毛穴の黒ずみを招く8つの毛穴ケア&解消法!

毛穴が目立つ2つの理由

毛穴が目立つ原因は、次の2つです。

1.肌が柔軟性を無くすこと
2.皮脂が過剰に分泌されること

この2つのどちらにも、肌の乾燥が深く関わっていました。(詳しくは、前回の記事「知らないうちにどんどん毛穴を目立たせている4つの毛穴ケア」をご覧ください)

これを根本的に改善するためには、【皮脂を取りすぎないメイク落とし・洗顔を行い、しっかりと保湿をする】という基本のスキンケアを続けることが大切です。

これを踏まえて、毛穴の『黒ずみ』について考えてみましょう。

毛穴の黒ずみの正体とは?

皮脂は、毛穴の中にある『皮脂腺』から分泌されます。
そのため、毛穴の中には常に皮脂があります。
これは、肌を守るのはもちろんのこと、毛穴の奥に雑菌や汚れが入らないように防ぐ役割も果たしています。

通常、皮脂は、毛穴の外に排出されるので、過剰な皮脂量が毛穴にたまることはありません。
ですから、皮脂が毛穴にあっても、目立つことはありません。

ただ、肌が乾燥して柔軟性を失ったり、皮脂が過剰に分泌されると、皮脂の排出がうまくできなくなります。
そして、長く毛穴にとどまってしまった皮脂は硬くなって、さらに排出されにくくなります。

排出されずに必要以上の量になった皮脂が毛穴に留まることで、毛穴部分が目立ちます。
さらに、この皮脂が酸化したり、汚れと混ざると、黒っぽくなります。
これが、毛穴の『黒ずみ』の正体です。

一言に『毛穴の目立ち』といっても、いろいろな状態がありますが、『黒ずみ』は特に目立ちやすいので、早く改善したい悩みです。
私も、鏡の前で鼻の毛穴とにらめっこし続けた時期がありますので、よーく分かります^^;
今すぐ黒いのをどうにかしたいですよね。
そういうとき、ついついやってしまいがちな毛穴ケアの中には、実は、毛穴の目立ちを悪化させてしまうものもあります。
ちなみに私は、これ↓↓全部やったことあります^^;

 

毛穴の黒ずみを目立たせてしまう4つの毛穴ケア

【1】オイルクレンジングを使う

油は水をはじくので、皮脂(油分)を落とすためにオイル(油分)を用いるのは自然なことです。
オイルクレンジングは、その名の通り、油分がほとんどですので、『落ちにくい』『汗・水に強い』メイク料(油分)も、するりと落とすことが出来ます。
これは、メリットですね。
ただ、デメリットもあります。

肌に必要な油分=つまり『皮脂』まで、落としてしまうということです。
皮脂や黒ずみが気になると、キレイにしたくて、ついつい、皮脂がよく落ちるオイルクレンジングを使いたくなりますが、余分な皮脂は、本来、水やぬるま湯でも落とせるものです。
オイルクレンジングを使うことで、皮脂を落とし過ぎると、肌の乾燥を招き、かえって毛穴を目立たせることがあります。

また、オイルクレンジングには、石油系の界面活性剤が配合されているものが多いです。
このようなオイルクレンジングには、肌にくっつきやすいという性質があります。
洗い残しが起こり、肌の乾燥や、肌トラブルの原因となるため、特に敏感肌・乾燥肌の方には避けることをおすすめします。

【2】スクラブ洗顔を使う

小さなツブツブ(顆粒)が入っているタイプの洗顔料です。
『スクラブ』というのは、英語で『ごしごしこする』という意味だそうです。
これだけで、ちょっと肌がヒリヒリしそうですが^^;

本来、小さなツブツブ(顆粒)を含んだ洗顔料や化粧品は、不要な角質をとりのぞくピーリング効果や、マッサージ効果・洗浄効果を高めることが目的です。
そのために、スクラブ剤と呼ばれる、微粒子の粉末が配合されています。

毛穴ケアの場合だと、毛穴の中にこの顆粒が入って、汚れを落としてくれる・・・ようなイメージがありますが、実際には、その顆粒が毛穴の汚れを掻きだすというのは考えにくいです。

逆に、マッサージの過程で肌に摩擦を与え、傷つけてしまうことが多いのが現実です。
特に、黒ずみが気になるときは、汚れをとろうとして必要以上にマッサージをしてしまいがちです。
例えば、鼻の頭だけ何度も何度も指でクルクルしたり・・・

