ノンケミカルとは

ノンケミカルとは、化学物質が含まれていないものを指します。

ケミカルとは、化学物質を含むものを指します。
その反対語なので、化学物質を含まないものということになります。

化粧品業界で使われるノンケミカル

化粧品業界では、日焼け止めにノンケミカルという言葉が使われます。
紫外線散乱剤が配合された日焼け止めを『ノンケミカルの日焼け止めと言います。

これは、日焼け止めに含まれるUV防御成分である紫外線散乱剤が、紫外線吸収剤に比べて肌にやさしい特性を持っていることが理由です。

この場合、ノンケミカルは、「肌への刺激が少ない」という意味で使われます。
本来の意味とはかけ離れているのですが、敏感肌にとっては分かりやすい表現として使われています。

ただ、紫外線散乱剤が配合された日焼け止めをノンケミカルと言えることを利用して、消費者の誤解を誘う場合があります。
紫外線散乱剤と紫外線吸収剤を混合した日焼け止めのことを、ノンケミカルと表現している商品があるのです。

ノンケミカルと表現することに、決まった規定やルールがないので、このようなことが起きてしまいます。
敏感肌にノンケミカルの日焼け止めを使う場合は、紫外線吸収剤が配合されていないか、注意が必要です。

ノンケミカル化粧品

あまりポピュラーではありませんが、合成界面活性剤、合成香料、合成着色料、パラベンなどを配合していない場合、ノンケミカル化粧品と表現する場合があります。

これは、完全に誤解を誘った表現です。
特に、合成界面活性剤、合成香料、合成着色料、パラベンが肌に刺激を与える成分ではありません。

だから、使用者にとって、日焼け止めのような指標にもなりません。

また、このようなノンケミカル化粧品には、合成成分が含まれています。
そのため、本来のノンケミカルの意味とも違います。

このようなノンケミカル化粧品を販売する際、合成界面活性剤、合成香料、合成着色料、パラベンをあたかも刺激があるように偽って宣伝します。
そして、これらの成分を配合していない化粧品が安全だと錯覚させます。

その錯覚を強固にするために、安全なイメージのある『ノンケミカル』という言葉を使用しています。
非常に、悪質な行為だといえます。