは、界面活性剤をたくさん使うことでいくらでも強化できます。そのため界面活性剤を多用できるものほど、よく泡立ちます。そして、石鹸は界面活性剤の塊です。だから、泡洗顔に使われる洗浄剤は、石鹸が多いのです。

泡立たせる目的でもいろいろあります。洗浄成分は、そのものが泡立つので、それをたっぷりと配合する方法。先程も言いましたように、これは石鹸によるものがポピュラーです。ただ、こういった石鹸は、皮脂をとる力(脱脂力)が強すぎて、乾燥肌や敏感肌の方にはお勧めできません

私も、出張などの際に洗顔料を忘れてしまい、ホテルに備え付けの洗顔石鹸を使う時があるのですが、洗顔後は顔が突っ張ってヒリヒリした経験がよくあります。

本来、必要な皮脂まで根こそぎ落とすために、肌の保湿力や柔軟性がなくなり、非常に無防備な状態になります。このような状態になることや、それを続けることは、肌トラブルの原因になるのでやめた方が良いですね。

次に、泡立ちに特化した処方を組む方法です。手のひらにたくさんの泡をのせて、ひっくり返しても泡が手のひらにピタッとくっついて落ちない、なんて映像を目にしたことがある方もいらっしゃることでしょう。ここまでの粘着性の高い泡をつくろうとすると、通常の洗浄成分では困難です。だから、泡を作る目的だけで、泡を作るための界面活性剤やその他の化粧品原料を配合します。

洗浄成分なら、汚れを落とすという目的が達成できるので、洗顔料に配合する意味はあります。でも、泡立てるだけの成分って、一体何の意味があるんでしょうね・・・。

中には、泡立てる成分をたっぷり配合したために洗浄成分が配合できずに、泡立ちはいいものの洗浄力が極端に弱い洗顔料もあります。こういった洗顔料は、いくら泡立ちが良くても汚れが落ちずに、肌に残ったままになります。もちろん、これは肌トラブルの原因になります。

もう、泡洗顔はやめよう!

このように泡洗顔は、あまり意味がなく、イメージ先行で広がった洗顔方法だと言えます。

まぁ~肌が健康な人はどんな洗顔方法でもいいと思うのですが、私のように敏感肌と乾燥肌のダブルで肌トラブルに見舞われている人は、泡洗顔をやめたほうがいいでしょう。

使用する洗顔料も、泡立ちを特徴にしているものはやめましょう。泡立ちを重視するために、異常に洗浄力が強いか、弱いか、のどちらかに偏ったものが多いです。それよりも自分の肌質に適した洗浄力の洗顔料を使うほうが賢明です。

私自身も自分の肌に合った洗浄力の洗顔料が見つからなかったので、自分で作ってしまいました。今では、私と同じ悩みを持つ敏感肌や乾燥肌の多くの方に使っていただいています。もし、あなたも満足行く洗顔料が見つからなければ、ぜひ、一度試してみてください

井上龍弥

この記事があなたのお役に立てたならうれしいです。
下記をクリックしてもらえたらもっとうれしいです。
この記事があなたのお役に立てたなら、おなたのお友達にも教えてあげてください。
下記をクリックするだけでOKです。


ページトップへ