タバコで目の周りのしわやたるみが増えるって本当?

実験で『タバコが顔の老化に与える影響』は分かる?

とある記事によると、アメリカで、『タバコが顔の老化に与える影響』を調べる実験が行われたそうです。記事の詳細は以下のようなものでした。

喫煙で顔が老化、双子79組で検証 米研究
顔の老化が早くなることを米ケース・ウェスタン・リザーブ大学のチームが双子を比較した研究で確認し、形成外科の学会誌に発表した。実験は、18~78歳の双子79組が対象です。79組の喫煙者・非喫煙者の内訳は、45組が一人が喫煙者、もう一人が非喫煙者。残り34組は全員が喫煙者。それぞれの写真をプロカメラマンが撮影し、顔のパーツごとに比較したところ、45組の喫煙者と非喫煙者の双子では、喫煙者のほうが非喫煙者より老けて見える確率が57%でした。二人とも喫煙者であるグループでも、長く吸っているほうが年上に見える確率が63%でした。研究では、飲酒やストレス、日焼け止めの使用の有無などの要素に大きな変化はないとのこと。ただ、生活環境や食生活の影響は明らかになっていません。「喫煙は、コラーゲンの生成を抑制するから、コラーゲンが減少することで、皮膚の血行も悪くなる。また、ニコチンは肌の厚みを減らす。こうして肌の弾力性が衰え、老化が早く訪れる。」と、研究チームを率いたバーマン・ガイアロン医師は語る。(2013年11月1日CNNニュースより

記事の内容から、研究対象や、実験結果である老けて見える割合を見ると、信憑性に疑問が残ります。遺伝子的には近い存在ということで『双子』に対して研究を行ったのでしょうけれど、肌にとっては『生活環境』や『紫外線を浴びた積算量』のほうが重要です。

でも、そこまで同じ状況の双子を見つけることは現実的に不可能ですから、この研究の有効性を実証するのはかなり困難です。

また、何か意図的なものを感じます。『タバコは、老けるからやめよう!』的な・・・。逆を言えば、タバコをやめれば若々しくいられるという短絡的なメッセージ性を感じます。

しかしながら、タバコが肌にとって悪影響をもたらすことは、確かな事実だと思います。タバコがコラーゲン線維の生成を抑制することや、肌の厚みを減らすことを抜きにしても肌トラブルを招くことは確実でしょう。

私自身もそれを実感しています。と言うのも、私は20代の頃、超ヘビースモーカーでした。

 

1日100本タバコを吸うとこうなる

平均で1日に100本ほど吸っていました。100本吸おうと思うと、食事・睡眠・仕事など、何かをしている時間以外のほとんどを喫煙に使います。

もともと私は暇な時間の過ごし方が苦手で、何かしていないと気がすまない性質です。そんな私にとって、時間の合間を潰すことのできるタバコは、生活必需品でした。で、どんどん本数が増えて、いつの間にかヘビースモーカーになっていました。

私の実感としては、これだけ多くのタバコを吸っていると、まず、味覚がダメになりました。空腹感はあって食事をするのですが、「おいしい」という実感が非常に薄くなります。食事は空腹感を満たすためだけの作業で、非常に面倒なものでした。だから、食事の回数も1日に1度程度でした。さらに、量をあまり食べないため、体重も少なく、どちらかと言えばガリガリでした。

まず、この状態が、肌にとっては最悪です。肌の細胞は食べ物の栄養素によって作られます。単純に栄養をとっていませんから、肌にいいわけがありません。

次に、体が常にだるく、その割りに、睡眠欲も減退していきます。当時は、疲れているのにあまり眠れませんでした。だから、運動なんてしたくありませんでしたし、睡眠時間も非常に不規則です。いつも夜中の3時ごろに寝ていました。そして、7時ごろに起きて仕事に行っていました。

これも肌には良くないですね。理想は、PM10:00~AM2:00、俗に言う『肌のゴールデンタイム』に眠ったほうが良いです。また、運動も極力避けるため、新陳代謝も活発に行われません。そのせいか、汗もほとんどかきませんでした。もちろん、これも肌トラブルの元です。

さらに、タバコの煙も肌に良くありません。タバコの煙は肌にとって異物です。だから、肌を守るために、過剰に皮脂を分泌させます。

通常、皮脂は肌を守るために必要なものですが、過剰に分泌されると、常在菌が異常繁殖をしてニキビなど肌トラブルの原因になります。実際に、タバコの煙を肌に当てると、肌がギトギトになってきます。昔、よくパチンコに行ったときにそんな経験を何度もしました。

 

タバコと肌の本当の関係

このように、タバコそのものというより、タバコによって変わる生活環境や食生活が肌に悪影響をもたらします。この悪影響が、『目の下のたるみや口の周りのシワが増える』ことにつながることから、実験結果通りとも言えますね。

現在、私は、禁煙したお陰でかなり健康的な生活になり、喫煙していたときに比べて肌トラブルも軽減しました。もちろん、スキンケアをしっかり行っているお陰もあると思います。

逆を言えば、タバコを吸っていなければ、今よりももっと健康な肌になっていたかもしれません。今となっては詮無きことですが。

私の場合はかなり極端な例だと思いますが、もし、喫煙習慣があって長年肌トラブルを抱えているなら、1度禁煙を試してみる価値があると思います。
ぜひ、挑戦してみてください。

ちなみに、ヘビースモーカーだった私が肌トラブルを改善したスキンケアはこちらです

(著:井上龍弥

この記事があなたのお役に立てたならうれしいです。
下記をクリックしてもらえたらもっとうれしいです。
この記事があなたのお役に立てたなら、おなたのお友達にも教えてあげてください。
下記をクリックするだけでOKです。


ページトップへ