献立

こんな肌トラブルに特におすすめ

  • 乾燥肌

他にもこんなお悩みにおすすめ

  • 乾燥肌
  • ニキビ
  • シミ
  • しわ
  • たるみ

 

管理栄養士キャサリンからのスキンケアアドバイス

本日のレシピは、旬の『ミズナ』を使いました♪

ミズナは、栄養素が豊富な野菜です。

ミズナは色が薄いので、淡色野菜かと思われがちですが、
実は、緑黄色野菜なのです(´・ω・)ノ

そもそも、緑黄色野菜とは、
単に色の濃い野菜をさすだけではありません。

緑黄色野菜は、
βカロテンの量によって決められています。

ミズナはβカロテンが豊富なので、色が薄いのですが、
緑黄色野菜の仲間なのです。

緑黄色野菜に多く含まれるβカロテンは、
活性酸素の働きを邪魔するので、肌細胞が傷つくことを抑えます。

また、ミズナには、
その他にも鉄分とビタミンCが多く含まれています。

これらの栄養素は、
コラーゲンを生成するときに必要となります。

ミズナを食べることによって、
コラーゲンに必要な栄養素を一気に摂取できるのです(*^^*)

ですので、本日のレシピで、
肌にうれしい栄養素を多く含んだミズナをお楽しみくださいね☆彡

 

本日の献立で摂取できる栄養素

摂取エネルギー 477 kcal( 25 %)
タンパク質 24.3 g( 34 %) ビタミンB1 0.23 mg( 23 %)
脂質 10 g( 22 %) ビタミンB2 0.47 mg( 43 %)
炭水化物 69 g( 23 %) ビタミンB6 0.58 mg( 58 %)
カリウム 1127 mg( 63 %) ビタミンB12 4.7 mg( 236 %)
亜鉛 2.4 mg( 34 %) ビタミンC 27 mg( 34 %)
3.2 mg( 43 %) 食物繊維 6 g( 33 %)
ビタミンA 186 μg( 41 %) 食塩相当量 3 g( 33 %)
ビタミンE 1.1 mg( 14 %)
(%)は、 30~60歳の一般成人女性の一日の各栄養素推奨量を目安に算出しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キャサリンのつれづれ日記

本日は、ビタミンB2をたくさん含んだ【肌のバリア機能アップ】レシピです♪

ビタミンB2には、脂質をエネルギーに変えて、
免疫力の活性化を行う働きがあります。

体の免疫力が低下すると、肌のバリア機能も低下してしまうので、
肌は、外からの刺激に弱くなってしまいます。

さらに、ビタミンB2には、
『過酸化脂質』を除去する働きがあります。

肌細胞の間には、細胞間脂質と呼ばれるものがあります。

細胞間脂質は、活性酸素によって酸化されると『過酸化脂質』となり、
ターンオーバー(肌の生まれ変わり)は、乱れてしまいます。

その結果、古い肌細胞が多くなり、
肌のバリア機能は低下してしまうのです。

それゆえ、肌のバリア機能をアップさせるためには、
過酸化脂質の除去が必要となります。

ですので、本日のレシピでビタミンB2をたっぷり摂取していきましょうね☆彡

本日使用した食品では、
ミズナ、サワラ、シメジにビタミンB2が多く含まれていますよ(◎・ω・)

 

「ごちそうさまでした!」 本日のレシピの感想

下田梨絵スキンケアアドバイザー
下田梨絵

主菜の柚子胡椒の香りがさわやかで食欲をかきたてられました。淡白なお魚(サワラ)の味とふわっと香る柚子胡椒のバランスもちょうど良かったです。
あと、ヒジキご飯が嬉しかったです!玄米だからかな、しっとりしているのに、ベタベタしない食感も楽しめました。

古市真弓スキンケアアドバイザー
古市真弓

ご飯に味がついていると、美味しくて、ついつい食べ過ぎてしまいます。でも、「ヒジキがたっぷり入っていて、普段不足しがちな食物繊維がたっぷり摂れるから良し」と都合の良いように考えています^^;メインの魚とご飯があっていて、大満足でした!

高橋弘子スキンケアアドバイザー
高橋弘子

主菜は、お魚も、下に敷かれていたお野菜も、味付けも、全てがよく合っており、すごく好きな1品でした。最近、喜屋武さんのご飯ではよくゆず胡椒が出てくるので、柚子胡椒がなかなか上手に使えない私には、とてもありがたいです。参考にさせていただきます。

平山加那スキンケアアドバイザー
平山加那

炊き込みご飯大好きです!今日は、主菜の量を減らしてあると聞き、いつもよりも多めにご飯をよそいました^^大満足です。主菜は柚子胡椒のピリっとした辛味とさっぱりとした風味が、炊き込みご飯にピッタリの組み合わせでした。

濱谷彩子スキンケアアドバイザー
濱谷彩子

ヒジキご飯、しっかりと味がついていましたね。これまで食べたことのあるヒジキご飯とはちょっとイメージが変わりました。混ぜご飯⇒かやくご飯のような印象。それだけでも、たくさん食べれてしまいそうです。またお魚の酸味と共にいただく味が、味付けご飯の味に負けず、おいしかったです。

喜屋武奈紗管理栄養士
喜屋武奈紗

本日は、久しぶりの炊き込みご飯でした。玄米で作る炊き込みご飯は、炊き込みご飯は、ご飯に味がついているので、パクパク食べられてしまいますよね(^^;)しかし、炊き込みご飯には、お米だけではなく、ヒジキやシメジも入っているので、いつもより多く食べても大丈夫です♪(もちろん、てんこ盛りは控えてください。)
また、玄米で作る炊き込みご飯は、先に水を吸水させてからご飯をたくことで、お米に水が吸収されます。なので、玄米で炊き込みご飯をするのであれば、吸水をお忘れなく(^^)
もう少ししたら、豆ご飯もしたいと思っているので、楽しみにお待ちください。

主菜の柚子胡椒のソースは、初めての提供だったので、どのような反応が返ってくるのかと少しドキドキしました。
しかし、サッパリとした味を気に入っていただけたようで安心しました。少量でさわやかな味になるので、これからも使用の幅を増やしていきますね。

 


ページトップへ