赤ちゃんの顔にできる湿疹、正しい乳児湿疹ケアとは

乳児湿疹とは

乳児湿疹とは、乳児期に起きる湿疹の総称です。

生まれて以降~4ヶ月頃までにできる、思春期ニキビや芯のある大人ニキビに似た、赤いブツブツを、『新生児ニキビ』と言います。
新生児ニキビは、額や頬によくできます。

また、カサカサしたかさぶたのようなもの、フケのような固まりを、『乳児脂漏性湿疹』と言います。
乳児脂漏性湿疹は、頭や髪の生え際、まゆげ、耳の裏など皮脂腺の多い場所によくできます。

これらすべてが、乳児湿疹と呼ばれます。

乳児湿疹の原因とは

主な原因は、「母親の女性ホルモンの影響により過剰分泌される皮脂だ」と言われています。
この過剰に分泌された皮脂が、毛穴に詰まったり、肌表面に溜まることで、『乳児湿疹』ができます。
そのため、赤ちゃんには必ずと言っていいほどできるもので、その原因から防ぎようのないものであると言えます。

しかし、他にもいくつか要因はあります。
例えば、母乳をあげている期間の母親の食事内容が、乳児湿疹に繋がる場合もあります。
脂質や糖質の多い食事、油物やジャンクフード、お菓子、スイーツなどを過度に摂り過ぎることで、母乳を通じて赤ちゃんに脂質や糖質が蓄積されます。
この場合は、母親の食事内容を見なおせば、ある程度は改善できます。

次に、赤ちゃんの皮膚の薄さです。
赤ちゃんの皮膚は非常に薄く、外界からの刺激をモロに受けます。
こうした刺激から身を守るために皮脂をたくさん分泌して、皮膚の薄さをカバーしているのではないかと思います。
ただ、本来、薄い皮膚を守る皮脂が乳児湿疹の原因となっているのは皮肉なことですが。

さらに、皮膚が薄いため、水分をたくさん保持することができません。
このため、すぐに乾燥してしまい、皮脂の分泌量が増えることも要因と言えます。

乳児湿疹より怖い、かゆみ

乳児湿疹は、多くの赤ちゃんが通る道です。

ご多分に漏れず、私の3人の子供も皆もれなく、乳児湿疹ができました。
一番下の子は今、生後6ヶ月です。
ほんの少し前まで頬にびっしりとできていた乳児湿疹が、最近やっと落ち着いてきました。

このように、乳児湿疹は時間とともに解決することが多いため、できても過剰に心配する必要はありません。

それよりも怖いのは、これら湿疹ができたときにかゆみが生じることです。
赤ちゃんは、かゆみを伴うと、かきむしります。
大人なら我慢できるのですが、赤ちゃんに我慢ができるわけもなく、血が出るまで、いや、血が出てもかき続けます。

こうなってしまうと、傷口の部分から細菌が侵入して、細菌感染を引き起こす可能性があります。
その結果、化膿したり、『とびひ』になることもあります。
場合によっては、『ブドウ球菌性熱傷様皮膚炎』など、非常に危険な疾患を起こすこともあります。

これらかゆみの症状は、主に、『アトピー性皮膚炎』の場合に多く見られます。
アトピー性皮膚炎と乳児湿疹は、症状が似通っており、判別するためには生後1年ほど経過する必要があります。
ですから、極度にかゆみが生じる場合は、アトピー性皮膚炎を疑ったほうがいいでしょう。

どちらにせよ、かゆみを生じる場合があり、その結果、危険な疾患を引き起こすことがあるので、しっかりとケアをすることが大切です。

赤ちゃんにしてあげたい効果的な乳児湿疹ケア

乳児湿疹の主な原因は、過剰に分泌された皮脂です。
この場合は、皮脂を落とす洗浄が大切です。

乳児湿疹より怖いかゆみの原因は、『乾燥肌』です。
乾燥肌には、保湿が重要となります。

洗浄と保湿。
我々が毎日行うスキンケアと同じですね。
ただ、赤ちゃんの場合は、少し注意が必要となります。

乳児湿疹ケア:石鹸の選び方

赤ちゃんの皮脂を落とす際に、多くの方は、『ベビーソープ』と書かれたものを使うと思います。
ベビーソープとは、その名の通り、赤ちゃん用の石鹸ですね。

赤ちゃんの肌は、非常に敏感なために、通常の洗浄力の高い石鹸では刺激が強すぎます。
そのため赤ちゃん用の石鹸であるベビーソープを使う人が多いのですが、ここで注意が必要となります。

