献立

こんな肌トラブルに特におすすめ

  • 乾燥肌
  • ニキビ
  • 敏感肌

他にもこんなお悩みにおすすめ

  • 乾燥肌
  • ニキビ
  • シミ
  • しわ
  • たるみ

 

管理栄養士キャサリンからのスキンケアアドバイス

本日は、ビタミンB2をたっぷり含んだ【肌荒れ対策】レシピです♪

ビタミンB2は、【抗酸化作用】がある酵素の働きをサポートしています。

抗酸化作用とは、活性酸素の働きを邪魔することです。

活性酸素には、細胞を酸化させる働きがあります。

肌細胞が酸化されると、ターンオーバー(肌の生まれ変わり)のサイクルが乱れやすくなり、肌には古い細胞が多くなります( ;´Д`)

肌に古い細胞が多くなると、水分を保持する働きが弱くなるので、乾燥やニキビなどの肌荒れが起こりやすくなってしまうのです。

そのため、ビタミンB2を摂取し、活性酸素の働きを邪魔して、肌荒れ対策を行っていきましょう☆彡

本日使用した食材では、シイタケと牛肉にビタミンB2が多く含まれていますよ( ^ω^ )

本日の献立で摂取できる栄養素

摂取エネルギー 490 kcal( 26 %)
タンパク質 21.2 g( 30 %) ビタミンB1 0.23 mg( 23 %)
脂質 14.4 g( 31 %) ビタミンB2 0.35 mg( 32 %)
炭水化物 67.7 g( 23 %) ビタミンB6 0.5 mg( 50 %)
カリウム 990 mg( 55 %) ビタミンB12 1.7 mg( 86 %)
亜鉛 5.6 mg( 80 %) ビタミンC 57 mg( 71 %)
2.9 mg( 39 %) 食物繊維 6 g( 33 %)
ビタミンA 226 μg( 50 %) 食塩相当量 3.4 g( 38 %)
ビタミンE 2.3 mg( 29 %)
(%)は、 30~60歳の一般成人女性の一日の各栄養素推奨量を目安に算出しています。

 

 

 

 

 

 

 

キャサリンのつれづれ日記

本日は、旬のハクサイのお話をします。

ハクサイを使用する料理で思い浮かべるものといえば、『鍋』ではないでしょうか??
その中でも、CMから火がついた豚肉とハクサイが交互に重なっている『ミルフィーユ鍋』を思い浮かべる方も多いかもしれませんね(^^)

鍋で大活躍のハクサイには、カリウムとビタミンCが多く含まれています。

カリウムの働きは、余分な水分や塩分を体外へ排出することです。
そのため、むくみや高血圧の改善を促します。

ビタミンCは、体内でコラーゲンを合成するときに必要です。
また、活性酸素の働きを邪魔します。

このように、ハクサイには、身体や肌に必要な栄養素が多く含まれていますので、本日のレシピを参考に鍋以外の料理も作ってみてくださいね☆彡

 

「ごちそうさまでした!」 本日のレシピの感想

下田梨絵スキンケアアドバイザー
下田梨絵

さっぱりしているのにコクがある炒め物でした。にんにくのせいなのでしょうか?副菜は、一見、梅の気配が感じられないので、食べてみて梅味でびっくりしました。おいしかったです。

古市真弓スキンケアアドバイザー
古市真弓

炒め物は、自分で作ると毎回同じ味になってしまうのですが、喜屋武さんの炒め物はレパートリーが豊富ですごいです!今日も、にんにく風味でとてもおいしかったです。

高橋弘子スキンケアアドバイザー
高橋弘子

副菜は、一口食べて、いつもの梅和えと少し違う感じがしました。いつもの梅肉だけになったものではなく、梅干しを使われていたのですね。梅肉だけになったものを教えていただいて、梅和えが作りやすいものになりましたが、ひと手間加えることで、味に違いがでてくることがわかりました。たまには、梅干しを自分で細かくし、梅和えを作ってみようと思いました。

平山加那スキンケアアドバイザー
平山加那

主菜はコクがありました。最初はバター炒めかな?と思ったのですが、食べていくうちに、にんにく炒めだということに気がつきました。

濱谷彩子スキンケアアドバイザー
濱谷彩子

梅和えの梅がしっかりと塩分があって、大人の味でした。お酒のおつまみですね。シャキシャキと食感のある食材と絡んで、特においしかったです。

喜屋武奈紗管理栄養士
喜屋武奈紗

梅和えはいつも梅肉を使用しているのですが、本日の副菜の梅和えは、梅干を細かくしたものを使用しました。毎月野菜を買っている農家の方が漬けた梅干でした。香りがとても良かったので梅干だけで味付けをしています。
おいしい梅干が手に入ったら、調味料を加えずに作ってみてください(^^)
濱谷さんのコメントにもあるように、使用する野菜は、シャキシャキ食感のものがおススメです♪

主菜は、にんにく醤油炒めでした。新鮮な野菜が届いていたので、シンプルな味付けにしました。新鮮な野菜と、ふわっと香るにんにくの風味は相性がバッチリですよ!
下田さん、主菜のコクを出していたのはにんにくです(^^)塩コショウだけでは少し物足りないと思ったときは、にんにくを活用してみてくださいね♪

 


ページトップへ