ノンケミカルの日焼け止めのメリット

ノンケミカルの日焼け止めのメリットは、肌への刺激が穏やかなことです。
肌への刺激が少ないため、敏感肌に適した日焼け止めと言えます。

あなたも、そう思ってノンケミカルの日焼け止めを使っているのではないでしょうか?

でも、実は、そのメリットの裏には、隠されたデメリットがあります。
それを知らずに使っていると、美白が遠のくだけでなく、敏感肌に負担を与えることになります。

これから詳しく見ていきましょう。

ノンケミカルの日焼け止めが肌にやさしい理由

日焼け止めに配合される紫外線カット成分には、大きく分けると2種類あります。

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤です。

『紫外線吸収剤』
紫外線を吸収する際、肌の上で化学反応を起こすため、肌への刺激が強い成分です。

『紫外線散乱剤』
受けた紫外線を散乱させて肌を紫外線から守るため、紫外線吸収剤と比べて肌への刺激がおだやかです。

この紫外線散乱剤を使った日焼け止めが、一般的に、ノンケミカルの日焼け止めと呼ばれています。

紫外線散乱剤と紫外線吸収剤の違い

『紫外線散乱剤』は、『紫外線吸収剤』と比べて刺激が少ないため、紫外線散乱剤で作られたノンケミカルの日焼け止めは安全性が高くなります。

ですから、「敏感肌にはノンケミカルの日焼け止めがよい」と言われます。

あなたも、「ノンケミカルの日焼け止めは安全だから、敏感肌にいい」と思っているかもしれません。

本当のことを言うと、『ノンケミカルの日焼け止めが安全』は正しくもあり、間違ってもいます。

勘のいい人なら、ここまでで気づいているかもしれませんね。

この先を読んでいくと、その答えが分かります。

『ノンケミカル』とは?

ノンケミカルの日焼け止めの安全性について話す前に、少し聞いていただきたいことがあります。

より理解を深めるために、『ケミカル』の正しい意味を知ってください。

『ケミカル』を辞書でひいてみると、こんなふうに書いてあります。

ノンケミカルとは
人工的な化学合成を用いないこと。または、そのような物質のこと。(三省堂・デイリー 新語辞典)

つまり、自生している自然物そのもの、もしくは、そのような物質を指します。

例えば、植物を採取して状態のものやそこから搾り取った液などは、正真正銘『ノンケミカル』です。

日焼け止めに使われるノンケミカルとは

日焼け止めに使われる『ノンケミカル』は、配合されている紫外線カット成分によって、次のように呼び名が変わります。

ケミカルノンケミカル
紫外線吸収剤』を使用した日焼け止め紫外線散乱剤』を使用した日焼け止め

 

このように、日焼け止めにおけるノンケミカルは、紫外線カット成分として、紫外線散乱剤だけを配合していることを指します。

ノンケミカルの日焼け止めなのに、ノンケミカルではない理由

ノンケミカルとは、「ケミカルではない」という意味です。
ケミカルとは、化学物質全般を指す言葉です。

ですから、ノンケミカルの本当の意味は、「化学物質を使わない」ということです。

では、ノンケミカルの日焼け止めに使われる「『紫外線散乱剤』は化学合成なしに作られるのか?」というとそんなことはありません。

『紫外線散乱剤』も化学合成で作られる成分です。

つまり、紫外線吸収剤も紫外線散乱剤もケミカル(化学合成成分)なのに、吸収剤は『ケミカル』で、散乱剤は『ノンケミカル』と分けられているのです。

これって、おかしいと思いませんか?

どうしてケミカルの意味をゆがめた分け方がされているのでしょうか?

ケミカルとノンケミカルの違い

これは、当然のように世の中に広まっている「化学的なものは悪いもの」「天然のものはいいもの」というイメージのせいです。

現在、化粧品業界は『ナチュラル』志向です。
その証拠に、『天然成分』『無添加』『自然派』『オーガニック』と名のつく化粧品がたくさんあります。

『天然成分』『無添加』『自然派』『オーガニック』安全なイメージがありますが、実際は、安全性とは無関係です。

  • 天然成分100%配合化粧品は、天然由来成分という『天然成分っぽい合成成分』で作られています
  • 無添加化粧品には、いっぱい添加物が入っています
  • 自然派化粧品は、「自然派」と言ってるだけで普通の化粧品です
  • オーガニック化粧品は、普通の化粧品にちょっぴりオーガニック成分が配合されている化粧品です

なぜ、このような意味のない言葉が世の中にあふれているのでしょうか?

