editorial_53

この夏、『飲む日焼け止め』というものが、女性誌の記事広告やネット広告にバンバン出ており、注目を集めています。

早速ネット検索をしてみると、『飲む日焼け止め』とは、その名のとおり、飲むだけで日焼けを防ぐサプリだそうです。ビタミン各種、リコピン、ポリフェノールなど、「美容成分を摂取することで、日焼け止めと同等の効果を得られる」と記載されています。

日焼け止めのように、塗る手間や塗りムラを心配することもなく、飲むだけなので非常に手軽ですね。あくまでも、本当に日焼け止め効果があれば、ですが。

飲む日焼け止めを飲むと、日焼けしないのか?

「美容成分を摂取することで、日焼け止めと同等の効果を得られる」 こう聞くと、
●日焼け止めを塗らなくても、日焼けしない
●紫外線をカットしてくれるから、シミ・シワができない
そんなイメージを抱きます。

実際に、この商品を勧めているサイトでも、「日焼け止めの塗り忘れによる日焼けを防ぐ」や「日焼け止めの塗り直しの手間が要らない」という記載があります。

しかし、結論から言うと、飲む日焼け止めを飲んでも、100%日焼けします。なぜなら、いくら美白効果の高い美容成分を飲んだところで、肌に降り注ぐ紫外線をカットすることは不可能だからです。

紫外線は、日傘や帽子のように物理的に日差しを遮るか、日焼け止めのように、紫外線散乱剤・紫外線吸収剤などの働きで悪影響を緩和するしかありません。また、ビタミンなどの美容成分と紫外線を防ぐことは無関係です。

『美白効果』のある飲む日焼け止めは危険

飲む日焼け止めの中には、『メラニン色素の働きを抑制』を効果としてうたっているものがあります。もし、本当にメラニン色素の働きを抑制してしまうのなら、日焼け止めとして本末転倒です。

メラニン色素は、肌の奥・基底層から生み出され、徐々に肌表面に上がってくる過程で角質層全体に散らばります。そうして肌全体に降り注ぐ紫外線を吸収し、肌の細胞が破壊されないように守ってくれています

メラニン色素によって、肌が黒くなることを嫌う人がよくいますが、そのおかげで私たち人間は紫外線が降り注ぐこの地球上で快適に過ごすことができます。 もし、メラニン色素が生成されなければ、紫外線の悪影響は肌の深部まで到達してしまい、皮膚がんなど深刻な疾患を引き起こすでしょう。

だから、もし、飲む日焼け止めにメラニン色素の働きを抑制する効果があったとしたら、肌が無防備な状態で紫外線を浴びることになります。そんなことをすれば、紫外線を防ぐどころか、むしろ肌に悲惨な悪影響を及ぼすことでしょう。

でも、安心してください。飲む日焼け止めはあくまでもサプリメントですから、効果の確認や保証はなされない『健康食品』というカテゴリーのものです。医薬品でも、医薬部外品でも、保健機能食品でもありません。だから、美白効果はありません。

飲む日焼け止めの本当の姿

飲む日焼け止めには、日焼けを防ぐ効果も、美白効果もありません。
では、何のために飲むのか?

あえて飲むなら、あくまでも日焼け止めなど紫外線対策の一部とし、ビタミン剤やよくある健康食品程度の認識にしておくことが正しい捉え方です。必要な栄養素を摂ることで、新陳代謝などの機能がアップすると、シミになりにくいなどの効果を得られる可能性はありますから。

ですから、「飲む日焼け止めには、日焼け止めと同じ、紫外線カットの効果がある」とは勘違いしないほうがいいです。飲む日焼け止めだけを飲んで、その他の紫外線対策をせずに紫外線を浴びることは、あなたの肌に取り返しのつかないほどのダメージを与えます。どうぞお気をつけください。

井上龍弥

シミでお悩みの方には、以下の記事もおすすめです
もう一度考えよう!高い費用を払ってレーザー治療でシミ取りをするべきか?

この記事があなたのお役に立てたならうれしいです。
下記をクリックしてもらえたらもっとうれしいです。
この記事があなたのお役に立てたなら、おなたのお友達にも教えてあげてください。
下記をクリックするだけでOKです。


ページトップへ