献立

 

管理栄養士キャサリンからのスキンケアアドバイス

本日は、鉄分を豊富に含んだ【肌荒れ対策】レシピです♪

鉄分は、血中に存在している『ヘモグロビン』の材料となる栄養素です。

ヘモグロビンには、酸素を細胞に届ける働きがあります。

酸素が細胞に届けられると、肌の新陳代謝が促され、水分をたっぷり保てる肌へと変わっていきます。

水分を多く含んでいる肌は、バリア機能が高いため、肌荒れの予防につながります。


また、ヘモグロビンは、赤色の物質ですので、血中のヘモグロビンが増えると、肌は赤みが増します。
これは、くすみの対策にもなります。

肌荒れやくすみ対策のために、本日のレシピでヘモグロビンの材料となる鉄分をたっぷり摂取してくださいね。

本日使用した食材では、イワシとミズナに鉄分が多く含まれていますよ(・∀・)

 

本日の献立で摂取できる栄養素

摂取エネルギー 515 kcal( 28 %)
タンパク質 24.6 g( 35 %) ビタミンB1 0.2 mg( 17 %)
脂質 13.6 g( 30 %) ビタミンB2 0.5 mg( 42 %)
炭水化物 71.7 g( 24 %) ビタミンB6 0.7 mg( 67 %)
カリウム 1000 mg( 56 %) ビタミンB12 8.0 mg( 400 %)
亜鉛 2.5 mg( 36 %) ビタミンC 31 mg( 39 %)
3.0 mg( 40 %) 食物繊維 7.5 g( 42 %)
ビタミンA 273 μg( 61 %) 食塩相当量 3.3 g( 48 %)
ビタミンE 2.8 mg( 35 %)
(%)は、 30~60歳の一般成人女性の一日の各栄養素推奨量を目安に算出しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ごちそうさまでした!」 本日のレシピの感想

平山加那スキンケアアドバイザー
平山加那

骨まで食べられる、と言われても気になってなかなか食べられないことがあるのですが、今日の魚は骨ごと食べることができました。シソが良い香りでした。

濱谷彩子スキンケアアドバイザー
濱谷彩子

最近、梅味のものをたべていなかったので、梅焼きを一口食べて、「あー、これ、食べたかったー」と思いました。添えられたお野菜もしっかりと味があり、美味しかったです。

瀧本悠夏スキンケアアドバイザー
瀧本悠夏

梅シソ味とっても美味しかったです。骨まで柔らかく火が通っていたので、まるまる美味しくいただきました。

喜屋武奈紗管理栄養士
喜屋武奈紗

本日の主菜は、イワシを使用したレシピでした。小ぶりなイワシは骨まで食べることができるので、カルシウムをたっぷり補えます。イワシは、少しクセがあるのですが、梅シソで焼くことでさっぱりといただけますよ。

濱谷さん、気温が低くなると、さっぱりとした梅味のものを使用しなくなるのですが、たまには食べたくなりますね。またレシピに組んでいきますのでお楽しみに♪


副菜は、旬のサツマイモを使用しました。サツマイモはじっくり火を通すことで、甘みが増します。そのため、時間があるときは、弱火でコトコト煮込んでみてくださいね(^^)

 

 


ページトップへ