献立

こんな肌トラブルに特におすすめ

  • 乾燥肌
  • ニキビ
  • シミ
  • 敏感肌

他にもこんなお悩みにおすすめ

  • 乾燥肌
  • ニキビ
  • シミ
  • しわ
  • たるみ

 

管理栄養士キャサリンからのスキンケアアドバイス

本日は、ビタミンEをたくさん含んだ【肌荒れ対策】レシピです♪

ビタミンEには、血管を広げ、血行をよくする働きがあります。

肌細胞に必要な栄養素や酸素は、
血液にのって運ばれていきます。

肌細胞に、栄養素や酸素が届けられなければ、
ターンオーバー(肌の生まれ変わり)のサイクルが遅くなり、
肌は荒れてしまいます(´Д`;

そのため、肌荒れ対策には、
ビタミンEの摂取が大切なのです。

また、ビタミンEには、
活性酸素から肌細胞を守る働きがあります。

活性酸素による肌細胞の酸化は、
シミの原因となります。

ですので、ビタミンEを体に補って、
肌荒れ対策をしていきましょう☆彡

本日使用した食材で、ビタミンEが多く含まれているのは、
ブロッコリー、牛肉、パプリカ、カブの葉ですよ( ^ω^)b

 

本日の献立で摂取できる栄養素

摂取エネルギー 475 kcal( 25 %)
タンパク質 19.8 g( 28 %) ビタミンB1 0.23 mg( 23 %)
脂質 15.3 g( 33 %) ビタミンB2 0.4 mg( 36 %)
炭水化物 62.8 g( 21 %) ビタミンB6 0.48 mg( 48 %)
カリウム 723 mg( 40 %) ビタミンB12 1.3 mg( 64 %)
亜鉛 5.6 mg( 80 %) ビタミンC 83 mg( 103 %)
2.1 mg( 28 %) 食物繊維 4.5 g( 25 %)
ビタミンA 227 μg( 50 %) 食塩相当量 2.2 g( 25 %)
ビタミンE 2.6 mg( 33 %)
(%)は、 30~60歳の一般成人女性の一日の各栄養素推奨量を目安に算出しています。

 

 

 

 

 

 

 

キャサリンのつれづれ日記

本日は、汁物で旬の『カブの葉』を使用しました♪

ですので、本日は、『カブの葉』についてお話をしていきますね(^^)

■カブの葉に多く含まれている栄養素

・鉄分
栄養素や酸素を運ぶ『ヘモグロビン』の材料となる。
また、コラーゲンを作る時に必要な栄養素。

・βカロチン
抗酸化作用があり、
肌細胞が活性酸素に酸化されることを予防する。

・ビタミンE
血管を広げる働きがあり、
末端の細胞まで栄養素を届ける働きをサポートする。
また、抗酸化作用もある。

・ビタミンC
コラーゲンを作るときに必要な栄養素。
また、抗酸化作用もある。
さらに、シミの原因となるメラニンの合成を抑制する。

これらのように、カブの葉には、たくさんの栄養素が含まれています。

本日は、カブの葉を汁物で使用しましたが、
カブの葉はクセがないので、お浸しにも最適ですよ☆彡

 

「ごちそうさまでした!」 本日のレシピの感想

下田梨絵スキンケアアドバイザー
下田梨絵

全部おいしかった!主菜の牛肉がまろやかだったのはバターのせいでしょうか。とってもおいしくてもっと食べたかった^^コンソメスープが甘くて体に染み渡りました。案の定、底のほうにコーンが沈んでいました。ごちそうさまでした!

古市真弓スキンケアアドバイザー
古市真弓

主菜の牛肉の炒め物は、とても香ばしい味がしましたが、あれはニンニクですか??味付けが濃いけれどもしつこくない、ちょうどいい塩梅で、美味しくいただくことができました。

高橋弘子スキンケアアドバイザー
高橋弘子

今日のスープに入っていた葉は、カブの葉だったんですね。何の葉かな?と思いながら食べていましたが、コーンとの相性も良くて、とてもおいしかったです。
主菜は、香ばしい、良い匂いがして、食欲をそそられました!お肉だけでなく、野菜もごろごろと入っていて、食べ応えがありました。

平山加那スキンケアアドバイザー
平山加那

主菜のブロッコリーがやわらかくて、味が染みていておいしかったです。これは、後入れで、食感を楽しむのではなく、お出汁をしっかりと味わえるよう一緒に煮られたのでしょうか。副菜のピクルスはいつもより少し薄味なのかな?と感じました。つくり方がいつもと違うのでしょうか。

濱谷彩子スキンケアアドバイザー
濱谷彩子

スープに野菜の味がしっかりと出ていました。見た目はお澄ましのようにも思えるのに、野菜の甘みが豊かで、見た目とのギャップに驚きました。また、お肉の味付け、なんだろう??と考えながら食べましたが、わかりませんでした。ただの野菜炒めとは全く違う味ですね。ブロッコリーと牛肉の組み合わせもぴったりでした!

喜屋武奈紗管理栄養士
喜屋武奈紗

主菜の味付けは、ガーリックバターと醤油でした。香ばしい香りは、ニンニクと醤油だと思います。
あと、バターの香りづけをするために、最後に少し加えて炒めているので、まろやかだけれど、しつこさが少ない味付けになっています。
あと、ニンジンとブロッコリーについては、少し大きく切って炒めているので、レンジでいつもより長めに温めてから炒めています。炒め物は火を通す時間を短縮するために、薄く切った野菜を主に使用しますが、たまには、本日のようなゴロゴロとした食感の野菜炒めも作ってみてください(^^)

汁物は、コーンを入れることで、ぐっと甘味がまします。また、もうひとつの具材であるカブの葉は、栄養価の高い食べ物ですので、使い道で困ったら、汁物の具材として利用してみてもいいですね。

副菜の味に関して、漬けこみの調味料はいつもと同じなのですが、水分の多い野菜を使用していたので、野菜の水分が出て、いつもより味が薄く感じたのだと思います。すみません!!塩もみによる水分だしが足りていませんでした(> <)次回はもう少し漬けこみの調味料を増やすか、水分をしっかりだすようにします!!

 


ページトップへ