心当たりありませんか?
このような洗顔をすると、スクラブによる摩擦と、マッサージの力によって、肌を傷つけてしまうことが多いです。
かえって肌が敏感になり、皮膚が乾燥してかたくなってしまいます。

【3】貼ってはがすタイプの毛穴パックを使う

黒ずみ対策の代表的な手入れ方法ですが、これにも、落とし穴があります。
実は、貼ってはがすタイプの毛穴パックは、はがす時に、毛穴の中の汚れと共に、肌を守るために必要な角質まで一緒にはがしてしまうほど強力です。
角質をはがしてしまうと、肌は“新しい角質を作らなきゃ!”と、どんどんターンオーバー(肌の生まれ変わり)を早めます。
ターンオーバーが早くなると、未熟な細胞によって肌が作られてしまうため、水分を保てず、硬い肌になります。

こんな肌になると、より一層黒ずみの目立つ肌になってしまいます。
こういったパックを注意事項をよく読まずに過剰に使い続けたりすると、乾燥肌の人はより乾燥を進ませ、敏感肌の人は更に肌が敏感になってしまいます。
ですので、敏感肌・乾燥肌の方には使用をおすすめしません。

ほかにも、
【4】ピンセットで毛穴の汚れをとる
【5】指で汚れを押しだす
【6】1日に何度も洗顔する
【7】1日に何度も油取り紙を使う
【8】洗顔のときにゴシゴシ洗う

こうしたことも、肌に刺激を与えたり、乾燥を促すお手入れです。
『毛穴を目立たなくする』には、逆効果になりやすいので、避けていただきたいです。
では、一体どうすれば、毛穴の黒ずみを解消できるのでしょうか。

 

黒ずみを解消するたったひとつの方法

もうお気づきかもしれませんが、『黒ずみ』の根本な問題は、最初にお話した『毛穴が目立つ2つの理由』です。
ですから、当然、お手入れ方法も同じです。
つまり、【皮脂を取りすぎないメイク落とし・洗顔を行い、しっかりと保湿をする】という『基本のスキンケア』です。

これは、肌の機能そのものを改善していくお手入れ方法なので、効果を実感できるまでには、時間がかかります。

でも、このお手入れを続けることで、そもそも、『柔軟性のある肌』をつくり、『過剰な皮脂分泌』を抑えることができます。
そうすれば、毛穴に皮脂や汚れはたまりませんし、それが酸化して黒く目立つこともありません。

オイルクレンジングや毛穴パック等を使えば、一時的に黒ずみが気にならなくなることはあるかもしれません。
でも、肌が硬くなっていたり、皮脂が過剰に分泌しやすいという肌状態に変わりません。
ですから、時間がたてば、また黒ずみが気になってしまいます。
『基本のスキンケア』を行って、『黒ずみ』が起こりにくい肌を作っていきましょう!

 

まとめ:どんな肌トラブルにも『基本のスキンケア』

毛穴の黒ずみが気になるときは、

・皮脂がテカる
・肌がごわごわする
・化粧のりが悪い
・ニキビができやすい
・顔色がくすむ

などの肌トラブルも同時に気になることが多いです。

『基本のスキンケア』を続けることの一番のメリットは、『毛穴の黒ずみ』以外の肌の悩みも、同時に改善していける点です。

世の中には、「毛穴の黒ずみにはこのパック」、「肌のゴワツキにはこの美容液」、「化粧のりが悪いならこの下地」というように、悩みごとに様々な化粧品やスキンケアがあります。
化粧品メーカーの視点からお話すると、このように、肌トラブルを細かく分類して、それに対応する化粧品を増やしたほうが、化粧品がたくさん売れて儲かります。

でも、肌トラブルの多くは、肌本来の機能がうまく働いていないために起こります。
そして、その原因の多くには、肌の乾燥が深く関わっています。

ですから、私たちは、化粧品で行うスキンケアとは、しっかりと保湿をして、肌本来の機能を生かすことであり、そうすることで、ほとんどの肌トラブルは改善できると考えています。
あまりに基本的すぎて物足りないと感じられることもあるかもしれませんが、続けていただくほど、『基本のスキンケア』の大切さを実感していただけるはずです。
黒ずみの目立たないキメの整った肌を目指して、お手入れ頑張っていきましょうね♪

毛穴の黒ずみをどうにかしたいなら、今すぐこちらをクリック!

この記事があなたのお役に立てたなら、とてもうれしく思います。
もし、あなたのお友達が肌トラブルで悩んでいるなら、この記事を教えてあげてください。
下記をクリックすると簡単に紹介できます。


ページトップへ