献立

こんな肌トラブルに特におすすめ

  • 乾燥肌
  • しわ

他にもこんなお悩みにおすすめ

  • 乾燥肌
  • ニキビ
  • シミ
  • しわ
  • たるみ

 

管理栄養士キャサリンからのスキンケアアドバイス

本日は、ビタミンAを豊富に含んだ【しわ対策】レシピです♪

しわには、肌の乾燥によって現れるものがあります。

なぜ、肌が乾燥すると、しわになるのかと言いますと、肌は、乾燥するとやわらかさを失い、硬くなるからです(´n`)

肌が硬くなることによって、角質層(肌の一番上の層)に折れ線が入りやすくなり、しわの原因となるのです。

そのため、しわの対策には、ターンオーバー(肌の生まれ変わり)を促進して、肌のやわらかさをキープすることが大切です。

本日のレシピに多く含まれているビタミンAは、肌細胞に働きかけ、ターンオーバーを促しますので、身体にたっぷり補ってくださいね☆彡

本日使用した食材では、ニンジン、コマツナ、鶏肉にビタミンAが多く含まれていますよヾ(・ω・●)

 

本日の献立で摂取できる栄養素

摂取エネルギー 513 kcal( 27 %)
タンパク質 21.1 g( 30 %) ビタミンB1 0.2 mg( 20 %)
脂質 14.1 g( 31 %) ビタミンB2 0.22 mg( 20 %)
炭水化物 73 g( 24 %) ビタミンB6 0.52 mg( 52 %)
カリウム 899 mg( 50 %) ビタミンB12 0.3 mg( 14 %)
亜鉛 1.9 mg( 28 %) ビタミンC 43 mg( 53 %)
1.7 mg( 22 %) 食物繊維 5.6 g( 31 %)
ビタミンA 262 μg( 58 %) 食塩相当量 2.8 g( 32 %)
ビタミンE 1.7 mg( 21 %)
(%)は、 30~60歳の一般成人女性の一日の各栄養素推奨量を目安に算出しています。

 

 

 

 

 

 

 

キャサリンのつれづれ日記

本日のレシピでは、副菜で旬の『リンゴ』を使用しました。

そのため、本日は、リンゴについてのお話をしていきます(^^)

リンゴには、リンゴ酸、クエン酸が含まれています。

これらは、疲労物質の乳酸の排出を促し、疲労回復のサポートをしています。

私が小さい頃、風邪をひいたり、熱が出てると、母がリンゴをすりおろしたものを必ず出してくれました。

酸味のあるリンゴがさっぱりしていて食べやすいので、私は、それをよく食べていたのですが、このような効果があったことを知ったときに驚いたことを覚えています。

あと、リンゴには、食物繊維の一つである『ペクチン』が含まれています。

しかし、ペクチンはリンゴの皮の部分に多く含まれているので、リンゴを食べるときは、皮ごと食べることがオススメですよ☆彡

 

「ごちそうさまでした!」 本日のレシピの感想

下田梨絵スキンケアアドバイザー
下田梨絵

ゴロゴロしたゴボウの味がしみ込んだスープ、根菜好きには嬉しい味でした。主菜のチリ煮は、柔らかいお肉とシャキシャキした葉物の食感の違いが楽しめました。

古市真弓スキンケアアドバイザー
古市真弓

今日は涼しかったのですが、チリ煮を食べだしたら汗が吹き出てきました。カプサイシンは、本当に体温を上昇させるのですね!!ゴボウのコンソメスープは、角切りにされていたので、ゴボウの食感も味も楽しむことができました。食材のカット方法でも、料理を楽しむことができるんだなと、感じました。

高橋弘子スキンケアアドバイザー
高橋弘子

チリ煮は、一口目、ピリッと辛くて、少し驚きました。しかし、癖になる辛さで、ご飯が進みました。味付けはピリ辛でしたが、野菜が大きめにきられていたので、野菜の味を感じながら食べられたのが良かったのかもしれません。辛いのが苦手でも、おいしくいただけました。

平山加那スキンケアアドバイザー
平山加那

チリ煮はほどよい辛さで、辛味が得意ではない私でもおいしくいただけました。暑い日に汗をかきながら辛いレシピをいただくのもよいですが、寒くなるこれからの時期に、体をじんわりあたためるためにこのレシピをいただくのもよいですね。今日のように辛さのあるレシピのときに、甘いヨーグルトが添えてあるのは嬉しいです!

濱谷彩子スキンケアアドバイザー
濱谷彩子

チリ煮で体温が上がりました。今日は朝から少し肌寒さを感じるくらいに、気温が下がった気がします。蒸しっとした暑さもありますが、気温が下がることで、なんだか体温も下がったように思います。そこに、ぽかぽか温まるようなレシピ、うれしかったです。そろそろお鍋とかも食べたいメニューになりました。

喜屋武奈紗管理栄養士
喜屋武奈紗

主菜のチリ煮は、トウバンジャンを使用して辛味をつけました。以前は、鷹の目を使用していたのですが、トウバンジャンの方が使用量をはかりやすく、辛味の調節がしやすいのでオススメです。これから、気温がどんどん下がってくるので、体をポカポカにするチリ煮を楽しんでくださいね。
高橋さん、野菜の味を感じられる辛さで安心しました。野菜の大きさとともに、トマトの酸味も辛さをマイルドにしていたので、食べやすかったのだと思います。
平山さん、ヨーグルトが救世主になっていてよかったです。カレーと同様に、辛いものとヨーグルトの相性はばっちりですね♪

汁物は、ゴボウの味をしっかり感じていただけてよかったです♪角切りにすることで噛んだときにゴボウの香りが広がり、味を感じやすかったのだと思います。古市さんのコメントにもあるように、材料の切り方は、見た目だけではなくて、味にも影響します。料理って奥深いですね(^^)

 


ページトップへ