献立

 

管理栄養士キャサリンからのスキンケアアドバイス

本日は、ビタミンEを豊富に含んだ【脂性肌対策】レシピです

脂性肌は、皮脂が過剰に分泌されている状態です。

皮脂は、肌の表面を覆っているので、空気中の酸素によって酸化されてしまいます。

すると、くすみやニキビの原因にもつながります(´Д`)

調理で使用する油を思い出してみると分かりやすいと思います(^^)

油は、時間が経つと色が変化してきますよね。
これは、空気中の酸素によって酸化されたためです。

このように、皮脂も活性酸素や空気中の酸素によって酸化されると、肌がくすんで見えたり、酸化した皮脂が刺激となってニキビが現れたりするのです(>n<;)

ビタミンEには、皮脂の酸化を抑制する働きがあります。
そのため、本日のレシピでビタミンEをたっぷり摂取して、くすみやニキビの原因にもなる皮脂の酸化を予防していきましょう☆彡

本日使用した食材では、カボチャにビタミンEが多く含まれていますよ(’ω’)ノ

 

本日の献立で摂取できる栄養素

摂取エネルギー 543 kcal( 29 %)
タンパク質 27 g( 38 %) ビタミンB1 0.2 mg( 22 %)
脂質 7.7 g( 17 %) ビタミンB2 0.3 mg( 23 %)
炭水化物 86.9 g( 29 %) ビタミンB6 0.7 mg( 71 %)
カリウム 905 mg( 50 %) ビタミンB12 0.5 mg( 27 %)
亜鉛 3.4 mg( 48 %) ビタミンC 21 mg( 26 %)
2.3 mg( 31 %) 食物繊維 6.9 g( 38 %)
ビタミンA 210 μg( 47 %) 食塩相当量 2.4 g( 27 %)
ビタミンE 2.7 mg( 34 %)
(%)は、 30~60歳の一般成人女性の一日の各栄養素推奨量を目安に算出しています。

 

 

 

 

 

 

 

キャサリンのつれづれ日記

本日の副菜はかき揚げだったので、サクサクのかき揚げレシピのポイントをまとめてご紹介しますね(^^)

以下のことに注意するだけで、サクサクに作れますよ☆彡

<サクサクかき揚げのポイントまとめ>
●てんぷら粉と水を混ぜる回数は少なめに
小麦粉を混ぜると、粘度のあるグルテンを形成します。
グルテンは水分を吸収するので、揚げたときに水分が蒸発しないため、ボテッとした仕上がりになります。

●てんぷら粉に片栗粉を加える
小麦粉の量を減らし、グルテンの形成量を減らします。

●てんぷら粉に少量のベーキングパウダーを使用
加熱時に炭酸ガスを発生し、余分な水分も一緒に蒸発させるため、カラッと揚がります。
また、冷めてもベタベタとせず、サクサクの状態を維持しやすくなります。

●衣は薄付きに!
衣の量を少なくすることで油の吸収を抑え、軽い仕上がりになります。

●揚げる前にクッキングシートで形を整える
最初から形を整えて揚げることで、野菜がバラバラになることを防止します。

●一度に揚げるのは少量で
油の温度を高いまま維持することで、サクサクの食感に仕上がります。

 

「ごちそうさまでした!」 本日のレシピの感想

古市真弓スキンケアアドバイザー
古市真弓

かき揚げにキャベツを入れるって、珍しいですよね。キャベツの新しい食べ方が発見できてよかったです。油で揚げると栄養素が摂取しやすくなったりするのでしょうか。

高橋弘子スキンケアアドバイザー
高橋弘子

かき揚げは、冷えていてもサクサクでおいしかったです!キャベツの甘みも感じられ、おいしかったです。 お味噌汁には切り干し大根が入っており、いつもより良いお出汁が出ているように感じました。

平山加那スキンケアアドバイザー
平山加那

念願の春キャベツのかき揚げ。今年も食べることができて嬉しかったです!来年は、春キャベツとソラマメのかき揚げなんていかがでしょうか^^

濱谷彩子スキンケアアドバイザー
濱谷彩子

食堂であんなにサクサクぱりぱりのかき揚げが食べられるなんて!驚きです。時間が経ってもあの食感を残すのは、あげ方に工夫があるからなんでしょうか。

喜屋武奈紗管理栄養士
喜屋武奈紗

本日のキャベツのかき揚げは平山さんのリクエストレシピでした。キャベツを揚げて色が変化すると、あっという間に黒くなるので注意してください。
古市さん、脂溶性のビタミン(A、D、E)は油と一緒に摂取すると吸収されやすくなりますよ(^^)
高橋さん、濱谷さん、揚げ物がサクサクになるように片栗粉とベーキングパウダーを少量加えています。また、最初から塩を少量加えているので、そのまま食べることができますよ!冷めてもサクサクと言っていただけて良かったです♪
平山さん、リクエストありがとうございました。ソラマメもキレイな色が出そうですね!桜海老を入れて春らしく仕上げるのもいいかもしれません(*´ー`)

主菜は、低脂質のササミを利用しました。副菜で揚げ物を組み合わせるときは、他のところで脂質の分量をコントロールしてください。エビやイカも低脂質で高いたんぱく質なので、揚げ物を食べたいときの組み合わせの参考にしてくださいね!

 


ページトップへ