献立

こんな肌トラブルに特におすすめ

  • 乾燥肌

他にもこんなお悩みにおすすめ

  • 乾燥肌
  • ニキビ
  • シミ
  • しわ
  • たるみ

 

管理栄養士キャサリンからのスキンケアアドバイス

本日は、ビタミンB1を豊富に含んだ【女性ホルモン力アップ】レシピです♪

女性ホルモンは、以下のように分泌されます。

・視床下部(脳の一部)から指令が出る

・脳下垂体(脳の一部)が卵巣に指令を出す

・卵巣が指令を受ける

・女性ホルモンが分泌される

このように、脳からの指令で女性ホルモンは分泌されています。

そのため、脳の働きがスムーズであれば、女性ホルモンは正常に分泌されるのですが、ストレスや睡眠不足などによって自律神経の働きが乱れると、脳の働きも乱れてしまい、女性ホルモンが正常に分泌できなくなるおそれがあるのです(゜д゜!!

本日のレシピに多く含まれているビタミンB1は、自律神経の働きをサポートしている栄養素です。

女性ホルモンの分泌を正常に保つために、ビタミンB1を摂取して自律神経の働きを整えていきましょう☆彡

本日使用した食材では、豚肉とエノキにビタミンB1が多く含まれていますよ(’ω’*)

 

本日の献立で摂取できる栄養素

摂取エネルギー 511 kcal( 27 %)
タンパク質 26.3 g( 37 %) ビタミンB1 0.8 mg( 80 %)
脂質 12.5 g( 27 %) ビタミンB2 0.42 mg( 38 %)
炭水化物 71.6 g( 24 %) ビタミンB6 0.5 mg( 50 %)
カリウム 933 mg( 52 %) ビタミンB12 0.9 mg( 46 %)
亜鉛 3.2 mg( 46 %) ビタミンC 31 mg( 38 %)
3.4 mg( 46 %) 食物繊維 5.7 g( 32 %)
ビタミンA 254 μg( 57 %) 食塩相当量 3.4 g( 38 %)
ビタミンE 2.1 mg( 27 %)
(%)は、 30~60歳の一般成人女性の一日の各栄養素推奨量を目安に算出しています。

 

 

 

 

 

 

 

キャサリンのつれづれ日記

本日は、副菜で使用したヒジキについてお話をしますね(^^)

ヒジキは、私たちに不足しがちな栄養素を多く含んでいます。

特に多く含まれている栄養素は、以下の3つです。

1.鉄分
・コラーゲンを作るときに働く
・酸素を届けるヘモグロビンの材料となる
・血行を良くする

2.食物繊維
・腸の運動を促し、便秘の解消を促す

3.カルシウム
・骨の材料となり、骨粗しょう症を予防する

ヒジキの栄養価の話が出たときに、『鉄分が鶏レバーの6倍』とか『カルシウムが牛乳の12倍』という言葉を目にしますが、ひとつ注意していただきたい点があります。

それは、乾燥しているヒジキと他の食べ物を比較しているということです。

ヒジキは、水で戻すとだいたい7倍くらいになります。
そのため、実際に食べるときの栄養価は、上記のような倍数にはならないのです。

数字のマジックにひっかからないようにしたいものですね(`・д・)」

しかし、ヒジキの栄養価が高いことは事実ですので、本日の副菜で栄養をたっぷり補ってくださいね☆彡

 

「ごちそうさまでした!」 本日のレシピの感想

下田梨絵スキンケアアドバイザー
下田梨絵

エノキと卵のスープやさしい味でした。ひじきの煮物しっかり味がついていてご飯とよく合いました。ひじきの混ぜご飯もたべたくなりました。

古市真弓スキンケアアドバイザー
古市真弓

野菜炒めというメニューだったので、想像していたよりも豚肉が多く入っていてびっくりしました!たまねぎやその他の食材がとてもしゃきしゃきしていて、自分で野菜炒めを作ると、野菜がぺシャッとしてしまうので、作り方を知りたいと思いました!

高橋弘子スキンケアアドバイザー
高橋弘子

喜屋武さんの作る卵のスープは、いつもふわふわでおいしいので、見ただけでテンションが上がります。今日も、ふわふわで美味しかったです!ホッとするようなスープでした。
副菜のヒジキの煮物も、程よく甘味があって、大好きな味でした。

平山加那スキンケアアドバイザー
平山加那

自分ではどうしてもつくることが出来ないふわふわ卵汁。ふわふわであればあるほど、美味しい気がします!色味もキレイですよね。ネギソースのほどよい酸味にごはんが進みました。ひじきはちょっと甘めの味付けがおいしかったです。

濱谷彩子スキンケアアドバイザー
濱谷彩子

スープにウキウキ!しました。ふんわりやわらかなカキタマは、食べる前から「おいしそー」と、気持ちが盛り上がります。(卵大好きです)メインのさっぱりとした味付けにも、ふんわりやわらかなスープの味が合っていました。

喜屋武奈紗管理栄養士
喜屋武奈紗

汁物の卵をふわっとさせるポイントは、レシピの手順にも書かれていますので、ぜひ参考にしてください。一気に強火で煮ることもポイントです♪卵を細く入れるのが難しい場合は、口が付いている計量カップを使用して入れると、入れやすいと思います。お家でもテンションが上がるフワフワ卵をお楽しみください。
平山さん、今度、フワフワ卵の特訓会を開きましょう(^^)
古市さん、野菜は炒める時間が長くなると、野菜から水分が多く出てしまいます。そのため、タマネギやニンジンなど野菜は、最初にレンジで温めるようにしています。こうすることで、火にかける時間が短くなるので、シャキシャキとした食感の野菜を楽しむことができますよ♪

副菜のヒジキは、主菜がさっぱりしていたので、甘めの味にしています。
下田さん、またヒジキの混ぜご飯をレシピに入れておきますね♪

主菜の野菜炒めは、香味ソースを後がけして味をつけています。豚肉に香味ソースをかけると、全体的にさっぱりとした味にまとまりますね。

 


ページトップへ