• 表示名称:アミノ酪酸
  • INCIコード:Aminobutyric Acid
  • 一般名:γ-アミノ酪酸

アミノ酪酸は、どのように作られるのか

ジャガイモの根茎、リンゴの果肉、マメ科植物の根粒、茶の葉、ほ乳動物の脳髄など動植物界に広く存在する成分。

L-グルタミン酸を合成して得ることができる。

針状の結晶で、水に溶けやすく、アルコールには溶けない。

アミノ酪酸の性質

皮膚細胞の増殖力、回復力、水分保持力を高める。

γ-アミノ酪酸は、ミトコンドリアのエネルギー生産の働きをさかんにする成分でもある。

皮膚の血液循環の促進、肌の細胞を活性化させることを目的とした製品に配合されている。

医療分野ではてんかんや高血圧の治療薬としても使用されている。

加齢によるたるみやくすみを防ぐ目的として美容液などに配合されている。

アミノ酪酸がよく使用される製品

主に、保湿剤などとして、乳液やクリーム、美容液、パックなどに配合。