コールドクリームとは

メイク落とし(クレンジング)に用いられる化粧品は、以前にはコールドクリームと呼ばれるクリームタイプが主流でした。

ミネラルオイル(鉱物油)、ワセリン、オリーブオイル、ホホバ油などの油に、水や乳化剤、保湿剤等を加えて作るもので、油分が多いこってりとしたクリームです。

この油分でメイク料を浮き上がらせ、その後、ティッシュなどでふきとってメイクを落とします。

油分が多いため洗い残しが起こりやすくなること、拭きとる際に肌に摩擦が起こり、肌を傷め、シミやシワなどを招く危険性もあります。

このコールドクリームの流れをくむメイク落とし方法として、シートタイプや化粧水タイプの拭き取りメイク落とし方法があります。

ただ、このタイプのメイク落とし方法も、肌に起こる摩擦の問題をクリアするのは難しいです。