乾燥肌対策に、『パックをする』という方法があります。

シートパック、ヨーグルトパック、クレイパック、乳液パック、酵素パック・・・・さまざまなタイプや名称のパックがありますが、中でも流行したのが、『ローションパック』です。

ローションパックとは?

今使っている化粧水(ローション)をコットンにしみこませ、顔にのせるだけ。高いパックをわざわざ買わなくていいし、簡単なので、すぐに始められます。

乾燥肌ならしっとりタイプ、オイリー肌ならしっとりタイプ、シミが気になるなら美白化粧水を・・・ など、肌タイプに合わせて化粧水を変えられるところも、人気がるようです。

そして何よりこのローションパック、気持ちがいい上、保湿された肌を手軽に体感できるので、多くの方が一度はやったことがあるのではないでしょうか。でも、よく考えてみてください。

ローションパックの落とし穴

化粧水をたっぷり使うと乾燥肌は本当に潤うのか?』でお話したとおり、化粧水は時間の経過とともに蒸発します。コットンに含ませた化粧水も蒸発します。

『パック』ですから、長く顔にのせておく方が多いことでしょう。長くのせておくほど、じっくりと肌が潤っていくように感じられると思います。中には、コットンが乾燥してカチカチになるギリギリまで、のせている方もいらっしゃるようです。

しかし、そんな方法だと、化粧水の水分はもちろん、肌(角質層)内の水分もどんどん蒸発していきます。(肌の水分が蒸発する時に、肌の中の水分も一緒に奪っていくからです。これを『過乾燥』といいます)

そんなローションパックをして、乾燥肌改善になるのでしょうか? もちろん、なるはずがありません

まとめ

肌に水分をたっぷりと与えること自体は悪いことではありません。問題は、蒸発していくことです。ですから、保湿をするためにパックをするのなら、パックの水分が空気中に蒸発をしにくい『ナイロン』『ビニール』などの素材でフタをするタイプのパックをお勧めします。

また、ローションを使ったパックだけでは、保湿は完了していません。ローションパックで肌に水分を与えた後は、乳液や美容液・クリームなど、保湿成分や油分できちんと保湿をして終わりましょう。

さらに、パック以上に大切なことは、日々のスキンケアでどれだけしっかりと保湿をするかです。ただ、それも、『正しい方法』で保湿をしなければ肌をうるおすことはできません。

もし、あなたが今、肌トラブルでお悩みなら、保湿に特化したスキンケアで『正しい保湿』を行ってください。『正しい保湿』のスキンケアは、今すぐこちらをクリック!