• 表示名称:トウキエキス
  • INCIコード:Japanese Angelica(Angerica Acutiloba)Extract
  • 一般名:トウキエキス(1)

トウキエキスは、どのように作られるのか

トウキエキスとは、日本原産のセリ科の多年草「トウキ(当帰)」又はその他近縁植物の根から抽出されるエキス。

淡褐色~淡黒褐色の液体~ペースト状で、わずかに特異なにおいがある。

トウキの根を湯通しして乾燥したものを当帰といい、古来から著名な漢方生薬として、浄血、鎮静、強壮に用いられ、特に婦人病の諸症状に使われてきた。

成分は貧血に効果のあるビタミンB12などを含んでいる。

トウキエキスに含まれるフタリド誘導体のリグスチリドは美白成分として知られる。

トウキエキスの性質

抗炎症作用、鎮痛作用がある。

血行促進、消炎、保湿効果のほかに、メラニンの生成を抑える美白効果があるといわれている。

乾燥からの肌荒れ防止や健康な肌を取り戻す化粧品などに配合されている。

生薬として婦人用医薬品としても使われている。

育毛効果、抗炎症作用、抗アレルギー作用があり、各種化粧品や育毛剤、入浴剤などに配合される。

トウキエキスがよく使用される製品

主に、クリーム・乳液・各種化粧品・育毛剤・入浴剤に配合。