ベビーソープと書いてあるからと言って、洗浄力が赤ちゃん用とは限りません
中には、普通の大人用の石鹸と同じものもあります。
つまり、商品名やパッケージに『赤ちゃん用』と表記されているだけで、実は、普通の石鹸と変わらないものです。

では、どこで見分けるのか?
一番良いのは、自分の肌で使ってみることです。
私は、敏感肌&乾燥肌なので、普通の石鹸を使うと、肌が突っ張って、パシパシになります。
ひどいときは、痛みを感じる時もあります。
一人目の子供の時に、ベビーソープを使ってみたら、すぐにそれが普通の石鹸だと分かりました。
それ以来、ベビーソープを使うことはありません。

もう一つの判別方法は、『製造方法』です。
普通の石鹸は、『機械練り石鹸』と言って、洗浄成分である石鹸成分が98%以上含まれており、非常に洗浄力の強いものです。
これに対して、洗浄力を調整するために溶剤を配合してある石鹸を『枠練石鹸』と言います。

余計見分けにくそうですが、見た目でもある程度判断できます。
機械練り石鹸は、がっつり色がついています。
分かりやすいイメージで言うと、牛乳石鹸のような感じです。
一方、枠練り石鹸は、透明のものが多いです。
ですから、別名、透明石けんとも言います。

ですから、赤ちゃん用の石鹸を選ぶときは、ベビーソープよりも、枠練り石鹸(透明石鹸)を選ぶことをお勧めします

乳児湿疹ケア:保湿

保湿に関しては、もし、あなた自身が使っているものがあれば、それを使ってあげるといいでしょう。
親子は体質が似通っていますので、アレルギー反応も起きにくい可能性があります。

ポイントは、洗浄した後にすぐに保湿することです。
先程も言いましたが、赤ちゃんは皮膚が薄いために、すぐに乾燥します。
そして、その際に肌内部の水分まで一緒に蒸発する過乾燥を引き起こします。
これを防ぐためにも、すぐに保湿してあげる必要があります。

ですから、化粧水や乳液などのように分かれている化粧品より、一つで済むオールインワンの方が良いでしょう。
それに、赤ちゃんはバタバタと暴れるので何度も塗るより、一度で済むほうが楽ちんです。

乳児湿疹ケアは、マイルドな洗浄力の石鹸選びと一度で済む保湿がポイントです。

この2点を守れば、乳児湿疹のデメリットを軽減でき、かゆみが生じる確率も最低限に抑えることができます

私も、自分の子供には、きちんとした洗浄と保湿を行いました。
不幸にも、3人共に私の肌の弱さが遺伝してしまい、一時期はひどい状態でしたが、今では上の2人はプルプル肌になりました。

たまに、気を抜くと肌トラブルが起きてしまいますが、スキンケアを毎日行うことで、今のところそれほど大きな肌トラブルは起きていません。
一番下の子供も、あと1ヶ月もスキンケアを続ければ、キレイな肌になると思います。

ちなみに、私は、自分の肌を基準に作った化粧品を子供にも生後すぐから使用しています。
元々は、私の肌が極端に弱いために、市販の化粧品では合わず、自分で開発したものです。
もし、よければあなたのお子さんにも試してみてください

 

井上龍弥

この記事があなたのお役に立てたならうれしいです。
下記をクリックしてもらえたらもっとうれしいです。
この記事があなたのお役に立てたなら、おなたのお友達にも教えてあげてください。
下記をクリックするだけでOKです。


ページトップへ