• 表示名称:アラニン
  • INCIコード:Alanine
  • 一般名:DL-アラニン

アラニンは、どのように作られるのか

最も簡単な構造をとるアミノ酸。

角質に含まれる保湿成分で、水に溶けやすい無色から白色の結晶や結晶性の粉末。

ニオイはなく、甘味がある。

糖質代謝に重要な関連を持ち、脂肪酸の生合成に関与している。

アラニンの性質

肌表面がアルカリ性にならないように働き、角質層を保護する機能を高める働きもする。

保湿効果があるとされ、化粧品には保湿成分として含まれる。

合成酒、果汁飲料、制酸剤として使われている。

薬学的に、血液中のアルデヒド(二日酔いの原因となる)の分解をする働きがある。

食品添加物としても色々な食品の味を調整しつつ、食品のうま味を引き出す効果として使われる。

アラニンがよく使用される製品

主に、皮膚コンディショニング剤、ヘアコンディショニング剤などとして、化粧水や乳液、洗顔料、石けん、ファンデーションなどに配合。