• 表示名称:アスパラギン酸
  • INCIコード:Aspartic Acid
  • 一般名:L-アスパラギン酸

アスパラギン酸は、どのように作られるのか

アスパラガス、砂糖大根、砂糖キビ、牛肉、鶏肉、豚肉、ナシ、桃、ナッツ類のほか、発芽した豆類に多く含まれているたんぱく質。

植物界に広く存在し、アスパラガスの汁から見つけられた必須アミノ酸。

現在、工業的には酸素法により製造されている。

白色の結晶性の粉末でにおいはほとんどない。

アスパラギン酸の性質

非必須アミノ酸であり、体内の老廃物処理、肝機能の促進、疲労回復などの効果があり、栄養ドリンクなどにも配合されている。

保湿効果や様々な皮膚機能の代謝を活性化させる働きがあり、保湿剤、肌荒れ防止剤、皮膚コンディショニング剤、肌コンディショニング剤として使用される。

成長促進や細胞賦活作用がある。

医薬品や化粧品、食品の調味料としても使われている。 水にやや溶けにくい性質。

アスパラギン酸がよく使用される製品

主に皮膚コンディショニング剤、ヘアコンディショニング剤などとして、化粧水、乳液、美容液、リンス、トリートメント、ヘアローションなどに配合。