あなたはどっち?
2種類ある『化粧かぶれ』

化粧かぶれとは、化粧品を皮膚に塗布することによって起きる皮膚炎の一種です。炎症の結果、以下のような症状が現れます。

    化粧かぶれの症状

  • 赤み
  • かゆみ
  • 発疹
  • ほてり
  • 膿み

 
肌が荒れると『化粧かぶれ』という言葉がよく使われますが、実は、かぶれの原因によって、次の2つに分かれます。

  1. 刺激性の化粧かぶれ
  2. アレルギー性の化粧かぶれ

1.『刺激性』の化粧かぶれとは?

肌に触れた物質の刺激によって起こる炎症です。アルコールや、摩擦、酸性の強いもの、アルカリ性の強いもの、などが一例です。

刺激性の接触皮膚炎が起こるかどうかは、肌状態や体調によって変わります。 免疫力が低下しているときや、肌が極端に乾燥しているとき、皮膚に傷があるとき、季節の変わり目等には、炎症が起こりやすくなります。

ですから、この場合、『かぶれを起こした=使えない化粧品』とは言えません。肌状態や体調を整えることで、また使用できる場合も十分にあります。

2.『アレルギー性』の化粧かぶれとは?

抗原(アレルゲン)となる物質が、皮膚と接触することで、皮膚にアレルギー反応が起こります。

抗原は、過去に使用していた化粧品に含まれていた成分で、繰り返し使用しているうちに、体内に抗体が作られます。そして、再びその成分を含んだ化粧品を使用したとき、抗原と抗体の間で反応が起き、抗原の方が強くて勝った場合に、アレルギー性の化粧かぶれを生じます。

アレルギー性のかぶれの場合は、肌状態や体調に関わらず、使用すると症状が現れます。化粧品に含まれるいずれかの成分に、アレルギーがある可能性が高いです。

原因別・化粧かぶれの症状

刺激性アレルギー性
・化粧品を付けた箇所でも、部位によって症状が出る場合と出ない場合がある
・症状がでるときと、でないときがある
・化粧品を付けた個所、すべてに症状が出る
・常に症状が出る

ほとんどの化粧かぶれは
一時的な『刺激性』

化粧品を使って肌が荒れると、ついつい「アレルギーを起こした!」「肌が荒れるなんて、悪い成分を使っているんだ!」と判断してしまいがちです。

でも実は、化粧かぶれの原因のほとんどは『刺激性』のもので、『アレルギー性』の場合は稀です。

また、上記でお話したように、『刺激性』の場合も、化粧品の成分そのものに刺激がある場合もあれば、化粧品を使ったときの体調や肌質が原因でかぶれてしまうこともあります。

ですから、『化粧かぶれ=使えない化粧品』ではありませんし、『化粧かぶれ=肌に悪い化粧品』とも言えません。

この判断を冷静に行なわないと、使える化粧品がどんどん少なくなり、肌トラブルの改善が遠のいてしまうこともあります。

化粧かぶれが起こったら

まず、化粧品の使用を中止し、皮膚科専門医の診断・治療を受けましょう。専門の皮膚科では、まず『刺激性の化粧かぶれ』なのか、『アレルギー性の化粧かぶれ』なのかを見極めます。

アレルギー性の化粧かぶれの場合は、どの化粧品のどの成分によってかぶれが起こったのかを調べるパッチテストを受けることをおすすめします。「どの成分が肌に合わないか」を突き止めれば、次は、その成分を避けて、化粧品選びを行ないましょう。

かぶれの原因が特定できない状態で、「使える化粧品がない!」とお困りの場合は、同じように化粧かぶれで悩んでいた人や、極度の乾燥肌・敏感肌の人が使用しているスキンケアを試してみるのもひとつの方法です。

こちらのスキンケア自宅で簡易的なパッチテストを行なうためのお試しセットがあるため、顔につけてかぶれないかどうかを、事前に確認することができます。お困りの場合は、お試しください。