最近、目がかゆくなったり、シパシパと乾燥することが多くあるあなた。くしゃみがよく出たり、のどがイガイガして咳き込むことが多くなったあなた。

症状が似ているので「花粉症かな?」と思っているかもしれませんが、実はそれ、『黄砂』が原因かもしれません。

黄砂とは?

『黄砂』とは、ゴビ砂漠・タクラマカン砂漠などの東アジアの砂漠から巻き上げられた砂塵が偏西風に乗って日本や中国・韓国などに飛ばされてくる現象。春、砂が乾燥し風が強まっている3月から5月にかけて、最も多くなります。

『黄砂』が飛んでいると、日中、景色がかすんでいるように見えたり、雨の後、泥水をかけられたように車が汚れてしまいます。外に干した洗濯物も汚れたりして、嫌ですよね。

そんな『黄砂』は、車や洗濯物だけでなく、人体にも次のようなさまざまな悪影響をもたらします。

黄砂が体や肌に与える影響

『黄砂』が体に与える影響

『黄砂』に含まれるのは、砂だけではありません。中国大陸を風に乗って通り過ぎる間に、たくさんのほこりや汚れも巻き上げていきます。その中には、汚染された空気や、人体に悪影響を及ぼす化学物質が含まれていることもあります。

この汚れた空気や化学物質が、人体に付着したり、体内に入り込むことで、アレルギーが発症したり、呼吸器系の障害を引き起こすことがあります。

『黄砂』が肌に与える影響

さらに、汚れた『黄砂』は肌を痛めつけます。肌は、扇風機やエアコンの風が当たるだけでも、水分を奪われ乾燥するものです。まして、『黄砂』を含んだ風であれば、乾燥する上に、空気に含まれた刺激物にさらされることになります。こうなると、肌は非常に敏感になり、荒れやすくなってしまいます。

  • 黄砂が口から入り、のどがイガイガしてセキが出る
  • 黄砂が鼻から入り、くしゃみが出る
  • 黄砂が目から入り、かゆみや充血を起こす
  • 肌に付着し、肌を乾燥させ、肌トラブルを招く

 
どうですか?

最近このような症状に悩まされていませんか?

このように、「花粉症だ」と思っていた症状が、実は『黄砂』によるものだった、ということが多いのです。

最近は、『黄砂』が観測される日がだんだん増えているそうです。気をつけていないと見過ごしてしまいがちな問題ですが、放っておくと体や肌に悪影響を及ぼしますので、春の風が強い日には、次のことを行って『黄砂』から身を守りましょう。

最低限行っておきたい5つの対策

  1. できるだけ外出を控える
  2. マスク&メガネを着用する
  3. 外出先から帰ったらすぐにうがい&メイク落とし・洗顔&目を洗う
  4. 乾燥した肌をしっかり保湿する
  5. 肌が非常に敏感になっているので摩擦を避け、やさしくお手入れをする

春になり暖かくなってくると、気持ちが少しずつ緩んでいきます。新生活がスタートし、忙しくなることもあるでしょう。肌のお手入れについつい手を抜きがちになりますが、肌トラブルが起こってから後悔しても遅いですよね。

『黄砂』による肌トラブルが起こりやすいこの時季も、先ほど挙げた5つのケアを行って、キレイ肌を守りましょう。

「きちんと対策をとっているのに肌トラブルが起こる!」と言う場合は、保湿方法を見直すことをおすすめします。もしかすると、正しい保湿ができていないのかもしれません。正しい保湿方法は、今すぐこちらをクリック!