献立

こんな肌トラブルに特におすすめ

  • 乾燥肌

他にもこんなお悩みにおすすめ

  • 乾燥肌
  • ニキビ
  • シミ
  • しわ
  • たるみ

 

管理栄養士キャサリンからのスキンケアアドバイス

本日は、食物繊維を多く含んだ【便秘対策】レシピです♪

便秘の原因には、
腸内の排泄物の量が少ないことがあげられます。

腸内で排泄物が増えないと、
スムーズな排泄を促せないからです。

ですので、便秘対策をおこなうためには、
食物繊維をしっかり摂ることが大切です。

食物繊維は、人の消化液で消化されないので、
体外へ排出されていくからです。

なので、本日のレシピで食物繊維をしっかり摂ってくださいね(^^)

また、水分には、腸に刺激を与えて、
腸の運動を促す働きがあります。

そのため、水分もしっかり摂取していきましょう☆彡

本日使用した食材で、食物繊維が多く含まれているのは、
キャベツ、ニンジン、キクラゲ、ニラですよ(●・ω・)ノ

 

本日の献立で摂取できる栄養素

摂取エネルギー 503 kcal( 26 %)
タンパク質 23.6 g( 33 %) ビタミンB1 0.77 mg( 77 %)
脂質 12.1 g( 26 %) ビタミンB2 0.31 mg( 28 %)
炭水化物 73 g( 24 %) ビタミンB6 0.46 mg( 46 %)
カリウム 797 mg( 44 %) ビタミンB12 0.3 mg( 15 %)
亜鉛 3 mg( 43 %) ビタミンC 24 mg( 29 %)
3.2 mg( 43 %) 食物繊維 6.1 g( 34 %)
ビタミンA 201 μg( 45 %) 食塩相当量 3.1 g( 35 %)
ビタミンE 1 mg( 12 %)
(%)は、 30~60歳の一般成人女性の一日の各栄養素推奨量を目安に算出しています。

 

 

 

 

 

 

 

キャサリンのつれづれ日記

本日は、社内に置いている植物についてのお話です(^^)

以前、バターナッツの芽が出てこないというお話をしました。
(そのときのお話はコチラ)

しかーーーしっ!!

やっとバターナッツの芽もニョキッと出てきましたヾ(´∀`●)

思っていたよりも葉が肉厚でびっくりしました(・o・)
↓↓(バターナッツの芽)

(バターナッツの芽)

また、室内が暖かくなってきたので、
食堂においている胡蝶蘭(こちょうらん)のつぼみがふくらんできました♪
↓↓(胡蝶蘭の様子)

(胡蝶蘭の様子)

今年もキレイな花が見られそうなので、楽しみです☆彡

 

「ごちそうさまでした!」 本日のレシピの感想

下田梨絵スキンケアアドバイザー
下田梨絵

チヂミだー!と思ったら大きな餃子でした。しかも「シェア餃子」ってネーミング、ワイワイ言いながら大勢で食卓を囲みたくなりますね。「とろみ炒め」は間違いなく「とろみ」でした。いつもの炒め物だと思って食べたら、とろとろした食感でおもしろかったです。ご馳走様でした!

古市真弓スキンケアアドバイザー
古市真弓

副菜の餃子は、副菜とは思えないほど、ボリューム満点でした!!でも、食べ応えがあってよかったです。大人数のときはあの方法がいいですね!

高橋弘子スキンケアアドバイザー
高橋弘子

副菜の『シェア餃子』、新しかったです!餃子は、1つ1つ包む作業が面倒で、時間のあるときでなければ「作ろう!」と思えないのが正直なところです・・・。でも、今日のように大きな餃子をまとめて作ってしまえば、もっとお手軽になりますね♪
主菜は、ショウガが効いていました。だんだん暖かくなってきましたが、気を抜いて薄着をすると、まだまだ寒さを感じることもあります。体を冷やさないためには、この季節にもショウガを使ったメニューが大活躍ですね。

平山加那スキンケアアドバイザー
平山加那

『シェア餃子』。みんなで食べてもいいし、一人で食べるのにも活用できる、なんとも素敵な方法ですね。作るのも簡単だし、保存もしやすそうです。あと、小さく包む餃子とは違い、大きめの食材を入れることもできるので、いろんなネタを入れて楽しめそうなレシピだなーと思いました^^

濱谷彩子スキンケアアドバイザー
濱谷彩子

餃子のボリュームがものすごくありました。普通の餃子は小さな皮で具を包みきらないとだめなので、具がこぶりになりがちですが、これだと、大きな具も入れれますね。インパクトが強くって、パーティーにもぴったりだと思いました。

喜屋武奈紗管理栄養士
喜屋武奈紗

シェア餃子、楽しんでいただけたようで良かったです(^^)献立のネーミングに悩んだのですが、一人ではなく、みんなで分けて食べるので、『シェア餃子』にしました。餃子は、みんなで包むことも楽しいのですが、今回のように一気に焼いたものはお肉のボリュームを感じられてよいですね。大きめの具材でも楽しめますね。
また、一人暮らしだと餃子の皮がどうしても余ってしまうと思います。そんなときは、使う分量をラップでくるみ、小分けにして密閉袋に入れておくと、冷凍保存できます。そして、使いたい日の前日に冷蔵庫で解凍すればokです!!常温で解凍すると、餃子の皮がベトっとして使えなくなるので、必ず冷蔵庫で解凍してくださいね♪

主菜は、とろみとショウガで体をポカポカ温めるレシピでした(^^)高橋さんのコメントにもあるように、春の温かさに油断すると、気付かぬうちに体は冷えてしまいます。体にとって冷えは大敵ですので、しっかり体を温めるようにしてくださいね。

 


ページトップへ