トラブルのないキレイな肌を作るために

あなたも、毎日、基礎化粧品を使ったスキンケアを頑張っていらっしゃると思います。

正しいスキンケアを続けることは、肌トラブルの改善には欠かせない、大切なことです。

そして、今のお手入れに、もうひとつプラスすることで、トラブルの改善を早め、より美しい肌を手に入れることができます。

それが、食事による『体の中からのスキンケア』です。

十分な栄養をバランス良くとり、体の機能を高めることで、美しい健康な肌を作ることができます。

このサイトでは、そのために必要な『肌に良い食事』のレシピを毎日お届けします。

ぜひ今日から、あなたのスキンケアにお役立てください。

肌にいい食事5つの決めごと

一膳で栄養をバランス良く

栄養バランスの良い食事』とは、カンタンに言うと『三大栄養素(たんぱく質、脂質、炭水化物) +ビタミン・ミネラル+水分』のそろった食事です。
『肌にいい食事』は、『主食+主菜+副菜+汁物』をそろえることで、これらの栄養をバランス良く摂ることができます。

一食、550kcal以下でついでにダイエットも

実は、ダイエットのために過度な食事制限を行ったり、誤ったカロリー計算をした結果、 「体重は減ったけれど、肌がボロボロになってしまった」という女性が増えています。 ダイエットの目的はキレイになること。そのためにお肌や 健康を犠牲にしては意味がありません。ですから、 『肌にいい食事』は、ダイエット中でも安心して食べられる1食550kcal以下にすることを決めました。 これで、肌のキレイも体のキレイも一度に手に入れられます。

調理時間は、45分以内、最短

『肌にいい食事』は、毎日続けて摂るほど、キレイな肌を作るための体の機能を高めます。毎日続けられるように、 調理方法はカンタンに、時間も45分以内でササっと作れるようにしました。

スーパーで買える食材で

キレイな肌を作るために、高価な食材や珍しい食材は必要ありません。
『肌にいい食事』のメニューは、全て、近所のスーパーで簡単に手に入る食材で気負わず手軽に作れます。 一食あたりの食費も抑えることができます。

旬の野菜を取り入れて栄養価アップ!

どんな食材も年中手に入るようになりましたが、食物にはそれぞれ旬があり、その時期に獲れるものは栄養価が高いと言われています。
ですから『肌にいい食事』にも、できるだけ旬の食材を用い、よりしっかりと効果的に肌にいい栄養を摂れるようにしました。

はじめまして。
基礎化粧品会社アースケアの食堂で、スキンケアアドバイザーたちのご飯づくりを担当している 喜屋武奈紗(きゃん なりさ)と申します。

栄養素には、さまざまな働きがあります。
たとえば、ビタミンCだったら美白や抗酸化作用、免疫力アップ効果、食物繊維は、 消化器官の働きを増進、血糖値の上昇防止の効果等です。

しかし、こうした栄養素の働きを適切に得るためには、 さらに、これらの働きを『手助けするための栄養素』が必要です。
「バランスよく食べましょう」といわれる所以がここにあります。

おいしいもの、好きなものだけを基準に食事を選ぶと難しいですが、上手に食事のメニューを調節すれば、 各栄養素の働きを生かし、効率よく栄養を摂ることができます。
とはいっても、
「栄養素単体の効果はなんとなく分かるけど、どの食材に含まれているのかとか、 どうやって調理をしたらいいかとか、分からない」
「料理を組み合わせた時の、カロリー計算ができない!」
というのが普通だと思います。

調理師

『肌にいい食事』でご提供するレシピは、5つの決めごとを守り、カロリーや栄養バランスが予め計算してあります。 作り方も簡単なものばかりなので、気軽に挑戦していただけるはずです。
ぜひあなたの毎日の食卓に取り入れ、健康で美しい肌づくりにお役立てください。

【管理栄養士 喜屋武奈紗】