献立

こんな肌トラブルに特におすすめ

  • 乾燥肌
  • ニキビ
  • シミ
  • しわ
  • 脂性肌
  • 敏感肌

他にもこんなお悩みにおすすめ

  • 乾燥肌
  • ニキビ
  • シミ
  • しわ
  • たるみ

 

管理栄養士キャサリンからのスキンケアアドバイス

本日は、亜鉛をたっぷり含んだ【肌荒れ対策】レシピです♪

肌は、古い細胞から新しい細胞へと生まれ変わることを繰り返しています。

この生まれ変わりのサイクルが乱れると、肌は、乾燥やニキビなどのトラブルを起こしやすくなります。

なぜなら、古い肌細胞は、水分を保持する力が弱いので、肌のバリア機能が低くなるからです。

そのため、肌荒れ対策を行なうには、肌細胞の生まれ変わりのサイクルを適正にし、肌のバリア機能を高めることが大切です(・ω・`)

本日のレシピにたくさん含まれている亜鉛には、細胞の分裂を促す働きがあります。
細胞分裂が活発になると、新しい肌細胞が生まれるので、肌は適正なサイクルで生まれ変わりを行なえます。

ですので、亜鉛をたくさん摂取して、肌の生まれ変わりのサイクルを適正にし、バリア機能を高めて肌荒れ対策を行なっていきましょう☆彡

本日使用した食材では、サバに亜鉛が多く含まれていますよ(●・∀・)

 

本日の献立で摂取できる栄養素

摂取エネルギー 499 kcal( 26 %)
タンパク質 24.8 g( 35 %) ビタミンB1 0.26 mg( 26 %)
脂質 14 g( 30 %) ビタミンB2 0.35 mg( 32 %)
炭水化物 65.3 g( 22 %) ビタミンB6 0.62 mg( 62 %)
カリウム 983 mg( 55 %) ビタミンB12 8.6 mg( 432 %)
亜鉛 2.3 mg( 34 %) ビタミンC 26 mg( 33 %)
2.6 mg( 35 %) 食物繊維 4.7 g( 26 %)
ビタミンA 250 μg( 56 %) 食塩相当量 3.3 g( 37 %)
ビタミンE 1.8 mg( 23 %)
(%)は、 30~60歳の一般成人女性の一日の各栄養素推奨量を目安に算出しています。

 

 

 

 

 

 

 

キャサリンのつれづれ日記

本日は、主菜で旬のニラを使用しましたので、ニラに多く含まれている栄養素とその働きについて説明をします(^^)

■ビタミンA
・肌細胞の生まれ変わりを促す
・免疫力をアップさせる
⇒細菌やウイルスなどから肌や身体を守る。

■ビタミンE
・抗酸化作用
⇒シミやシワの原因となる『活性酸素』の働きを抑制。
・毛細血管を拡げ、血行を促進する
⇒栄養素や酸素を細胞の隅々まで届ける。

■葉酸
・たんぱく質の分解と合成に関与
⇒肌細胞はたんぱく質から作られているので、元気な肌を作るために必要な働き。

■食物繊維
・腸内環境を整える
⇒肌に必要な栄養素を吸収しやすくする。

このように、ニラは栄養豊富な野菜です。
ぜひ、おいしい旬のニラを本日のレシピでお楽しみくださいね☆彡

 

 

「ごちそうさまでした!」 本日のレシピの感想

下田梨絵スキンケアアドバイザー
下田梨絵

ホイル焼き、サバに脂が乗っていておいしかったです。こってりめの味付けで、今日もご飯がすすみました。

古市真弓スキンケアアドバイザー
古市真弓

サバの身は、一度フライパンか何かで焼いてから、再度ホイルに包んだんでしょうか?パリッとしながらも、味がしみこんでいて、とても美味しかったです。是非作り方を知りたいです!

高橋弘子スキンケアアドバイザー
高橋弘子

今日の副菜は、新しい味でした。ポン酢をゴマ油やコチュジャンと合わせていたのですね。ニラとゴマ油の組み合わせだと、一気に中華風味が出ると思いました。
主菜は、サバの身がふっくらとしていて、とてもおいしかったです。ホイル焼きで、魚をふっくらと焼くコツを、ぜひ教えてください!

平山加那スキンケアアドバイザー
平山加那

魚の身がふわふわでした。焼き魚の引き締まった身も好きですが、ホイル焼きのしっとりした身の感じも好きです。濃いめの味付けだったので、ごはんが進みました。

喜屋武奈紗管理栄養士
喜屋武奈紗

主菜は、旬のサバを使用しました。本日は、中華風のタレをかけてからホイル焼きにしています。ホイルで蒸し焼きにすることで、ふっくらした身に仕上がりますよ。
古市さん、サバは生の状態でホイルに包んで焼きました。新鮮だったので、身がしっかりしていたのかもしれませんね(^^)旬の魚を使用して本日の味付けでホイル焼きを作ってみてください。

副菜は、切干大根を水で戻すのではなく、ポン酢を水で薄めたもので戻しています。そのため、切干大根にしっかり味がついているので、切干大根を噛むとポン酢の酸味がジュワッと感じるようになっています。
高橋さん、中国の野菜や調味料を使うと、中華風になりますね。普段使っている食材も鶏ガラの素やゴマ油を使用すると、中華風に早変わりするので、いろいろな食材を中華風に変えてみてくださいね(^^)

 


ページトップへ