• 表示名称:トウガラシエキス
  • INCIコード:Capsicum Frutescens Extract
  • 一般名:トウガラシチンキ

トウガラシエキスは、どのように作られるのか

ナス科植物のトウガラシの果実をアルコールで抽出して得られるチンキ剤(エキス)。

黄赤色の透明な液体。

辛味成分のカプサイシンを主体に、β-カロチン、ルテインを含んだ成分になっている。

果皮の色素はカプサイシン。

トウガラシエキスの性質

血管拡張・血行促進作用をはじめ、鎮痛作用、抗炎症作用、健胃作用、コレステロール低下作用など多くの作用をもっている。

皮膚刺激性が強いので、ほかのチキン剤と併用した場合には、配合量が合計1%以下に規制されている。

食用ではタバスコや七味唐辛子などの香辛料に使われている。

トウガラシエキスがよく使用される製品

主に、チンキ剤、皮膚刺激剤、毛根刺激剤、止痒剤などとして、ヘアトニック、ヘアローション、育毛剤、トリートメント、頭髪用化粧品などに配合。