化粧品業界の中にいる者として、こんなことをいうのは不自然かもしれませんが・・・

簡単に言うと、「安全・自然なイメージの方が商品を売りやすいから」です。
特に最近は、環境や自然に対する意識の高い方が増えています。

このようなナチュラル思考の人たちに買ってもらう(悪い言い方をすれば、つけいる)ためには、『無添加』『天然』 『オーガニック』は本当に便利な言葉です。

『ノンケミカル』もそんな言葉のひとつです。

たとえ化学合成した成分を使用していても、『ノンケミカル』という言葉だけで、なんだか肌によさそうな、高い安全性をイメージさせることができます。

だから、化粧品でいわれるノンケミカルという言葉は、本当の意味とはまったく違うものです。

また、このように、あたかも安全性の高い成分とされている『紫外線散乱剤』には、あまり語られないデメリットがあります。

ノンケミカルと言う安全なイメージによって、巧みに隠された真実をこれからお話します。

安全なイメージに隠された『ノンケミカルの日焼け止め』のデメリット

安全なイメージのノンケミカルの日焼け止めに使われる紫外線散乱剤ですが、3つのデメリットがあります。

ノンケミカル日焼け止めのデメリット1
紫外線散乱剤は、白浮きする

ノンケミカルの日焼け止めのデメリットは、『白くなりやすいこと』です。
紫外線散乱剤自体が白い粉状の成分なので、肌に塗ると白くなります。

いわゆる『白浮き』が起こりやすくなります。

顔が白く見える白浮きを、嫌う人が多くいます。

だから、白浮きしにくいように、少量を伸ばして使う人が多くいて、せっかく日焼け止めを使っているのに紫外線ダメージを受けてしまったり、日焼けをしているケースが多発しています。

ノンケミカル日焼け止めのデメリット2
紫外線散乱剤は、はがれやすい

紫外線吸収剤は、『はがれやすい』というデメリットもあります。
これも粉状であることが影響しています。

『紫外線吸収剤』は、油溶性であるため、肌なじみがよく、クリームや乳液ともなじみやすい特性を持っています。

これに比べて、粉状の『紫外線散乱剤』は、はがれやすく、水や汗で落ちやすいため、その状態を放置していると肌に紫外線のダメージが蓄積されます。

吸収剤散乱剤
【油溶性】肌なじみがよい・落ちにくい【粉状】白浮きしやすい・はがれやすい

 

ノンケミカル日焼け止めのデメリット3
紫外線吸収剤は、酸化しやすい

紫外線吸収剤には、『酸化しやすい』というデメリットがあります。
酸化した散乱剤が肌にくっつくと、シミやシワを作ったり、ニキビを悪化させたりして肌トラブルを引き起こします。

最近は、『肌老化』『光老化』と呼ばれて注目されている現象なので、ご存知の方も多いと思います。

紫外線散乱剤にはは2種類あり、どちらも酸化しやすい性質を持っており、ちゃんとしたメーカーは、酸化しにくいよう加工しています。

ただ、中には、こうした加工をせずに散乱剤を用いている日焼け止めもあります。

ですから、散乱剤配合の日焼け止めなら何でも大丈夫、というわけではないのです。

ノンケミカルの日焼け止め・紫外線散乱剤のデメリットまとめ

雑誌やインターネットなどで日焼け止めを特集している記事を見ると、「紫外線吸収剤と比べて肌に刺激が少ないため、敏感肌の方は紫外線散乱剤を使いましょう」ということがよく書かれています。

もちろん『紫外線吸収剤』よりも肌に刺激が少ないのは事実です。

でも、それは、あくまで紫外線吸収剤との比較です。
紫外線散乱剤が肌に刺激を与えないわけではありません。

白浮きするため伸ばして使う、はがれやすい、酸化しやすいなどのデメリットによって肌に刺激を与えます。

本当に敏感肌でも安心して使えるノンケミカルの日焼け止め

紫外線吸収剤も紫外線散乱剤も、どっちもケミカル。
しかも、どちらも肌に刺激がある。

「な~んだ。だったら敏感肌にどっちもつかないのか~」とガッカリされるかもしれません。

もしかしたら、「敏感肌だから日焼け止めを使わないほうが良いのかな~」と考える人もいるかもしれません。

ちょっと待ってください!
それは、大きな誤解です。

まず、敏感肌の人ほど、絶対に外出時は日焼け止めを使ってください。

敏感肌は肌のバリア機能が弱く、乾燥しています。そのため、紫外線がによるダメージを受けやすいです。つまり、敏感肌は、シミやシワができやすい肌状態だということです。

日焼け止めと紫外線の刺激では、比較にならないほど、紫外線ダメージの方が大きいです。

また、紫外線吸収剤よりも、紫外線散乱剤の方が刺激が少ないことも事実です。
だから、敏感肌には、ノンケミカルの日焼け止めがおすすめです。

でも、やっぱり、もっと安全性の高い日焼け止めが欲しいですよね。
私も敏感肌なので、そんな安全性の高い日焼け止めが欲しいです。

と言う訳で、自分で開発しました。

ノンケミカルの日焼け止めがもつデメリットを、すべて改良した日焼け止めを作りました。

まず、白浮きに関しては、肌色にしました。
日焼け止めを肌色にすることで、白色より目立たず、肌になじみます。

だから、無理に伸ばす必要がありません。
伸ばす必要がないので、紫外線カット効果も衰えません。

次に、はがれやすい特性を補うために、ウォータープルーフ効果を持たせました。
ウォータプルーフ機能を持たせることで、汗や皮脂にも強くなり、常に紫外線カット効果を発揮できます。

最後に、酸化対策として、紫外線散乱剤をコーティングしました。
コーティングすることで酸化を抑制できます。

酸化を抑制することで、肌への刺激を減らします。

このようにすべてのデメリットを解消して、敏感肌でも安心して使えるノンケミカルの日焼け止めを作りました。

もし、あなたが敏感肌で安全に美白を手に入れたいなら、ぜひ、こちらをクリックしてください!