• 表示名称:カロチン
  • INCIコード:Beta-Carotene
  • 一般名:β-カロチン

カロチンは、どのように作られるのか

植物では緑葉、花、果実、根などに、動物には血液、臓器、脂肪、卵黄、乳など動植物界には広く分布している生体色素のカロチノイド。

赤紫色から暗い赤色の結晶性の粉末で、天然色素として使われるビタミンAの誘導体。

わずかに特異なにおいと味がある。

カロチンの性質

紫外線防止効果、皮膚代謝調整効果、整肌効果、柔軟効果、コラーゲン生成を促す効果などがあり、肌の乾燥を防ぎ、加齢から肌を守る働きの化粧品に配合されている。

ビタミン剤、天然色素としても配合されている。

食品にはマーガリン、ラード、バターなどの黄色着色剤として使用されている。

カロチンがよく使用される製品

主に、着色剤、皮膚コンディショニング剤などとして、乳液やクリーム、美容液、美白クリームなどに配合。