献立

こんな肌トラブルに特におすすめ

  • 乾燥肌

他にもこんなお悩みにおすすめ

  • 乾燥肌
  • ニキビ
  • シミ
  • しわ
  • たるみ

 

管理栄養士キャサリンからのスキンケアアドバイス

本日は、ビタミンCをたくさん含んだ【便秘対策】レシピです♪

腸は運動をしながら、腸内の老廃物を体外へ排出していきます。

そのため、腸の運動がにぶくなると、
便秘を引き起こしてしまうのです(>Д<)

腸の運動がにぶくなる原因として、
ストレスによる自律神経の乱れがあげられますが、
それだけではなく、腸内細菌も腸の運動に関わっているのです。

腸内細菌は、善玉菌、悪玉菌、日和菌に分けられており、
その中でも、善玉菌が腸の運動に関わっています。

しかし、体内で悪玉菌が多くなると、善玉菌の働きが弱くなるので、
善玉菌が多くなるように、腸内細菌のバランスを整えなければなりません。

本日のレシピに多く含まれているビタミンCは、
善玉菌のエサとなる栄養素です。

便秘対策のためにビタミンCを摂取して、
腸内の善玉菌を増やしていきましょう☆彡

本日使用した食材では、
プチトマトにビタミンCが多く含まれていますよ( ^ω^)ノ

 

本日の献立で摂取できる栄養素

摂取エネルギー 519.2 kcal( 27 %)
タンパク質 24.1 g( 34 %) ビタミンB1 0.42 mg( 42 %)
脂質 90.1 g( 196 %) ビタミンB2 0.3 mg( 27 %)
炭水化物 65.4 g( 22 %) ビタミンB6 0.49 mg( 49 %)
カリウム 816 mg( 45 %) ビタミンB12 0.7 mg( 36 %)
亜鉛 4 mg( 58 %) ビタミンC 27 mg( 34 %)
2.8 mg( 37 %) 食物繊維 4.4 g( 24 %)
ビタミンA 229 μg( 51 %) 食塩相当量 3.4 g( 38 %)
ビタミンE 1.5 mg( 19 %)
(%)は、 30~60歳の一般成人女性の一日の各栄養素推奨量を目安に算出しています。

 

 

 

 

 

 

 

キャサリンのつれづれ日記

本日の主菜には、旬の『ニラ』を使用しました♪

本日は、ニラに含まれている『硫化アリル』についてお話をします。

『硫化アリル』とは、
タマネギなどのユリ科に含まれている成分です。

タマネギを切ると、目が痛くなりますが、
この原因は、揮発性の『硫化アリル』が
目の粘膜を刺激するからなのです(⊃Д;)

次に、『硫化アリル』の働きについてです。

『硫化アリル』は、ビタミンB1の吸収をサポートします(`・ω・)

ビタミンB1は、糖質をエネルギーに変える働きをサポートしていますので、
疲労回復の効果が期待できます。

この時期は、朝晩と日中の気温差が大きいので、
疲れを残さないためにも、『硫化アリル』を多く含んだニラを食べて、
ビタミンB1の吸収を促していきましょうね☆彡

 

「ごちそうさまでした!」 本日のレシピの感想

古市真弓スキンケアアドバイザー
古市真弓

ナンプラードレッシングは、慣れてくると病み付きになりますね。ニオイはさておき、コクのある味が美味しかってです。そして、野菜の味が染み出したコンソメスープは、温かくやさしい味に、ほっとしました。気温が不安定なこの時期は、気温は高くても風は冷たかったりすることが多いので、野菜のコンソメスープはピッタリだと思いました。

高橋弘子スキンケアアドバイザー
高橋弘子

今日の麻婆豆腐は、辛いものが苦手な私でも、非常に食べやすかったです!
あと、喜屋武さんのお味噌汁では、よく豆腐を包丁で切らずに使われているのを見かけますが、麻婆豆腐で同じことをして、味がしみこみやすくなるなど、何か効果はありますか?

平山加那スキンケアアドバイザー
平山加那

今日の麻婆は甘めでした。私は辛味が得意ではないので、嬉しい味でした。辛いの好きな人は辛味を後入れすれば、家族みんなで楽しめますね。食堂に入ったときに感じたナンプラーのにおい。副菜を直接かいでも、さほどにおいは気になりませんでした。麻痺していたのかな?それとも、直前まで冷蔵庫に入れてくださっていたから、においが抑えられていたのでしょうか。

濱谷彩子スキンケアアドバイザー
濱谷彩子

中華な主菜と、タイ風なサラダ。どちらもパンチのある味ですが、印象ががらりと異なりました。また、どちらもパンチのある味の組み合わせだと、食べにくいように思いますが、野菜の甘みたっぷりのスープが、ちょうどその二つの味の緩和剤になっていましたね。組み合わせって大切だなーと思いました。

喜屋武奈紗管理栄養士
喜屋武奈紗

主菜の麻婆豆腐は、甘味のあるコチュジャンを使用しているので、辛さは控えめです。そのため、辛いものが好きな方は、豆板醤を使用して辛さを調節していただけるとよいと思います。今回の豆腐は、包丁で切っていますが、高橋さんのコメントにもあるように、スプーンですくっていれると、表面がガタガタしているので、表面積が大きくなり、味がしみこみやすくなります。今回は、見た目を重視したので、四角く切っていますが、時間を短縮したい場合は、スプーンですくって入れてもokです。

副菜で使用したナンプラーは、独特な味をしているので、一度はまると癖になりますね(^^)ナンプラーは、好き嫌いがはっきり分かれる調味料かもしれません(^^;)
平山さん、においの件はひょっとすると、主菜のにおいとナンプラーのにおいが混じっていたのかもしれませんね。主菜を炒め終わったあとだったので、食堂に複雑なにおいが立ち込めていたと思います。

汁物は、一番最初に取りかかって、他の作業をしている間にじっくり煮ています。そうすることで、薄味でも野菜の甘味がたっぷり含まれるので、おいしいスープにすることができます。ほっと温まるスープをおうちでも作ってください♪

 


ページトップへ